鶏と格闘-ハンバーグ 「障害児と生きる日常(58953)」

がんばりましたよ。
汗かきました。
次男くん、役に立ちました。

こんなのが









こんなになりました。


夕飯に作ったフライドチキン、おいしかったです。
おいしかったので、揚げるなりどんどん食べていきました。
で、写真撮る時間がなったです。
鶏を下さったお家にもフライドチキンを持っていきました。
「ケンラッキーより美味しい。」と言われて、社交辞令とわかっていてもいい気分でした。
私はお世辞に弱い。

これは昼食




「ハンバーグヘルパー」を使うので、タマネギを切ったり、炒めたりしないので、それなりに作ることができます。
乾燥させてある具(タマネギ、スパイス等)に牛乳を入れて、それと牛肉を混ぜます。

何もかも上手には出来ないし、させようとも思わないです。
ハショルことが出来るものは、省略していいと思います。

なにより私が、無駄な努力はしたくないです。
しなきゃいけないことがイッパイありますからね。
エネルギーはそっちに廻したいです。
スポンサーサイト

貸切の空間 「障害児と生きる日常(58953)」

今朝の公園は、ウォーカー、ジョガーの人数がいつもより少なく思えました。

貸切の空間もありました。






もうすぐ、私たちがいつも前を歩いている劇場で、ミュージカル「ラ・マンチャの男」の公演が始まります。

見に行きたいものはたくさんありますが、手がでません。
映画と違って、舞台のチケットは高い!!!!

でも、ま、いつかね。(^^)

次男は、今日もニコニコしてくれています。
「お母さんといっしょに体操するの、うれし?」と訊くと、

「うん!」 と言ってくれます。

可愛いとこありますね。
親の使い方を心得ていますね。"^_^"

鶏1羽-今日のイベント 「障害児と生きる日常(58953)」

次男は、基本的に出かけるのが好きなようです。
幸いなことに、出勤するのが大好きです。
今日は、カレンダー通りに休日なのですが、私が、毎月作る次男のスケジュール表に29日は休日なのを見落として、「出勤」としてしまったので、出勤を楽しみにして、リュックにお茶のペットボトルを差し込んで、出勤する時刻をワクワクして待っていた次男です。

ごめんよーーー(>_<)
お母さんのミスです。
次男のスケジュール表の今日を赤で塗りなおして、「今日はお休み」と説明しました。










ごめんよ、次男君。
出勤するつもりで、張り切ってウォーキングしていたんだろうな。

「ウーロン茶のティーバックが最後の1袋になったから、後で、お母さんが買って来るね。」と話しかけて、振り返ったら、次男がジャケットを着て、出かけようとしていました。

スーパーマーケットに買いにいくつもりになっていたのです。
ありがたく、行ってもらいました。

自画自賛になるとわかっていて書きます。
次男はいい子です。

職場でもこんな感じなのでしょう。
わかることはサッと動きます。

私には、ありがたいことですし、次男自身にとってもよいことだと思います。
体が自由に動くというラッキーを充分に活かせていると思います。
あまり、言葉はわかっていなくても、状況をよく見て「言葉を聞き取る」かわりにしているのだと思います。

小学生のころ、私と買い物の練習を重ねて、ひとりで行かせて、私が店の前で待っていたら、泣きながら飛び出してきました。
商品の陳列の仕方が変わっていたのでした。
アジャ!
次男は、そんな子でした。

高校を卒業して、就職してから自宅の近くのスーパーマーケットにも自らすすんで行くようになりました。
職場に育てていただいてます。
ありがたいです。



これは、今日のイベント。
なんでだか、鶏1羽をプレゼントしていただきました。





う!うれしいけど。。。どうしよう。。。。

立派な大容量のオーブンがあったら丸焼きですね。

が、立派のオーブンを置くスペースがある生活をしていません。(>_<)

解体してフライドチキンですな。
次男とふたりで頑張ります。

アウトプットが難しい 「障害児と生きる日常(58953)」

次男に、「昨日の作業所は寒かったでしょう。。」と訊くと、

「寒かった。」
とお返事。


「じゃ、昨日は、ジュースを買わなかったでしょう?」
と重ねて訊くと、

「買った!ポカリスウェット」
ですって。

昨日は、あんなに寒かったのにね。(^^)

今朝も元気な次男です。





次男は、今朝は、幼いころに見ていたNHK 教育TV-小学1年生の算数の番組の中のセリフを暗唱しています。
ハハハ。。。まだ、覚えていましたか。"^_^"

アメはいくつですか?

十の束が1つ、一が7個 で17!



百まで数えた!!



♪答えはいくつ?いくつかな?
♪「あわせていくつ」は足し算♪



というようなことをずっと、楽しそうに言っています。
映像も覚えているのでしょうか。

次男の頭の中のPCは、情報を、適切なときに、適切な量だけアウトプットすることが出来ないです。
インプットは、出来ているのかもしれません。

上手く使いこなすことが、ナカナカ難しいPCです。
(>_<)



今日は寒い 「障害児と生きる日常(58953)」

昨日も今日も寒い。

今日は、スッキリ晴れているけれど、私が勤務している社屋の中は、寒い。

今日は、次男は、作業所に行った。

次男は、ほとんど話さないので、単純に、「作業所、好き?嫌い?」と、時々訊いてやることににしている。
次男は、必ず、「好き!」と答える。

子は親のご機嫌を窺うので、言葉がそのまま本心なのか。。。と思われるだろうが、次男は、実にうれしそうにそう言うので、本心なのだと思う。
この人は、自分にできることがある状況がうれしい人なのだと思う。

今朝もキャベツと油揚げの味噌汁を作ってくれた。
「ワカメなーい」と言って、「ワカメを買ってきてくれ」と催促された。




広い作業所なので、寒いだろうな。。。。と、次男のリュックの中の、「着替え」を覗くと、綿の薄い長そでTシャツではなくて、薄いフリースとアンダーシャツを入れていたので、”ああ、考えたんだ。。。」と思った。

上出来です。(^-^)

「気温に合わせて衣服を選ぶ」は、自閉症児、者には、とても難しいと課題だ。

「あらーー、次男くん、賢いね。」と言ってやると、フフン と笑った。

次男は、きっと、作業所にある自動販売機でジュースを買うのを楽しみにしているのだろう。
今日は、寒過ぎて、買わないのじゃないかな。



ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

映画「スラムドッグ$ミリオネア」を見てきました 「障害児の親として(10946)」

見てきました!

ものすごいドライブ感あり。

呼吸するのを忘れそうでした。

とんでもない社会悪の中で疾走しながら生きていく子ども達。
日本に生まれ、生活している者にとっては、到底受け入れることが出来ない現実にめまいを感じました。



Synopsis for
Slumdog Millionaire (2008)

The story of Jamal Malik, an 18 year-old orphan from the slums of Mumbai, who is about to experience the biggest day of his life. With the whole nation watching, he is just one question away from winning a staggering 20 million rupees on India's "Who Wants To Be A Millionaire?" But when the show breaks for the night, police arrest him on suspicion of cheating; how could a street kid know so much? Desperate to prove his innocence, Jamal tells the story of his life in the slum where he and his brother grew up, of their adventures together on the road, of vicious encounters with local gangs, and of Latika, the girl he loved and lost. Each chapter of his story reveals the key to the answer to one of the game show's questions. Each chapter of Jamal's increasingly layered story reveals where he learned the answers to the show's seemingly impossible quizzes. But one question remains a mystery: what is this young man with no apparent desire for riches really doing on the game show? When the new day dawns and Jamal returns to answer the final question, the Inspector and sixty million viewers are about to find out. At the heart of its storytelling lies the question of how anyone comes to know the things they know about life and love.

映画「グラントリノ」を見てきました 「映画館で観た映画(44671)」

会社の用事でお出かけ。
ひとつ処理して、次の用事まで3時間の空き時間。
うげぇー

おお!ラッキー!クリント・イーストウッド 主演「グラン トリノ」を見ましょう。


観客の年齢層がビックリするほど高い。。。
私もそのひとりでした。(>_<)



人種も世代も超えて成立する友情。
自分のすべてを賭けて守りたいと思う人のいる幸福。
背中をググッと押して社会に押し出してやりたいと思う人のいる幸福。

ショーン・コネリー主演「小説家を見つけたら」Finding Forrester
と、同一線上にある作品だと思います。

ラストシーンの歌声の前半は、もしかしたら、クリント・イーストウッドでしょうか。
胸が熱くなりました。


Synopsis for
Gran Torino (2008)


Walt Kowalski (Clint Eastwood), a retired Polish American Ford automobile assembly line worker and Korean War veteran, haunted by memories of that conflict, lives with his Labrador Retriever Daisy in a changing Highland Park, Michigan neighborhood which is dominated by immigrants. At the start of the movie, Walt is attending his wife's funeral, bristling at the shallow eulogy of young Father Janovich (Christopher Carley). Similarly, he has little patience with his two sons, Mitch (Brian Haley) and Steve (Brian Howe), and their families, who show little regard for Walt's grief or the memory of their dead mother. Throughout the movie Walt views his relatives as rude, spoiled and self-absorbed, always avoiding him unless it is in their own interest to pay him some attention. Walt's sons see him as "always disappointed" with them and their families, unaware of their own obnoxiousness. Father Janovich tells Walt that his late wife, Dorothy, made Father Janovich promise to try to get Walt to go to a confession. Walt writes Janovich off as knowing nothing about life or death, and insists on being called "Mr. Kowalski" rather than "Walt" because he feels he neither knows, nor wants to know, Father Janovich.

Walt's teenage Hmong neighbors, a shy Thao Vang Lor (Bee Vang) and his feisty sister Sue (Ahney Her), live with their widowed mother and grandmother. When a Hispanic gang confronts Thao, the Hmong gang, led by Thao's older cousin Spider (Doua Moua), helps Thao by frightening the Hispanic gang and forcing them to flee. The Hmong gang, at that point, tries to persuade Thao to join them. Thao's initiation is to steal Walt's prized car, a 1972 Gran Torino Sport. Walt interrupts the robbery, pointing a rifle in Thao's face and forcing him to flee. After a few days, Spider and his gang return. With Sue at his side, Thao manages to verbally confront them to no avail. The gang drags Thao off his porch in an attempt to assault him. His family tries desperately to fend off Spider and his cohorts. The conflict ends when Walt threatens the gang members with his M1 Garand rifle and orders them to get off his lawn. They leave the neighborhood, telling Walt to watch his back.

The Vang Lors thank a grumpy and impatient Walt, who insists he only wanted the "gooks" off his property. When the neighborhood hears of Walt's brave act, they reward him by leaving on his porch gifts of Hmong dishes and garden plants. Thao admits to trying to steal his Gran Torino. Walt is not pleased, seeking only to be left alone. Father Janovich goes to Walt, reminding him of his wife's desire for him to go to confession. Walt refuses.

Mitch and his wife, Karen (Geraldine Hughes) go to visit Walt on his birthday, bringing him a cake and a few gifts meant to make certain menial tasks easier. Presentation, and explanation, of these gifts quickly turn into a shamelessly brazen pitch to get Walt to move into a senior's retirement home. Knowing that Mitch and Karen just want to get their hands on his house, Walt growls in anger and throws them out; gifts, cake and all. Mitch and Karen cannot understand Walt's reaction.

After seeing Sue being harassed by three black teenagers, Walt steps in to rescue her, confronting the teenagers and threatening them with a Colt 1911 pistol. Sue gets to know Walt, and invites him to a family barbecue on his birthday, bringing him closer to her family, explaining Hmong culture and that during the Vietnam War they fought on "his" side. Sue, Thao, and their mother visit Walt the next day, with Thao's family forcing him to work for Walt for a week to atone for his attempted theft of the Gran Torino. Walt has Thao clean up the neighborhood until his debt is paid and shows Thao the ways of American men. He gets Thao a construction job and encourages him to ask out another Hmong girl called Youa.

After discovering blood when he coughs, Walt visits the doctor. After viewing the results of his examination, which indicate that his health isn't good, he calls his son Mitch and awkwardly tries to tell him about it; but he can't bring himself to do it and just tries to make small talk. However, Mitch and Karen say they are too busy to talk to him. Meanwhile, the Hmong gang keeps pressuring Thao to join them. When they find Thao walking home alone after work, they rob him and burn his face with a cigarette. Walt confronts Smokie, second-in-command in the Hmong gang, at the gang's house, and beats him up in retaliation. The gang returns days later and shoots up the Vang Lors' home in a drive-by, wounding Thao in the neck. Walt runs to check on them and hears that Sue, who had left for her aunt's house before the shooting, never arrived. A few minutes later another Hmong gang car drives by and throws Sue out into the street. Sue gets to her feet and walks into the house, and it's seen she's been beaten to a pulp and raped. The family chooses not to tell police who did it. Walt storms home, punching cupboards and bloodying his knuckles in anger. Father Janovich goes to visit him later, deeply concerned about both Walt and Sue. Walt gives Janovich a beer and they talk openly. Janovich calls Walt 'Mr. Kowalski,' but Walt is now open to Janovich calling him by his first name.

An angry Thao urges Walt to take vengeance on the Hmong gang with him. Walt first tells him to come back later as revenge must be planned carefully. He tells Thao to return late in the afternoon. During this time, Walt indulges in a few luxuries. He gets a haircut, tipping the barber generously. He buys a new tailored suit. He goes to Church and much to the amazement of Father Janovich, asks to make confession. Janovich hears confession of a few minor sins and prescribes a standard penitence prayer.

When Thao returns to Walt's house at the appointed time, Walt gives him the Silver Star medal he earned in Korea, but then locks him in the basement, saying he does not want him to live with the consequences of killing someone. Walt tells Thao about a sin that haunted him every day - killing a young enemy soldier, who wanted to "just give up". Walt then leaves Daisy with Sue's grandmother, and from a bar he often went to, calls Sue, telling her where to find the key to unlock his basement so she can let Thao out.

Meanwhile, Father Janovich is with two police officers outside the Hmong gang house. Janovich had talked the sergeant into sending them on a stakeout, because he believes Walt will bring Thao there for a shootout confrontation with the gang. But the whole neighborhood remains quiet and the sergeant finally recalls the officers, who make Janovich leave with them.

Sue arrives at Walt's house to let Thao out of the basement. He hurriedly explains Walt's leaving him there and they hurry off to the Hmong gang house.

Outside the gang members' house, Walt confronts them for the shootout and raping of Sue, causing the neighbours to come out and observe the confrontation. He takes out a cigarette from his jacket, puts it in his mouth, asks the gang for a light, and then slowly reaches into his jacket before pulling his hand out quickly. Thinking Walt is going to shoot, the gang members gun him down. A shot of Walt lying dead on the ground reveals he had grabbed his 1st Cavalry Division Zippo lighter, not a gun. When Thao and Sue arrive at the crime scene, they are told by the police that the gang has been arrested and, with the rest of the community prepared to testify against them, they will be imprisoned for a long time, having killed an unarmed man. Thao, still with Walt's Silver Star pinned to his shirt, glares at Spider and Smokie as they are loaded into police cars.

A funeral service is held for Walt with Father Janovich delivering a memorable eulogy of Walt. Thao and his family attend the funeral opposite Walt's large extended family, and Mitch is annoyed at their presence. At the reading of Walt's will, it's revealed that Walt left his house to the church, and his Gran Torino to Thao, much to the disappointment and puzzlement of Walt's family. In the final scene, Thao is driving the Gran Torino up Lake Shore Road with Daisy next to him.

クリンもだん美術教室-今日はちょっと人口密度が低い 「障害児と生きる日常(58953)」

今日は、受講生の人数が少ないような。。。
ゴールデンウィークが始まったからかな。。。


















石井先生の指導を”ふむふむ。。”とうなずきながら聴いている受講生です。


受講生が吸収するのは、アートだけじゃないです。
社会性とかおしゃれの感覚とか、社会人にとって大切なもの、学校の成績よりの大事なものも吸収していきます。
とてもいい場所だと思います。


目は手先に、耳はピーンと石井先生の声を聴いている受講生です。


クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/


クリンもだん美術教室:石井先生の別の顔です。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

嵐のような強風です 「障害児と生きる日常(58953)」

嵐にような強風が吹いています。
次男がベランダの物干しに干してくれた洗濯物を室内に取り込みました。
風にもぎ取られそうです。

早朝から風が強くて寒いです。
それでも次男はニコニコです。
昨日、美術教室の受講生のママからご親戚の方が着ないまま入らなくなったお洋服をいただいて、その中でもラガーシャツが気にいったらしく、今朝は早速着ていました。
ニコニコで、デイサービスにでかけました。


かっこいいねぇぇ。。と言ってやると、ムフフ(^^) ですって。



ハナミズキがきれいに咲いています。



今朝も、杜の中を通りましたが、ウグイスの声を聞きませんでした。
もう、シーズンがおわったのかなぁ。。



ツツジが迫ってくるように咲いています。

今日は、寒いです。(>_<)
出かけるのイヤだなぁ。。。
でも用事があるのです。トホホ

奨学金-納入済通知書 「シングルママのつぶやき・・・(20585)」

長男は、奨学金の返済をしている。
高校でひとつ。
専門学校で二つの奨学金をいただていたので、同時に3つの奨学金の返済をしている。
もちろん、奨学金を受けることができたのはありがたいことだと思っている。


1年に一度、”領収書”のようか感じで、奨学金-納入済通知書 が郵送されてくる。
長男が、別のマンションに独立したあとも、届けを出した住所はそのままにしているようで、私のところに郵送されてくる。
私宛なので、封をあけてみると、毎月、口座から自動引き落としで返済されている。
なにせ、10年間に渡って返済していくので、先は長い。。。ぞっとする長さだ。

私と同年代のお母さんに、「奨学金、返済してるのぉぉぉ。。。」と言われて絶句したことがある。
彼女の娘さんも奨学金をいただいたけれど、返済する気持ちはないと言っていた。

え!?

何年か前のことなので、今も返済していないのかどうか、知らないけれ。

失業したり、病気になったりすと、その旨届けを出して、猶予されるのではないかと、記憶している。
長男にもそう言ってある。
お借りしたものは、お返するのが真っ当だと思っている。

できる範囲でいいので、長男に真っ当な人であってほしい。

長男に金銭の援助はしていない。
家に来たら、腹いっぱいに食べていけ。。。と言ってある。
だから、エンゲル係数がメイッパイ高い。

長男が、どこまで”頑張る”ことができるのか、親の私にもわからないけれど、長男の稼いだお金で完済させたい。

草なぎくんは、本当に“逮捕”されなくてはいけなかったのだろうか 「ニュース(231454)」

私は、下戸なので、酒に酔った人にどう対応したらいいのか、わからない。
本当に苦手だ。
絡まれると、本当に逃げるしかない。
どちらかと言うと、お酒に悪酔いして周囲に迷惑をかける人には厳しい感情をもっていると思うのだが、

が、が、が、



草なぎ 剛氏は、本当に逮捕されなくてはいけなかったのだろうか。

保護ではいけなかったのだろうか。

もちろん駆け付けた警官を殴ったりしたら、逮捕されてしかるべきと思うのだけれど。


酔いが醒めるまで勾留されて、誰かに引き取りにきてもらう。。。ではいけなかったのだろうか。

よく知らないけれど、そんな風な「酒に酔って失敗談」を話している人ってよくいるでしょう。
何年かしたら、笑い話になっていたりしませんか。
”保護”だったらね。

次男の韓国旅行の写真 「障害児と生きる日常(58953)」

次男が、4月初旬に連れて行ってもらった韓国での写真を数枚持ち帰りました。

背景にある看板の文字がハングル文字で、あーーーー、本当に韓国だぁ。。。と思いました。
次男は、嬉しそうな顔です。



ハナミズキがきれいに咲いています。




ミスターチルドレンのツアートラックです。


冷ご飯がたくさんになったので、チャーハンを作ってもらいました。
卵、カニカマボコ、干しえび、野菜多数。
次男の野菜の切り方が大きくても、生でなければいいです。
いいの、いいの。(^^)


母は多分風邪をひきました。
花粉症だけではないように思います。
ちょっとシンドイです。

帰宅後、マンションの理事会もあります。
書記なのでいかなくちゃ。。。力がほしいです。(>_<)

障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

デイサービスクリンもだんHP



クリンもだん美術教室の石井先生はこういう仕事もされます。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

少し涼しい朝 「障害児と生きる日常(58953)」

今朝は、少し涼しく感じる朝でした。
次男は、気持ち良さそうに歩いていきました。
遠くの方に後姿が見えていました。












この長袖Tシャツは韓国で買ってきたものです。
お気に入りです。
これを着るとうれしいようで、洗濯の時に付いた繊維くずをガムテープで取り除いています。

梅酒の梅-ロールケーキ-寝坊 「障害児と生きる日常(58953)」

私は下戸です。
梅酒の梅の実を食べて、「いい気持ち」になることが出来ます。

昨夜、ベッドに入ってもナカナカ眠れないので、「梅酒の梅の実」(市販品)をいくつか食べました。
眠れました。
寝坊しました。(>_<)

ハッと気がついたら、玄関ドアを閉める音が聞こえました。
ウォーキングに出かける次男においていかれました。
アジャ!

追いつくことは不可能ですが、ま、義理を立てて、母も後から追いかけました。
次男の後姿は見つかりませんでした。

いつもの、次男の記録写真のかわりにハナミズキをパチリ!


私が家に帰り着く少し前に、ご近所の人から私の携帯電話に一報。

「次男くん、一人でウォーキングしてたよ。
後ろを何度も振り返っていたよ。
次男くん、ガンバッテ!って声をかけたけど、わかんなかったみたい。。。」

"^_^"  声をかけていただいて、ありがたいです。

寝坊しました。。。。と告白。。。はずかし。。

次男は、私が追いかけてくるかなぁ。。。と気にしていたのかもしれません。
すいませんでした。

容貌認識力の弱い次男は、ナカナカ人を覚えられません。
せっかく声をかけていただいたのに、誰か知らない人に声をかけられたように、思ったのかもしれません。
すいませんでした。

この程度の人なのに、次男は毎日楽しそうに生活しています。
幸運です。

帰宅すると、テーブルの上に1/2になったロールケーキがありました。



買ってきたのは私ですが、切り分けてやることを忘れて、テーブルの上に置いたままになっていました。
次男が切り分けて、半分を食べて、半分を長男のランチョンマットに置いていたのでした。
ハハハ。。。切り方がイビツだぁぁぁx。。
ま、全部くっちまわないで、お兄ちゃんの分を置いておいたのは上出来ですね。(^^)


クリミナルマインド(S3-16) トラウマ-Elephant's Memory 「障害児の親として(10946)」

クリミナルマインド(S3-16) トラウマ-Elephant's Memory

胸が痛いエピソードだった。

また、いつものパターンだった。
たまたま行き当たった。
いつものように、逆らわずに、みることにした。



今回のエピソード、原題は Elephant's Memory。おとなしい象がある日突然、暴れ出してひとりの男に襲いかかった。なんとその男は何年も前にその象を虐めたことがあったという故事から、忘れたくても忘れられないような、虐められた記憶という意味で使われる。

クリミナルマインド(S3-16) トラウマ-Elephant's Memory

親はつねに子の側にたってやるべきだと思っている。
過保護か、適切な援助なのか、線引きが難しいのだけれど。。。


「苛め、虐待を行った人間は殺されてしかるべきとは思わない。」
製作者は、出演者にセリフで言わせている。

「なぜ、気づかなかったのか」
「なぜ、見ているだけで、助けようとしなかったのか」

強く訴えている。

我が身を振り返って、
見落としていることはないのか。。。
力になってやれているのか。。

と思うと、眠れない。

今日は、から揚げが楽しみ 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、今朝も元気です。
ポーズを考えるのが難しいです。



今朝の卵焼きは、壊れかけています。アジャ (>_<)



今日、次男の夕食は、から揚げ定食です。
鶏から揚げってウケますね。
味付けは、塩、黒胡椒、韓国唐辛子(粉末状)いりゴマ、山椒等等。
おいしいですよ。


次男はニッコリ (^^)
がんばって働いておいで。
から揚げが待ってますよ。





障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

デイサービスクリンもだんHP



クリンもだん美術教室の石井先生はこういう仕事もされます。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

定時に出かけました。 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、今朝は6:50に出かけました。
作業所に行く日です。

「仕事いっぱい。」だそうです。
ヒマが苦痛な人なので、作業所に行くのは、うれしいようです。
火曜日から金曜日まで通勤している事務所よりも遠方になるので、時間もかかりますし、地下鉄の駅もたくさん乗りますが、それもちょっと楽しみなようです。
乗り換えが1回で、16駅目です。

普段は、乗り換えが1回で、13駅目です。

緊張しながらも、遠出を楽しんでいるのかもしれません。

場所も働き方も違う二つの場所で、混乱しないで働いているのは、自閉症としては、とてもうまく対応できていると思います。

次男の能力とバランスを取りながら、それでも、挑戦出来ることは、挑戦させたいです。
もう少し、景気がよくなってほしいです。
次男に給与をくださる職場が潤ってほしいです。
そうでないと、次男の居場所がなくなってしまいます。



ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

新築マンションの広告に夢中 「障害児と生きる日常(58953)」

次男は、今日も、ゴキゲンの様子です。
親孝行です。
基本的に、ニコニコでない次男は珍しいです。

なにか、歌いながらウォーキングしていました。
ちょっと、変です。(>_<)




次男の最近のブームは、新築マンションの広告です。

ちょっと、変です。(>_<)

クリンもだん美術教室-新ボランティアさんにご挨拶 「障害児と生きる日常(58953)」

今日は、新ボランティアさんが来てくださいました。
受講生は、みんな立ち上がって挨拶しました。
出会いがあると、新しい風が入ってきます。
ありがたいです。
特に次男は、自分から誰かとの出会いを求めていけない人ですから、拠点があって、そこへ人が集ってくださる形が、とてもありがたいです。


























クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/


クリンもだん美術教室:石井先生の別の顔です。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

「コナン」を見に来たか 「男の子2人のかあさん日記(21259)」

昨夜、長男が早い時刻に現れた。

なんだ!
いつもより早いじゃないか。

長男は、ササッとテレビをつけた。

「名探偵コナン」の劇場版を放送していた。

おい!いまだに「コナン」かい!

飯食って帰った。

鳥の声-ホーホケキョ 「障害児と生きる日常(58953)」

何日か前から、チャンスがあったら撮影したいと思っていました。
今朝は、近くに聞こえました。
姿は見えなかったけれど、近くにいるように思いました。


鳥の声-ホーホケキョ

本当のウグイスなのか、他の鳥が真似をしているのか?
私にはわかりませんが、ちょっといい感じでしょ。(^^)



次男は、今朝は、油揚げとキャベツで味噌汁を作っていました。
今朝は、お味噌の濃さが丁度よかったです。
オムレツはちょっと火を通しすぎの感有り。


これは、母が作った巨大大雑把ハンバーグ。
付け合せは、ベイクドポテト、茹でたモヤシ
しまった!ミックスベジタブルを加えたら彩りになったのに。(>_<)
次男くんの夕食です。
仕事から帰ったら、コーンスープと一緒に食べる予定です。

職場においてある次男のヒゲソリを新しい物に換えました。
壊れかけてきたそうなので。

次男が、職場の男性スタッフに同行してもらって、職場の近くの電気屋さんで購入したのです。
男親がいないことをこんな風に補ってもらえる、障害者ってあまりいないのではないかと思います。
もちろん、入所施設では、みなさんそうしてもらっているのだと思いますが。
母親の手が回らないことをこんな風に助けていただけて、ありがたいです。

次男ほど、「本来の能力が低いのに、快適に生活している人」は少ないのではないかと思います。
ありがたいです。
だから、ベストを尽くさせないと。。。と思います。

18日(土)から「スラムドッグ$ミリオネア」ロードショー 「映画ニュース(16029)」

今週の土曜日、18日から、第81回アカデミー賞で作品賞を含む8部門を受賞した「スラムドッグ$ミリオネア」がロードショーされます。

私には、ちょっと心痛い想いにつながるのですが、話題の映画ですから是非見たいと思います。

心痛い想いのワケはこちら。
アカデミー賞『スラムドッグ$ミリオネア』8冠

以前から、ずっと気になっていたことがあって、それも、氷解したので、見に行きやすくなりました。

それは、

『スラムドッグ』にトップランナーの洗礼?

よかった!!

全部の子どもたちは、無理でも、主要な子役たちだけでも、道が拓けてほしい。

大きな栗の木の下で 「障害児と生きる日常(58953)」

今朝、次男が歌っているのは、トーキングカードで覚えた英語の歌です。
今だに好きなんですね。
時々、変な発音で、ヘンチクリンな単語を作っています。(>_<)

ソニーのトーキングカードが障害児教育にどれだけ貢献したことか。
井深大(いぶかまさる)氏に感謝。
ソニーがいくら儲けても、私は、妬みません。

井深大氏が、障害児教育に強い問題意識を持つようになった動機は、お嬢さんが知的障害児だったことから。

「娘は、私の十字架、娘は私の光」と言われたとか。


Under the spreading chestnut tree
only simple you and me
Oh how happy we will be
Under the spreading chestnut tree
.

(大きな栗の木の下で
あなたとわたし
仲良く遊びましょ
大きな栗の木の下で)


はなみずきの木の下で








味噌汁は、少し、味噌が濃くて辛かったです。
お湯を加えて、味を調えました。


朝ごはん。
味噌汁:タマネギ、ワカメ(次男作)
オムレツ:ネギ入り。和風味(次男作)
切干大根の煮物(母)
炊き込みご飯(母)

次男は、私の十字架、次男は私の光



障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

デイサービスクリンもだんHP



クリンもだん美術教室の石井先生はこういう仕事もされます。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

新緑の季節 「障害児と生きる日常(58953)」

桜はすっかり散りました。
新緑の季節です。
若々しい葉っぱ達が一斉に芽吹いています。

次男には、派手な黄緑色のヤッケを着させています。
どこにいるのか、見つけやすいようにです。
そのヤッケと新緑が同じ色です。






障害程度区分認定の更新をしなくてはならないです。
本日、訪問調査で、自宅に調査員が来られます。
次男を中学生から知っているサポーターさんが付き添ってくれます。

我が家の散らかり様は、繕うことができる範囲のものではありません。

開き直ってどうする。

サポーターさんには、おなじみですから、もういいです。(>_<)
が、初めて、我が家に足を踏み入れるであろう調査員には、この惨状を見られるのは、イヤだなぁ。。。。

だったら、かたずけろよ

ま、こんな母親に育てられて、今も一緒に住んでいるのだから、サポートは必要だと理解してもらえたら、恥ずかしい甲斐もあるというものです。

心配なのは、次男はたくさんの人達に支援してもらって、快適に暮らしていますので、二次障害もなくて、穏やかに、不自由なく暮らしているので、本来の能力の低さが隠れていることです。

調査員の能力が低いと、それが理解できません。
どれだけの工夫と努力と協力の上に次男の生活が成り立っているのかが、想像できません。

今の認定も、本当は、もう1段階重い区分が妥当だと思われます。
でも、周囲に恵まれて、支障なく暮らせているので、異議申し立てはしていませんけどね。

今日の調査で、どんな結果がでるのでしょうか。

「頑張ったら、損!」みたいな結果が出ないことを祈っています。
自立支援法は、「頑張ったら、損!」ではなくて、「頑張ったら、得!」であってほしいです。
そしたら、ますます、頑張れると思います。
子も親もね。

恐るべし、食欲 「男の子2人のかあさん日記(21259)」

仕事を終えて、帰宅した。

朝作っておいた大鍋いっぱいの肉ジャガがない!!
鍋がきれいに洗ってある。。。。


本当にないのか。
別の容器に入れなおしたのではないのか。。。

どこにもない。
食われたのだ。
仕事から帰った次男と出勤前の長男に。


はじめからそのつもりで大量に作っておいたのだけれど。。。
おい!そこまで食うか!

次男は、寝息を立てて眠っている。
毎日のことだけれど、小学生並みに早く寝る次男は、2時か3時に起きてしまう。

2時か3時に寝るよりは良いか。
今夜の夜中食は、天ぷらうどんを用意しておこう。
お汁と具を別のおどんぶりに入れておくと、次男はレンジで温めてたべるだろう。

同じように、長男にも用意しておくと、仕事を終えた長男が現れた。
我が家は、エンゲル係数が高い。(>_<)

息子二人の血肉になっていると思えば惜しくはないが。。。(>_<)

食べる間は、歌わなくていいです。 「障害児と生きる日常(58953)」

今朝は小雨が降っていました。
家に帰り着く前に強く降りだしました。
お母さんは、出勤したくありません。
家でもう一回ベッドに入って寝たい!のが本音です。

次男は、ニコニコしています。
ご飯を食べる間も、ハミングするように歌が漏れています。

おい!おい!
食べる間は、歌わなくていいです。


桜は終わりです。
散る様子も美しいです。

今日、次男が帰宅してたべるのは、肉じゃがです。
新じゃがって、おいしいですね。(^^)

昨日、作業所から帰って食べたのは、えび餃子、ご飯、味噌汁です。
私が帰宅すると、鍵をシッカリ閉めてあって、ベットで気持ち良さそうに寝息を立てていました。
働いて、シッカリ食べて、(一人で食べるのはちょっとなぁ。。。と思うけれど。)入浴して、気持ちよく眠ることができる次男は、幸運だと思います。
親の私にとっても、次男が、健康なのが、一番ありがたいです。



日曜日に見に行った映画「彼女の名はサビーヌ」の中で、監督でサビーヌのお姉さんのサンドリーヌが、サビーヌと同じ入所施設(田舎家)に暮らす男性(自閉症で、散歩の途中で何度もてんかん発作を起こす。以前に発作で倒れて鼻を折ってからヘッドキャップをかぶっている。)の様子も映していた。
健康はなによりありがたい。。。と感じた。
彼自身も「困る」と言っていた。
それでも介護スタッフとちゃんと会話できていて、それは、うらやましく感じた。

彼のお母さんは、インタビューに答えて、一度彼の薬を誤飲してしまって、翌日の午後まで眠り続けてしまった。
目が覚めても、なにも考えられなくて、TVを見てもなにを言っているのか何もわからなかった。。。と言っていた。
抗てんかん薬とは、そんなに強い薬なのだとわかった。
彼のお母さんがインタビューの中で言っていて、私も知っていたのが、「自閉症の20%が思春期にてんかん発作を発症する。」ということ。

私も覚悟していた。
次男の中学生の3年間は、「20%に入るかもしれない。。。それでも踏ん張ろう。。。」と思っていた。
OTの先生も注意深く観察してくださったように思う。
幸い、次男には、その兆候なく、思春期を潜り抜けた。

健康なのが嬉しい。
ありがたい。

見てきました-映画「彼女の名はサビーヌ」 「障害児の親として(10946)」

今日、次男がデイサービスに行っている間に、映画「彼女の名はサビーヌ」を見てきました。

映画「彼女の名はサビーヌ」-自閉症の妹に捧ぐ

小さな、小さな映画館でした。
観客は1/3くらいでしょうか。。。

ドキュメントフィルムは、残酷な現実を容赦なくスクリーンいっぱいに見せてくれました。
観客は、身動きする気配がまったくありません。
咳ひとつ聞こえません。

美少女で、バッハを弾き、読み書きできて、話せて、ダンスして、家族のためにセーターを編み、スクーターを運転していたサビーヌはまったく別人になっていました。

”特別な子のための学校”へ通っていたサビーヌを両親は、12歳のときに姉妹たちの通う普通の学校に転校させたそうです。
サビーヌは、自傷、他傷、運動場で服を脱ぐ等の問題行動を起こすようになり、半年程で退学したそうです。
それから、27歳まで家で過ごしたそうです。
兄弟達が独立して母と二人だけで生活するようになると、問題が大きくなり、精神病院に入院させなければならなくなったそうです。

姉で監督でナレーターのサンドリーヌは、「両親は、サビーヌの障害に気がついていなかった。」と言いましたが、”そんなバカな!”と感じました。
美少女でも、読み書きが出来ても、お話が不自由なく出来ても、時折見せる独特の表情は、間違いなく自閉症なのです。

そう思うのは、私が長く「自閉症児の母、自閉症者の母」だからでしょうか。。

本当に、12歳から27歳まで在宅させるしかなかったのでしょうか。

11人兄弟が次々と独立していくと、見捨てられたように感じたらしいサビーヌ。
いずれ、必ず、兄弟達は独立するのは必然だったはず。
独立していく兄弟達の代わりに、たくさんの人達と出会わせる工夫は成り立たなかったのだろうか。

同じことが次男にも言えます。
独立していく兄、先に死ぬ母の代わりに、出来るだけ多くの出会いを、働く場所を、楽しむ場所を、終の棲家を用意してやりたいです。

ピンクのカーペットを歩く 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、毎朝、記録写真のポーズを考えています。
ついつい、ピースですませてしまいますが、ダメ出しを出すと、次男なりに工夫してくれます。
今朝は、一等賞スタイルです。




ピンク色は、桜の花びらです。




今日は、デイサービスの利用料をもっていきます。
幸いなことに、食事代とオヤツ代だけなので、9回使って、4050円です。
ありがたいです。


デイサービスクリンもだんHP

クリンもだん美術教室-珍しい光景 「障害児と生きる日常(58953)」

今日は、受講生がイッパイでした。
ボランティアさんもたくさんいてくださいました。
ありがとうごさいました。



今日、初参加の青年。


悪魔的になってきましたね。


形が見えてきました。


AYAKAちゃん、進みぐあいはいかが。
目が腫れてるぞ、ジーニアスアツム君。


作品は進んでいるようです。


この細い短冊状のものが何になるのか。


ハンバンガーのパテが出来上がっています。


ゴージャスなトートバックです。


珍しい!!ボランティアのお姉さんが横にいますよ。
うれしいね、次男くん。


クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/


クリンもだん美術教室:石井先生の別の顔です。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

今朝は、味噌汁がよい味です。 「障害児と生きる日常(58953)」

今朝は、公園には、花見の陣取りで昨夜からシートやテントを広げて寝袋や毛布で眠っている人達が大勢いました。

私、ちょっと思うのですが。。。
トイレはどうしているのでしょうか。

仮設トイレが設置してありますが、絶対的に供給量が少ないです。
人が何人も入ることが出来る仮設の大きなゴミ箱が設置してあります。
それはいいのですが、ゴミがてんこ盛りです。
大きなブルーシートを何枚も敷いて、前夜から陣取りをしているようなグループからは公園の使用料を徴収してもいいと思います。
何時間も占有するのですから。

そのお金で、仮設トイレ、ゴミ箱を増やしてもらいたいです。
公園の植物が傷みますよ。








「味噌漉しザル」で味噌を漉すとうまく溶かすことが出来ます。
次男くん、タマネギをスライスしてくれますが、ちょっと分厚く切ってくれます。
薄く切れるようになったら、もっとおいしくなると思います。
今朝は、タマネギとワカメの味噌汁です。

今日は、次男は、散髪に行ってからデイサービスに行きました。
長男も次男も頭の形が良いので、短髪が似合います。
これだけでも、得してるなぁぁ。。と思います。

臭ってきそうな長髪で、しかも前髪を長く顔に垂らしている男性って、どうかと思います。
知的障害者なら尚更です。
次男は、「人に助けてもらうことが多い人」ですから、出来るだけ清潔に見えるようにしたいです。


デイサービスクリンもだんHP
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR