平成20年度最後の日 「障害児の親として(10946)」

次男の職場の連絡帳を確認しました。

「平成20年度も今日で終わりです。
早いもので、次男くんも3年経つんですね。」

と、書いてあった。

ああ、そうなのか。

気がついていなかった。

養護学校の高校部を卒業してから、満3年が過ぎたのです。

3年ていう数字は、「石の上にも3年」の3年ですよ。
次男が3年がんばったのではなくて、使ってくださる人達が、3年がんばってくださったのだと思います。
ありがとうございました。

これからも、どうか、よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト

「ポーの一族」北米大陸、高校生版? 「映画ニュース(16029)」

今日は、月末なので、会社の用事であっちウロウロ、こっちウロウロ。
オバサンは忙しい。

大きなインテリジェントビルの中をウロウロしていると、広いピロティーの壁面に設置してある巨大スクリーンに映画「トワイライト~初恋~」の一部が流れていた。
映画の宣伝にしては、長い時間であったような。。。

で、感想が、
「ポーの一族」北米大陸、高校生版?

私の予想では、きっと
「インタビュー・ウイズ・バンパイヤ」ほど、おどろおどろしくないのでしょう。
なにせ、昼間、外を歩いているバンパイヤみたいだし。
緑深いきれいな風景がたくさん映し出されるようだし。

「アンダーワールド」みたいに異形ではないし、
異形どころか、皆さん、とても美しい。

劇画「ポーの一族」のように儚げでもないみたい。
みなさん、みごとにガタイがいいわ。


私が中学生か高校生の頃なら間違いなく狂喜してました。
お友達と一緒に見に行って、興奮して、学校でもキャーワー言いながら話していたと思います。
ファンクラブを作ったりして。。

う~~ん、何十年か早く作ってくれたらよかったのに。。。(*_*)
人生経験が長くなっちゃうと、ナカナカ耽溺できないですよ。
なにせ、現実の生活が結構ドラマチックっだりするし。
ね、そう思いませんか?


それでも、娘さんのいるお母さんなら、いっしょに見て楽しめるかもですよ。

チャーミングでよかった 「障害児の親として(10946)」

帰宅後、昨夜に録画しておいたTBS『DOOR TO DOOR~僕は脳性まひのトップセールスマン』
を見ました。

二宮和也くん、樋口可南子さんも魅力的でした。

現実はもっと悲惨よ。
あんなきれいなお母さんはいないわ。
あんなかわいい脳性麻痺の息子はいないわ。

とか、とか、言わないの。

私は良い作品だと思いました。
魅力的に描いてくれてありがたいと思いました。

”可愛くない”のはいやです。
誰でも、誰かに助けてもらっています。
障害者は、たっくさんの人達に助けてもらうことになります。
だから、”助けてもらいやすい人”であってほしいです。
イメージって大事です。

良いイメージの作品をありがとうございました。(^^)



去年、こんなTV番組を見ました。

【大阪発】こんな福祉番組が見たいねん!-きらっと改革委員会・発展編-
教育テレビ 12月6日(土) 午後8時~午後10時放送


見た後にいやぁ~な気分になりました。
「明るい、がんばる障害者像を求められて、うつ病になりました。」というコメントが届いたと紹介されていました。

それをちょっと、思い出しました。

道が拓けるのは、やっぱり二宮和也くん、樋口可南子さんが演じた親子じゃないかな。。。

桜咲く。魚跳ぶ。 「障害児と生きる日常(58953)」

だんだん、朝が明るくなってきました。

川の中で魚がさかんに跳びます。

次男は新しいポーズを研究中です。





昨日のオヤツはチキンライスとお味噌汁(インスタント)でした。
今日は、ホットケーキです。

仕事の帰り、お店のショーウインドーに写った疲れたおばさんは私でした。
アジャ!
目の下にシワとクマ。
疲れてないわけはないけれど。。。もう少しなんとかならんか。。。(>_<)

今夜TV放送-DOOR TO DOOR~僕は脳性まひのトップセールスマン 「障害児の親として(10946)」

あら! 今夜、放送されるのですね。

テレビ放送:TBS『DOOR TO DOOR~僕は脳性まひのトップセールスマン』
2009年3月29日(日)よる9時~11時3分
主演:二宮和也


予約録画をセットしました。
内容については、以前に書いています。

DOOR TO DOOR

実を言うと、私にはヒガミのような感情があります。

いつか、脳性まひを含めて、肢体不自由者を障害者と言わない時が来るように思います。
肢体の機能の不都合の大部分を、科学が支えてくれる日が来るだろうと思うからです。
近い将来か、遠い将来であるかは、わかりませんけれど。


けれども、思考力、認知力を支えるものは、絶対にないのではないかと思います。
だから、今から何百年経とうとも、知的障害者は、障害者なのだと思います。

正直に言うと、知的障害者で自閉症の息子をもつわたしには、「肢体不自由があっても知的な障害がない人」のことを、うらやましく感じる気持ちがあります。


それぞれの不便さ、苦しさは、比べようもないとわかっているのに、尚、そう感じるときがあります。
愚かなことです。


自分は、愚かだわかっていて、ヒガミの気持ちもあるとわかっていて、それでも見てみようと思います。

人気のある若者が障害者を演じてくれるのは、やっぱりありがたいです。
うまく表現してくれたら、なお、ありがたいです。

ウケタ!-偽だんご3兄弟 「障害児と生きる日常(58953)」

次男がPCでYou Tube を出して、「だんご3兄弟」を見ていたので、冷蔵庫の中で忘れられていた、ヨモギの切り餅とつぶあんで作ってみました。

お餅を1/6に切ってからフライパンで弱火で焼きます。
串にさします。
つぶあんをスプーンでのせて、出来上がり。


今度生まれてくるときも♪3人そろって同じ串♪
できれば甘いこしあんの♪たくさんついたあんだんご♪だんご♪

と歌ってから出したら、ウケタ!!
朝からウケルとうれしいなぁ。。。関西人のDNAが喜ぶわ。


5:29
明るくなってきました。


早くも咲いている桜が何本かありますから。
すでに花見の陣取りが2.3日前からはじまっています。
シートを敷いて寝袋で、泊まっている人がいます。
陣取りのアルバイトかなぁ。。。

無人で、シートを敷いて重しを置いて、会社やグループの名前を書いた厚紙を置いてあるところもあります。
そんなことまでしていいのか。。。と思います。

別の意味では、秩序があるのかなぁ。。。と思いました。
誰も見ていなくても。この置いてあるシートと紙を誰もクルクルと巻いてポイ!っと捨てないってことでしょう。。こういうことが出来るのは。

これは、全国どこでも通用することなのでしょうか。

元気だったようです 「障害児と生きる日常(58953)」

次男は、月曜日は、6:50に家を出ます。
出かける1時間前に食事を終えておきたいです。
食後にカフェオレを飲んだり、ちょっと、新聞を眺めたりする時間に次男を観察できます。

次男くん、ご機嫌の様子でした。

長男は、朝まで家に居て、自分のマンションに帰宅しました。
遅くまで寝てられないので、帰ったのかもしれません。
2日泊まったら充分です。。。(ーー;)


夜に、作業所の連絡帳を確認すると、次男は「元気だった。」とのこと。

よかった。よかった。


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

ラグジュアリー名刺ブランド 「ファッションニュース(4768)」

ありきたりの名刺では物足らない方に、

ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

かっこいいでしょ(^^)v


今日も先生は忙しい 「障害児と生きる日常(58953)」

動画:にぎやかな教室の様子です。

今日も超楽しげな受講生です。


モンゴルの兜のようなヘルメットですね。





お寿司ですよ!!!






次男はゴーイングマイウェイです。




マックのクォーターパウンダーを作ります。









クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/


クリンもだん美術教室:石井先生の別の顔です。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS

今朝は良い天気 「障害児と生きる日常(58953)」

今朝はいい天気です。

5:31

5:38

5:47


気持ち良いですよ。
景色も良いです。


昨日の朝は、雨が降っていました。
ベッドな中から雨の音を聞いていて、あ、どっこいしょ。。。と身を起こしたら、次男がゴミの袋をつかんで玄関の外に出る音がしました。

あじゃ!?
次男くん、雨が降ってるでしょ!?

次男は、金曜日はゴミを集積場に持っていく日なので、忘れないでそうして、一人でウォーキングに行きました。

帰宅して、「次男くん、雨降っていたでしょう?」と訊くと、「降ってない。」と答えました
ドアを開けて、外の様子を確かめると、雨が降っていました。

次男は、「これくらいなら、降ってるうちにはいらないよ。」と言いたかったのでしょうか。
もう少しだけ、話せたら、便利なのになぁ。。。と今でも思います。
_(._.)_・・・・


小学生5年、6年と(あれ?中学校に進学してからも、続けたかな。。。記憶が定かではないです。もう、ボケ始めている私です。)鍼灸院に連れていったのも、もう少しだけ話せないだろうか。。。と思ったからでした。
情報を得た時に、時期的に、これが最後のチャンスだ。。。。と思って飛びつきました。
次男の他に、父親と一緒に来ている同年代の男の子と時々待合室で一緒になりました。
何年が通って来ているようで、コトコトとスケッチブックに絵を描きながら、ずっと、しゃべっていて、父親に話しかけているのですが、父親の返事を聞き取っているようには、見えませんでした。

うーーーーーんんんん。。。。
ただ、話すだけでは、生活しにくくなる可能性が大きいなぁ。。。
でも、話せたらいいなぁ。。。。

と、思いながらの通院でした。
懐かしいような。。。ちょっと胸が痛いような感慨があります。

でも、通ってよかったのだと思います。
次男は、本当に気持ち良さそうに、いびきをかいていました。
毎日、小学校に通って、次男はがんばっていたのだと思います。
もしかしたら、二次障害を起こさずに、過ごせたのは、鍼灸院で緊張した筋肉と神経をほぐしてやれたせいかな。。。。と思います。

ある日、次男が自分の切符を買った後、私が電車の切符を買って振り向くと、次男が消えていました。
キャァー!!\(◎o◎)/!  母、パニック

次男は、無事に一人で帰宅していました。
ミッキーのマスコットを供にして。

お話する能力は、いまいち伸びませんでしたが、行くべきところへ行ったのだと思います。


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


クリンもだん美術教室の石井先生はこういう仕事もされます。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

クリンもだん美術教室-境界を行ったり来たり 「障害児と生きる日常(58953)」

教室をのぞきに行って、受講生の表情を観察するのが楽しいです。
「人は人によって人になる。」と思います。













次男の妖怪ガール、増殖しています。


次男がなにやら、悩みはじめました。
目をギュッと閉じて、両手でクルクル反して、典型的な自閉症者の様子です。
あっちの世界に行ってしまったようで、淋しく感じたり、可哀想に感じたりします。


そこへ、石井先生がやって来てくださって、なにか指示してくださいました。
次男は、スッとこちらの世界に戻ってきました。
あまりにも歴然とわかるので、見とれてしまいます。


石井先生はこういう仕事もされます。
ラグジュアリー名刺ブランド DELICIOUS




今日のベストショットだと思います。
ジーニアス・アツム君の向こうに見えるのは、受講生とボランティアのお姉さんです。
ちゃんと目を見て、お姉さんの想いを探っています。
お姉さん、何を言ってるかなぁ。。。とわかろうとしています。


「人の影響を受け止める素地」が育っていないと、何も、受けとることはできないのだと思います。
どうしたら、「素地」が育つのでしょう。

聞いてないなぁ。。。と思っても、話しかけたり、マッサージやタオルブランコやウォーキング等々々。。。。地味な時間が大事なんだと思います。
それは、子供の体が大きくなってしまう前に蓄積しておかないと、時期を逸してしまうと思います。
ただ、「いい場所を探して、連れてきて、放り込めば良い。」ってわけじゃない。。。と思います。

あ。。。また、意地悪なことを言ってしまった。。書いてしまった。。
私って、世にはばかるわね。
すいませんね。


クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/

今朝は普段並 「障害児と生きる日常(58953)」

次男は、今朝は平穏です。
ハイテンションでもなく、普段の次男です。

ヤレヤレ(ーー;)

昨日と今日となにが違うのか、違わないのか。



今朝の次男は奇妙だった。 「障害児と生きる日常(58953)」

今朝の次男は、ちょっと。。。変だった。

もともと、自閉症で知的障害があるのだから、変で当たり前なのだけれど。。。。
自宅ではあまり不都合に気がつかないので、ちょっと、久々にビックリした。

次男は、ウォーキングから帰ってきて、シャワーを浴びて、機嫌よく洗濯機をスイッチオンして、洗剤を投入した。

次男は、いつも、ウォーキングに着て行ったトレーニングウェアをハンガーにつるして所定の場所(スチール製のラック)にかけている。

アンダーパンツ、アンダーシャツ、タオル、トレーナーは、もちろん毎回取り替えて、洗濯機の中で回っているのだけれど、トレーニングウェアは、毎回は洗っていない。
そっと、触って点検すると、汗がついているようだった。

次男くん、これも洗濯しよう!!

次男は、私の手からそれを受け取ると、サッサと洗濯ネットの中に詰め込んでくれた。
洗濯機はすでに、満杯だったので、「今朝は、2回、洗濯機を回そうね。」と次男に言って、トレーニングウェアを詰め込んだ洗濯ネットを風呂場に置いた。

しばらくして、洗濯機の苦しそうな回転音に気がついて、見に行ってみると、洗濯物がたくさん入り過ぎていた。
私がよけて置いた「トレーニングウェア入り洗濯ネット」もその中にあった。


なんでだろ。。。。次男くん、納得できなかったのだろうか。。。

洗濯機を一時停止にして、いくつかの洗濯物を取り出した。


洗濯が終了して、次男がいつものように干してくれた。

次男が「カワック!」と言って、次男のトレーニングウェアをハンガーにつるして、室内のカーテンレールに干していた。。。

へ。。。。あれって。。。。
2回目の洗濯って終わったかぁぁぁぁぁぁ。。。。

次男が洗面器とぞうきんを持ってウロウロしている。。。

!? もしや!!

駆けつけると、トレーニングウェアはボトボトとしずくを大量に落としていた。

あら~~、次男くん!!
お母さん、絶句!!

ゴクリと息を飲み込んでから、
「次男くん、洗濯して、脱水しなくちゃいけないよ。このまま干しても乾かないよ。。。」
と、冷静に言った。。。

ここで、金切り声で、
「キャアー!!次男くん、どうしてこんなことするの!ダメでしょ!のいて!お母さんがするから!余計なことしないで!」
と叫ぶほど、私はヤワでもヒスでもない。


そんなことしたら、元も子もない。
カーペットがボトボトに濡れたくらいでは誰も死にはしない。


本当は。。。次男くん、どうしたんだ。。こんなことする人じゃないのに。。。
どうして?どうして?。。。と、うろたえていたんだけどね。

それを顔に出しちゃぁー、年季充分の障害者の母の名がスタルッテもんさ。


「次男くん、お母さんについておいで。」というと、次男は素直に洗濯機の前について来た。
「洗濯ネットに入れて。」と言うと、また素直にそうした。
「はい。ありがと。もう一回スイッチオン!もう一回洗濯しよう。」と言うと、また素直にそうした。

「大丈夫!!お母さんが、干してあげるよ。
次男くんが出かける前に洗濯を終わらなかった、お母さんが干してあげるから、大丈夫!!」
次男は、納得したのか、納得しなかったのか、わからなかった。


次男は、大事なトレーニングウェアを早く干して、乾かしたかったのだろうか。。。
明日、自分が着るまでに、乾かないのではないかと、心配だったのだろうか。

慌てて干さなくても、夜寝る前に干せば、明日の朝のウォーキングに充分間に合うのだけれど、それが判断できるほどには、次男は賢くない。
なるほど、「知的障害」があるわ。。。と私が納得した。



今朝は、少しテンションが高くて、独語が多くて、鼻歌の声も大きい。。。

落ち着きがなくて。。。

学校時代に運動会、学芸会の練習が始まったころのようだ。。。

なんでなんだ。。。

旅行かぁぁぁぁ。。。。。。


ためしに、「次男君、旅行に行くの、楽しみ?」

と訊いてみた。

韓国旅行!!と大きな声で答えた。

うーーんんんんんん、これかも知れない。。


緊張してるのかな。
でも、社内旅行は、何度も経験済みじゃないか、なんでいまさら緊張するのかな。

あ、韓国-外国に意味を感じているのかな。
パスポートと取得したり、いつもとはちょっと違うことをしていることに気がついたかな。

だとしたら、全然感じてないよりは、いいことなんだけどね。







今日のオヤツは、「焼きそば」
春キャベツがザックザックと入れてあります。

今日はうれしい給与日 「障害児と生きる日常(58953)」

昨夜は、寝苦しい夜だった。
なんだか、たくさん短い夢を見ていたようだったが、内容は覚えていない。
次男は、いつも、特に朝は、爽快な顔をしている。
うーーーーんんん。。。
うらやましい。。。(ーー;)


5:38



6:07


今日のオヤツは、ハンバーグ(お弁当用の小型)3個とポテトのチーズ焼きとご飯、味噌汁

オヤツではないくて、夕食ですね。

夕食は、6時か7時に食べるものですよね。
私の帰宅がそれより遅いので、個食は気の毒ですが、適時に夕食を食べられるように移行させようと、もくろんでいます。

次男くん、今日は。給与日です。
嬉しそうです。
でも、いまだに、給与の意味はわかっていないでしょうね。(-_-メ)ガァー

万の位になると、金額の多い、少ないも怪しい次男です。
でも、銀行へ行くのがうれしいのかな。
受付にきれいなお姉さんがいるのかな。

どうして無職なんだ!-追記有り 「障害児の親として(10946)」

23日午後8時10分ごろ、JR東京駅(東京都千代田区)の中央線のホームから女性が線路に転落し、停止間際の中央線に接触して負傷した。目撃情報などから、この女性を突き落としたとして、警視庁丸の内署は殺人未遂の現行犯で、大阪府富田林市内の自称無職の男(24)を逮捕した。同署によると、2人に面識はなかった。男は知的障害があり、「死にたくて、死刑になりたくてやった」と供述している。

 同署によると、女性は頭部から血を流すなどしているが意識はあり、命に別条はないとみられる。


怪我をされた女性が気の毒でならない。

容疑者は、どうして無職なんだ。

別の新聞では、「知的障害があることを証明する手帳を所持している。」とあった。



次男もその手帳を持っている。
でも、次男は、「死にたくて、死刑になりたくてやった」などというセリフを吐く能力はない。
そういう言葉の意味がわからない。
そんな難しいことはわからない。
次男は容疑者よりももっと、もっと知的能力が低い。


次男には、毎日、自分のすべきことがある。
今朝も、ご飯炊いて、ウーロン茶を沸かして、ゴミを出して、ウォーキングに行って、シャワーして、掃除機かけて、洗濯して、洗濯物をたたんで、窓を拭いて、新聞を見て、所持金のチェックして、短い日記文を書いて、PCで遊んで、カフェオレ飲んで、ルンルンの様子で出勤して行った。
そして、ルンルンで帰ってくるだろう。
気持ち良さそうに寝息を立てて眠るだろう。
次男は、めったに退屈しない。


知的障害があろうと、なかろうと、毎日を退屈しないで、自分の能力を精一杯に発揮して生活することは、可能なのだと次男が証明している。

次男だけではなくて、たくさんの人達が証明している。

気持よく生きることは、気持よく働くことと比例している。


親は、わが子が、気持よく働く人になれるように応援してやりましょう。
それは、大変に時間と手間がかかることです。
「普通の子の親になりたかった。こんなはずではなかった。。。」とズブズブと泥沼に沈んでいくような時期を出来るだけ早く抜け出さなければなりません。
そうでないと、間に合いません。


そして、観念論、屁理屈は後回しにしましょ。
実践あるのみ。
絵に描いた餅は無意味です。

ーーー追記ーーーーーーーーーーーー
以前にも紹介させていただきましたが、リンクさせていただいているske3888さんのブログに、訂正と補足【障害者の犯罪率】について という題の記事があります。
ske3888さんのブログは、その考察の深さにいつも脱帽しています。

一般健常者の犯罪率と精神障害者及び精神障害の疑いのある者(警察では、「精神障害者」とは、精神分裂病者、中毒性精神病者、知的障害者、精神病質者及びその他の精神疾患を有する者を言います。)の犯罪率について述べておられます。

ありがたいです。
障害者の犯罪がおこる率が低いことがわかります。

心を強くもって、わが子をサポートしてやりたいですし、身近に障害者、障害児が居ない人達にも、そう知ってもらいたいです。

久々は、 「障害児と生きる日常(58953)」

久々に次男を追っかけて歩きました。

母、まだ鼻声です。

鼻をズビズビいわせています。







次男は、ルンルンのご機嫌です。
なにより、なによりです。

母、ボーとする 「障害児の親として(10946)」

長男は、昨日、家に泊まりました。
花粉症なのか、風邪か不明です。
熱はないのですが、シンドイそうで、お粥だけを食べて、居間にふとんを敷いて寝ました。

今朝、外を見たら、雨が降っていました。
いつもならウォーキングをお休みにして、PCにDVDを入れて体操をします。
長男の様子を見に行くと、死んだように寝ていました。
これは、ヤバイです。

そぉーと、次男の寝室に行くと、次男は、”さぁ、起きよう。。”という時でした。
「次男くん、お兄ちゃんがシンドイから、寝てるから、静かにしてあげよう。
今日は、7:00までベッドに寝ていよう。」
と説得しました。
次男は、「はい。。。」と言いました。

そう言いましたが、本当に、意味がわかっているかは疑問なので、しばらく、次男のベットの横の床に寝ていました。
次男が二度寝したのを確認してから、自分の部屋に戻りました。

7:00に起きて、長男に声をかけて、起きさせて、朝食をみんなで食べて、次男はデイサービスにルンルンの様子で出かけて行きました。
今日も、赤い傘をさして行きました。


どうやら、長男の風邪は私にも移ったようで、今度は私が喉の痛みと咳でゲホゲホです。
鼻もズルズルです。
鼻にティッシュを詰めて、マスクをして、マンションの管理組合の総会に出席しました。
帰宅して、本当は、1000円カットのお店に行きたかったのに、気力が湧いてこなくて、再びベットに戻りました。
髪の毛が伸びると、私はクセのある髪なので、もう好き勝手な方向にハネテしまって、ボサボサです。
カットしてもらわないといけないのになぁ。。。。

なんだか、わけのわからない短い夢をたくさん見てしまって、スッキリしなくて、頭がボーとしています。
頭の中にオカラみたいなのが詰まっているイメージがあります。
ああ、不愉快です。

次男は上機嫌で帰宅しました。
除湿器を衣類乾燥モードに切り替えて、雨で濡れた運動靴を上に置いて、乾かす段取りにしています。
連絡帳を見ると、午前の音楽プログラムも、午後の絵を描くのも、楽しんだようすです。
親の体調が悪いとき、デイサービスって本当にありがたいです。


お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/


マダガスカル2-髭シェーバー 「障害児と生きる日常(58953)」

次男と約束していたので、映画「マダガスカル2」を見に行きました。
昨日、インターネットで上映時間を調べて、インターネットでチケットを購入しておきました。
こういうの、本当に助かるサービスです。
次男が小さいころは、なかったサービスです。
便利になったなぁ。。。。と思います。
私が良く行く劇場は、TOHO系で、インターネット購入時に席も選べますから、前に席がない場所を選ぶこともできるわけです。
足をブラブラさせる人を連れて行くときは、はそういう席がいいですね。
次男は、大丈夫ですけどね。
時代を味方につけたいです。

もちろん、映画が期待ハズレで、退屈してしまったら、サッサと劇場を出ます。
周囲に迷惑になってはいけませんし。
障害者割引は、そういう意味だと思っています。


今日、次男と行った映画「マダガスカル2」は、松竹系で公開です。
インターネットでの購入サービスをしていない劇場もあります。
今日の劇場は、席の前後の間隔が旧サイズでした。
足の長い人には窮屈な空間でした。
次男は、ちゃんと座っていましたが、窮屈そうでした。

映画は楽しめました。
一瞬?あるいは5分?、眠くなって、私の記憶が途切れているところがあります。
場面がつながらないです。(ーー;)
タハハ。。。

次男は、TVで「WALL・E/ウォーリー」の予告を見て、「いや!行かない。」といいました。
「マダガスカル2」は「うん!」と言いました。


ほとんどしゃべらない次男ですし、質問者の求める答えを探ってそれに合わせようとする傾向もあるのですが、見たい映画、見たくない映画はハッキリわかったようで、よかったです。

映画の後、家電店に行って、髭シェーバーを買いました。
就職したときに、職場で、髭シェーバーをプレゼントされていて、職場に置いています。
お兄さんのようなスタッフが髭のそり方も指導してくださって、ニコニコしている次男の写真があります。
次男の髭は、家では剃らなくて良いくらいに薄い髭でしたが、最近はちょっと。。。。
ヤバイです。

で、自宅用に1台購入することにしました。


売り場に行って、担当のお兄さんに次男を紹介して、「この人の髭に合うものを薦めてください。」とお願いしました。
すぐに、「知的障害がある」とわかったのか、店員さんは、私ばかりに説明していました。

お薦めの商品の中で、比較的安価なものを選びました。
使ってみて、肌に合わないときは、別のものをまた買うしかないでしょう。

次男は、売り場のお兄さんの説明をじっと聴いていて、レジカウンターでは、自分の財布からお金を出して渡そうとしていました。
映画を見た後で、思い立って、シェーバーを買うことにしましたので、次男は、少しのお金しか持っていませんでした。
レジカウンターの店員に次男が出したのは、1000円札でした。

しまった!

次男に、10000円札をもたせてやっていれば、次男は自分で支払うことができたのに。。。
失敗しました。
残念です。


どんな可愛い子も髭が生えるようになります。
次男も、こんなに可愛かったのですよ。


あ~~ら、うちの子のほうが、もっと、もっと、可愛いわよ。

と、思っておられるあなた!
可愛い時代に全力を尽くしてくださいね。
可愛いは最大のツールです。
チャンスがいっぱいです。
でも、あっと言う間に過ぎちゃいますよ。(^_^)/~
ガンバです。

これは、今の次男です。


帰宅して復習。
「マダガスカル2」のHPにゲームがあります。

2代目ミッキーのデビュー 「障害児と生きる日常(58953)」

2代目ミッキーがデビューしました。
次男が、手に持っています。



2代目ミッキー、よろしくね。
次男と10年という時間を過ごした初代は、捨てるのは忍びないので、袋に入れて机の中にしまいました。
ご苦労さまでした。



これは、おやつの中華ポテト

サツマイモを油で揚げて、飴にからめます。
注:中華ポテトは、飴がカリカリです。
大学イモとは別だと思います。


久しぶりにツアートラック画像(少し前に、 MISIAのツアートラックが停まっていました。)





14,5台あるようです。
大がかりなステージと聞きますものね。
いいなぁ。。
こんなに近くにいるのに、数えるほどしか入ったことがないです。

ミッキーを供にして 「障害児と生きる日常(58953)」

これは、次男のウエストポーチにいつも入っている、ミッキーです。


いつの間にか、カツラ(?)が取れてしまって、ツルッパゲのミッキーです。
次男が小学5年生から持っています。
そのころ、次男を針治療に連れて行っていました。
自閉症、知的障害、脳性まひに良い効果があると評判の鍼灸院でした。
次男はとても気持ちよい様子で、施術の間、本当にグーグーいびきをかいていました。
施術が終わって起こされると、とても気持ちよい顔で目覚めました。
その帰り道の歩道に、このミッキーが次男を待っていたように、落ちていました。
キーホルダーのようで、チェーンが切れていました。

次男は、運命を感じたように、両手で大事に抱いていました。
ちょっと迷ったのですが、もらってしまいました。
もとの持ち主さん、ごめんなさい。

次男は、このミッキーをとても大事にしていて、友にしてきました。
初めて、自分で、電車の切符を券売機で買った時は、このミッキーの手でボタンを押していました。
初めて、次男を見失ったときは、このミッキーを供にして、一人で電車に乗って帰宅していました。
どこに行くのも一緒でした。

ほぼ10年が過ぎました。


もう、ミッキーを引退させてやろう。。。と思いました。
ツルッパゲになっているし。。。

次男に、ミッキーをウエストポーチから出してやろうと提案しましたが、次男は、私の手からミッキーを取り返して、また。ウエストポーチに戻しました。

そうか、まだ、必要か。。。。
一人では心細いか。。

それにしても、ツルッパゲは可愛くない。。。(ーー;)

ウエストポーチに入る小さいサイズのミッキーを探してきました


明日、お供を交代してもらうように交渉しようと思います。

じつは、ガールフレンドもいます。

春近し 「障害児と生きる日常(58953)」

春なんだなぁ。。。と思います。

朝のウォーキングで、桜の花が咲いてます。
まだ、桃の花も咲いてます。

川の中で魚(鯉?フナ?)がドボンと大きな音をたててジャンプします。
時々、人間かぁ?と思うような大きな音と水しぶきが上がります。
巨大魚?ひょっとして、誰か泳いでる?

5:32


5:44


6:00 次男の小さい後姿があります。



写真が撮れるくらいに景色が明るくなってきました。

次男の韓国旅行のために、保険の書類に記入しました。
本当に、連れて行ってもらえるんだなぁ。。。うれしいなぁ。。。
本人よりも、母が感激しています。

障害程度区分認定の更新の書類が届いて、記入しました。
「これまでと同じ福祉サービスを希望します。」の欄にチェックをいれました。

次男は、本来の能力はかなり低いですが、(何せ、いつ訊いても正解なのは、名前くらいだし。年齢は時々、怪しい。。(ToT)トホホ)福祉サービスとサポーターのおかげでかなりうまく生活していると思います。
ありがたいです。
福祉サービスが使えるように認定を受けていても、次男にとって適切なサービス提供者と巡り合うことがないと、使えないわけです。

巡り合うって、奇跡に近いことだと思います。
その奇跡をいくつも手にしている次男です。
ありがたいです。



障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

ボスがいなくても 「障害児と生きる日常(58953)」

今日は、作業所に行く日だった次男は、スピースピーと寝息を立てて気持よく眠っている。、


作業所との連絡帳を見る。
連絡帳というほどでもなくて、メモ帳という感じ。
なんともなければ、記述はない。
記述がなければ、順調という意味。

今日は、ボスが出張だったとのこと。
指導員の方が、書いてくださっていた。
「指示に従って、作業している」とのこと。


よかった。
怖い人がいるから「いい子ちゃん」ではいけないし。
私は、軍手をして、ネジネジ、クリクリ、という「地味な作業をきちんとする人」になることがとても大事だと思っている。

いや、どんな仕事でもいいのだけれど。
まじめに取り組むことが大事なのだと思う。

せっかく健康に生れてきたのだから。
体を使って働くことが大事だと思うし、最高の贅沢なのだと思う。

施設区分別データ
HPをもってられる作業所もたくさんあります。
住所も載っています。
電話番号も載っています。

学校から促される前に、保護者がボランティア活動に行って、お手伝いされて、どんな作業ができると、「作業所で働く人」になれるのか、知っておいてください。

知ると、毎日の生活が違ってくると思います。
作業所の作業の先に、「就労」があると思います。


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

今朝は大丈夫 「障害児と生きる日常(58953)」

昨日の朝は、いつもより早く家を出なければならなかった。
なんだか、バタバタで、私のお弁当を途中まで作ったのに忘れてしまうし、次男のオヤツを用意するのも忘れてしまった。

長男にメール、「家に寄った時に、次男になにかオヤツを渡してほしい」
了解の返事はなかったけれど、帰宅してゴミ箱を探ると、鈴カステラを用意した模様。

おお、お兄ちゃんサンキュ。
帰宅したときに、なにかあるとうれしいものね。

今朝は大丈夫。

いつもの調子。

朝は大事だわ。





オヤツとは言えないオヤツ、スパゲティー・ミートソース

ちょっと、ヘンだよー (>_<) 「障害児と生きる日常(58953)」

次男は、今日も地域活動支援センターのデイサービスに行きました。
ルンルンの様子で出かけました。

朝も機嫌よかったです。

毎朝、たいへんね。。。と思ってられるお母さんが多いと思います。
たいへんではない。。。。とは言いませんが、なんと言うか、これは、自閉症で、知的障害がある成人した息子に、「お母さんは、君を応援してるよ!」と、伝えるには、とても効果的な方法だと思います。

次男は、言葉で説明しても、理解できる人ではありませんしね。



準備体操を終えて、記念撮影(?)をしたら、見えるのは、小さい後ろ姿だけですけどね。
肩がウキウキしています。
次男の後ろ姿から察するに、次男は、鼻歌を嬉しそうに歌いながら歩いてますね。


♪一本でもニンジン♪
♪二足でもサンダル♪

とかね。。。。
次男くん、ちょっと、ヘンだよ (>_<)

マンションの管理組合の理事会 「障害児の親として(10946)」

今日の夜に、マンションの管理組合の理事会あります。

22日は、定期総会です。

息子達も成人してますから、逃げようがないので、引き受けることにした理事です。
各フロアーごとに1人ですから、いずれ廻ってきます。
今までやらなくてよかったのは幸いです。

いつもより早く職場を出させていただくことが必要なのですが、それは、運まかせなんですよね。。。。(~_~;)

息子達が、私の知らないところで、誰かに迷惑をかけていないか、探ってきます。(~_~;)



今日のオヤツは、フレンチトーストです。
次男くん、「OK!」だそうです。

デイサービスでオヤツ 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、今日もニコニコの様子でデイサービスに行きました。
スッゴイ雨が降る中を意気揚々と出かけていきました。
次男には、地の利があります。
通うことが出来る場所に通わせたい場所があります。

2:00から美術教室です。
教室を見に行く前に、デイサービスの指導員さんが製作中のHPを見せていただきました。
可愛いイラストがイッパイです。
誰の絵かなぁ。。。。可愛すぎる気もするがぁぁぁぁ。。。

おもしろいなぁ。。。。
と、HPを見せていただいている間に教室が終わっちゃいました。

(>_<) アジャジャ

次男が、2階で行われている教室が終わって1階に降りてきました。
デイサービスのメンバーが作ってくれたオヤツを負いしそうに食べているところを、パチリ!


2階に行ってみると、ボランティアのお兄さん達が机や椅子を片付け終わっていました。
いつもありがとうございます。m(__)m
次男達は、人にも恵まれています。
ありがたいです。


お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/

赤い傘 「障害児と生きる日常(58953)」

今朝、ウォーキングの途中から雨が降りたした。


次男が出勤する前に、
「新しい傘を3本買ってあるよ。何色を持っていくの?。」と訊くと、


「赤!」と答えた。

ありゃ。お母さんが赤い傘を持っていくつもりだったのに。。。



次男は赤い傘をさしていった。
今日の次男のフリースは縞模様だけれど、最近、次男は、よく赤いものを着ている。

もともと、赤が似合うなぁ。。。と思ってはいるのだけれど。

赤い傘をさして出かけるのは、初めてじゃないだろうか。

「赤い色の物を持ちたいと思う次男」て、好きだけどね。
何と言うか。。。赤という色は、」気持ちが弱っているときは、持ちたくない色だと思う。

自閉症の次男は、「落ち着きがある」わけではないけれど、「超多動」というわけでもない。

状況が飲み込めないと苦しくて、「マサイジャンプ」をしているし、「訂正」を受け入れるのが苦しくて、テンション高めに「違うの。違うの。」と声に出して自分に言い聞かせているときもある。

それでも、基本的に生命力の弱い、軟弱なイメージがある。

その人が、「赤」を求めるって、いいじゃない。(^-^)


赤の連想イメージは、
再生、活気、自己主張、情熱、野蛮、怒り、革命


効果は、
気持ちを前向きにし、行動を能動的にする働きがある。
赤は人の心理的体感温度を高める。
自律神経を活発にし,自己治癒力(傷)を高める。
気分も高揚させる働きを持つ。

   

ニュースより-バス運転の引率者に有罪 「障害児の親として(10946)」

昨日、こんな判決が下されて、私の心臓が冷たくなった。

 東京都練馬区の東京外環自動車道で2007年、少年サッカーチームのマイクロバスのドアが開き、小学5年男児が転落し死亡した事故で、バスを運転し自動車運転過失致死罪に問われた引率者の引地功一被告(34)に対する判決が11日、さいたま地裁であった。田村真裁判長は禁固1年6月、執行猶予3年(求刑禁固1年6月)を言い渡した。
 同裁判長は引地被告がドアをロックするか、ドアレバーを「手動」から切り替えるかしていれば「児童が転落することはなかった」とし、同被告の過失を認めた。
 また、児童らが思わぬ行動を取る恐れのあることや、ドアステップ内に入った者の体が容易にドアレバーに触れる構造を挙げ、「結果の基本的部分を予見することができた」と指摘。「児童の転落は予見できなかった」とする弁護側の無罪主張を退けた。 


息子たちが小学生のころ、私は、よく、次男の同級生達、長男の同級生達を引率して出かけた。
自閉症で、知的障害のある次男を知ってほしかった。
仲良くしてほしかった。
次男の同級生達を、次男のサポーターに育てたかった。

「習うより、慣れろ」だと思った。
楽しい時間を過ごしてもらうことで、子供たちの中に、「(障害児の)次男くんと一緒にいても楽しいじゃん!」と知ってほしかった。

学校の近くの公園に、大型の遊具があって、滑り台、ブランコ、ジャングルジム、ネット登りなど楽しんだ。
大人の介入があると、次男も子供たちも不都合がなかった。

映画館に行く時は、いつも数人を引率していった。

小学1年から6年まで、誕生日パーティーをして、電車に乗ってファミリープールへ連れていって、レンターカーを借りて遠出するのは、大学生のお兄さん達、お姉さん達にボランティアで付き合ってもらった。


ボランティアの大学生の人数、能力は申し分なかったが、子供たちが事故がなく、それぞれのお家に帰るまで、私は、緊張していた。

当時は、まだ結婚していて、毎回、元夫に嫌味を言われていた。
「事故があったときは、俺は知らない。巻き込むな。」
もちろん、元夫は、参加しないし、お金の援助もなかった。
早々に、「この人には障害児の親になる才能がない。」と判断していたので、すべては私が手配して実行したことだった。


よく、「天才は、99%の努力と1%の才能」と言われる。
きっと、そうなのだろう。
近しい人に“天才”がいないので、確かめたことがないけれど。。。

障害児の親は、まず「1%の才能」がなければ、「99%の努力」が成立しないように思う。
これは、確かな実感。



子供たちのお母さんたちに、「事故が起こらないように、最善をつくすけれど、とっさのときの判断は任せてね。」とお願いした。
お母さん達は、全員、快くOK!してくださった。
もし、事故が起こっていれば、学校で次男の居場所がなくなると覚悟を決めて実行していた。
私はそれほどに必死だった。


私が子供たちを引率するときに、事故がなくてよかった。



最善を尽くしても、「事故が起こる可能性は0%ではない」と思っていたが、どうしても、試してみたかった。
賭けてみたかった数年間だった。

「次男くんといると楽しい!次男くんと同じクラスになってよかった!」と毎年の同級生達に思ってほしかった。
親の介入が許されるのは、小学校の間だけと思っていたので、小学生の間に全力を尽くしたかった。


私が子供たちを引率するときに、事故がなくてよかった。



我々には、神仏の加護があったのかもしれない。
この少年サッカーチームには、それがなかったのだろうか。


違いはそれだけだろうか。


いや、あの当時、私たちの周りにいてくれた人達が素晴らしかったのだと思う。
可愛い子達ばっかりだった。
素敵なお兄さん達、お姉さん達ばっかりだった。
同級生のお母さん達にも優しくしていただいた。

なによりも、「おお!やろう!やろう!」と言ってくれる盟友達がいた。
この時(子ども達が小学生の間)を逃がすな!と想いを同じにしてくれる人達がいた。
ありがたかった。

パスポートを受け取ったそうです 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、昨日は、ボスの妹さんに付き添っていただいて、パスポートを受け取りにいったそうです。

帰りはいつもとは別のルートで帰って来たのでしょう。
次男くん、自分で署名もさせてもらって、ウキウキ気分だったことでしょう。
申請書類の書き込みも、代筆もできるようですが、出来る範囲で次男自身に書かせました。
パスポートは、今日、旅行会社に持っていくので、預かってもらったそうです。

うれしいな。。。
次男のパスポート、見たいなぁ。。

長男は、卒業旅行でハワイに行く時にパスポートを取りました。
見せてもらったかなぁ。。。
見せてもらってないかもしれません。

次男も長男と同じような年齢で海外旅行に行く機会にめぐまれるなんて、うれしいです。
親の私は、働くことだけで精一杯で、気が廻りません。
それを、職場から連れていっていただけるなんて、ありがたいです。
職場で、ますます、精一杯の頑張りを見せてほしいものです。

4月に行くそうです。(^^)v

準備体操を終わって、5:33


帰宅するのは6:10頃です。
既に朝になっています。
最近までは、同じ時刻でも、夜のままでした。
ウォーキング、ジョギングする人の数が増えてきました。

今日のオヤツは「ホットケーキ」です。
前夜のビーフシチューの残りとか、オヤツとは言えないものが続きました。
今日は、オヤツらしいオヤツです。(^^)


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

オリジナルの鼻歌 「障害児と生きる日常(58953)」

次男はコマーシャルソングやTVドラマのセリフを繰り返し言って、歌って、やがてオリジナルになります。

今日は、

パピペピ♪パピペピ♪パピペピー♪

と歌っています。
鼻歌が出るほど、毎日の出勤が楽しみのようです。

有難いです。

次男くん、事務所では自分から仕事を探して、動きます。
自閉症にはとても難しいことだと思います。
それに挑戦させてもらえる環境の職場を得ることは、なかなか無い幸運だと思います。

5:34


朝食の後、母は、夕食の下こしらえをします。
その間、次男はPCで遊んでいます。
カフェオレを2ついれて、「次男くん、朝の写メールをプリントしてあげるよ。」と言うと、PCを代わってくれます。
プリントした、画像を日記帳に貼って1,2行のコメントを書くと、食器を洗ってくれます

幼児期は、長男、次男とも、お腹が弱い子でした。
学校でしか牛乳を飲んでいませんでした。
最近、家で温かいカフェオレ(牛乳を温めてインスタントコーヒーと砂糖を加える)を飲むようになりました。
牛乳がそんなに好きじゃないのにスクスクと大きくなりました。
チリメンジャコのおかげでしょうか。





次男は、家でとても役に立つ人です。
私がボケボケのヨワヨワになる前に、ケアホームに入所させたいです。
私が歳をとりすぎて気弱になったら、手放せなくなると思います。


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
障害者があたりまえに働けるニッポンへ ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR