FC2ブログ

言葉を失うことなく 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、ルンルンで出勤しました。

先週はご迷惑をかけてしまったので、今週は挽回してほしいものです。
次男なりに、「この場所を手放すまい」と思うところがあるのでしょう。
とても居心地が良い職場です。

学校から行先を探してもらったならば、次男は、就労レベルではなくて、作業所、更生施設が順当であった人です。
何せ、初対面の人とは、会話が成り立たない人ですから。


誰か、障害者を雇用しましょう。。。さて、お見合いをしましょう。。。
から始まったのであれば、次男の使い道は見えてきませんでした。

で、作業所に通所したとすると。。。。

よく、聞くのですが、

以前から言語の少ない人が作業所に通所すると、ますます会話しなくなる。。。。


指導員さん達が、言葉を介さなくても不自由がないように、円滑に作業が進むように設定してくださるからなんでしょうね。
ありがたいことですが、せっかく獲得した言葉を使わなくなるのは、惜しい気がします。

次男は、火曜日ー金曜日は、次男以外に障害者がいない職場で働きます。
極端に会話力の低い次男が、高等部卒業後も言葉を失わないでいられるのは、恵まれた環境にいるからだと思います。
ありがたいです。
毎日、ルンルンの様子で出かけて行きます。
ありがたいです。

5:35

女性の仮面ライダーもいたのね。 「障害児と生きる日常(58953)」

土曜日、日曜日の夜は、長男が訪ねて来ている事が多い。
オヤツ持参で、TV鑑賞にやってくる。
奴のワンルームマンションにはTVがないらしい。
PCは、古いiMacを持っていっている。
OS9.2かな。
インターネットにつないだとのこと。

昨夜は、懐かしのアニメーションの初回放送の一場面、最終回の放送の一場面を特集している番組があって、次男は、入浴後、ベットの中から、長男と私はリビングから見ていた。

次男、長男、母親がいっしょに見ることが出来るものって、アニメーションになりますね。
でもま、そういう共通項があることだけでもラッキーですね。(^^)

仮面ライダーの初期はお母さんが子供の頃に見てました。
中期は、息子達が見ていました。

2000年以降のライダー達には、「ほぉー、へぇー」と感嘆しました。
あの人も、ライダー出身だったのかぁぁぁ。。。
ええ~~!?劇場版で女性ライダーが一人いたそうです。
長男は知っていたそうで、長男くん、きみ、意外とマニアックやなぁ。。。

ごく最近の仮面ライダー役のお兄ちゃんたちは、ジェンジェン知りません。
その辺にいる”兄ちゃん”にしか見えません。

オバサンは、世の中についていけません。


アルプスの少女ハイジはいつ見ても可愛いわ。(^^)

私は先に寝て、長男は、深夜に帰りました。
次男は、TV番組の途中で眠りに落ちました。


これもけっこう幸せな生活です。
ありがたいです。


いつまで、こういう生活の形ができるのかなぁ。。。
10年続いたら、続きすぎです。
5年でも、長すぎだと思います。

ヌクヌクし過ぎて、息子達を手放す機会を失わないように、気をつけなければなりません。

そう、念じています。

次男くん、定時に出かけました。
今日は、「作業所で体をシッカリつかって働く日」です。
ルンルンで行きました。


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

ドラム叩いた? 「障害児と生きる日常(58953)」

デイサービスでは、

ドラムを叩いてゴキゲンだったようです。
リズムは合っていたのでしょうか。

訊かぬが仏ですね。(~_~;)

日曜日のデイサービスは、”完全余暇”だと思います。
そういう日があってもいいと思います。

カレーライス、サラダ、バナナ、を食べたそうです。
次男は、バナナは家では食べません。
「デイサービスでバナナ食べたの?」と訊いてみたところ、「はーい!」という返事です。

フン。なんなのさ。

土日は、6:00前後に夕食を食べますので、軽いオヤツにします。



蒟蒻畑とかね。
低カロリー、咀嚼を促す弾力。
私は好きだなぁ。
息子達も好きな様子。



1歳の坊やに凍らせたこんにゃくゼリーを与えた人。
87歳の半身不随の老女にこんにゃくゼリーを与えた人。

言わずもがな。言わずもがな。(+_+)

その上、提訴ですって。

亡くなった人が気の毒です。
冥福を妨げられるような気がします。

がっかりするニュースです。



朝、食器を洗う次男です。




予習は大事 「障害児と生きる日常(58953)」

先日、映画「マダガスカル2」を見に行くと表明した次男です。

インターネットで何を見ているのかなぁ。。




おお!
公式ページで予習してますか。

知的障害者を決して侮ってはいけません。


今日は、朝のウォーキングも休ませようと思いました。
昨夜は、私は、自分の寝室で寝るのはやめました。
次男がいつものように超早起きするのを阻止すべく、居間に掛けフトンを持って来て寝ていました。
次男は、そーっと様子を見に来ては、ベットに戻りました。
「7:00までベットでヌクヌク寝ていよう。」と言うと、「はーい」と返事しました。
次男の体調をしっかり復調させたいと思いました。

これは、今朝、ふたりで買いに行った靴です。



最初は白のデザインを選びましたが、次男のサイズが売り切れていました。
次男くん、この説明がわかるっかなぁ。。。。と危ぶみつつ説明すると、理解したか、どうかはわかりませんが、次男は次にこれを選びました。

次男は、新しい靴を履いてみて、売り場を一周してみて、ニタリとしました。
「痛くない?」と訊くと、「痛くない。」と返事したのでこれに決まりました。
サービスカードで値引きしてもらって、2193円でした。
次男が、自分のサイフから、丁度の金額を払っていました。

いつものことだけど、なんだか感動しました。

これが出来るようになるために、小学校の高学年からは、算数の授業は「抜き取り」にしてもらって、養護学級で養護担任とマンツーマンで向き合うことを選んだのです。
正解だったと思います。
立方体の体積や、三角錐の表面積を求めるよりも、生活に役立つことを選びました。

いつか、ひとりで靴を選んで、サイズを店員さんに指示して出してもらうこともできるようになるかもしれません。
諦めなければね。
じっくりいきましょう。

次男の人生は長いです。
あと50年ほどあるでしょうか。
それを”長すぎる”と感じさせたくないです。

その後、アンダーシャツを買って、1980円を支払うときは、1000円札を2枚を迷いなく出していました。

次男は、2000円と言う金額を2000円以上からも以下からも把握しているのかもしれません。


”このおばさんは、なんで、そんなことにいたく感動してるんだろう。。。”と思っている人もいるでしょう。
いいのよ。
ほっといて。(>_<)

クリンもだん美術教室-ボランティアさんは大忙し 「障害児と生きる日常(58953)」

2:00からは、クリンもだん美術教室です。
講師の石井先生はもちろんですが、ボランティアさん達も受講生達の様子に気を配って下さいます。
だから、あっちを見て、こっちを見て、大忙しです。














う~~~ん。妖怪め。


お寿司が出来つつあります。
楽しみですね。


クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/

心意気はいいのだが。。。 「障害児と生きる日常(58953)」

次男は、今朝も出勤する気満々で、ウキウキしている。

今週は、体調が良くないまま過ごしてしまった。
昨日は、昼食後、早退してきた。

何回もトイレに行って、下痢をしているらしい。。。とのこと。
職場でジャマになるのはよくない。
って、絶対ダメだよ。(>_<)

ボスに電話をかけて、「次男は、本当に、お役に立ってますでしょうか。」とお聞きしたら、「立っています。」とのこと。

ありがたい。m(__)m

私が帰宅すると、お腹が空いたのか、オヤツに作っておいたサンドイッチを温めて食べていた。
生姜蜜(生姜、黒糖、ハチミツ)を湯でわって、すすめるとおいしそうに飲んでいた。


長男が次男の様子を見に来てくれて、そのままいてくれた。
長男は、流通関係の夕方から深夜?にかけての勤務らしい。

仕事は?  と訊いたら、「今日は休み。」と返事した。

長男が近くにいてくれて助かるけれど。。。。いかんなぁ。。こういうことでは。(>_<)


今朝、5:00に、次男に、「今日は、トレーニングを休んで、ベッドでヌクヌク寝ていよう。」と言いにいったら、既にトレーニングウェアに着替えて、体操をしていた。





アジャ(>_<)

食欲、元気も充分なので、出勤してもいいし、止めようもない。
だけど、昨日も朝は問題なかったんだよね。

今日はなんとか踏ん張って、皆さんのジャマにならないように、仕事してほしい。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
次男の職場から、「着きましたコール」あり。
嬉しそうな声。

朝、体操していた次男は、私を見ると、「お母さん、余計な事を言わないで」オーラをメイッパイに出した。

”次男くん、お腹、大丈夫?痛くない?仕事を休んでいいよ”みたいなことを言ってくれるな。。。。というオーラ。

次男はどうしても出勤したかったのだ。
スタッフが次男の携帯電話に代わって出てくれて、「パスポートを受け取りに行く予定ですが、書類をもたせて下さいましたか。」と言われた。

へ!

きっと、連絡帳に書いてあったのだ!
私は見落とした。
”次男が何度もトイレに行って、早退してきた”だけで、頭がイッパイになってしまって、他はまったく気がつかなかった。。。。

ガァーーーーーーm(__)m
すいません。
もうしわけないです。


帰宅すると、次男はベットの中でヌクヌクしていた。

母:次男くん、今日はどうだった?お腹痛かった?痛くなかった?

次男:痛かった。

母;痛かったかぁ。。。

次男:正露丸、3つ飲んだ。元気になる。

母:え!正露丸飲んだの!

次男:飲んだ!元気になる!


次男にしては、頑張って話したと思う。
”言わなきゃいけない。”と思って、待っていたのだろう。

無料コンサート--チラシをもらったので 「障害児の親として(10946)」

3/14に入場無料のコンサートがあります。
次男は、デイサービスがある日なので、デイサービスにいきますが、もし、なにか、イベントがないかなぁ。。。。と探しておられる人がいたら。。。。と思ってお知らせします。




映画もコンサートも入場無料のものを探して”経験”を積まれるといいですよ。

子どもが、ちゃんとおとなしくしていられない時は、サッと外へ出ましょうね。
いくら無料でも迷惑をかけすぎるのは、よくないです。
でも、最初からうまくいくはずはないです。
お子さんが、少しでも小さいうちに、お母さんが少しでも若いうちに、お母さんの腕力が子どもよりも強いうちに、たくさんの場面をこなしてくださいね。(^_^)/~


次男は、TVで、映画「マダガスカル2」のPVを見て、ニタリとしたので、「マダガスカル2 を見にいく?」と訊いたら、「いく!」ですって。

了解!!(^^)



朝が明るくなってきました。 「障害児と生きる日常(58953)」

ウォーキングしていると、だんだんと明るくなってきました。
寒くなくなるのは嬉しいです。
花粉症がないと、もっと嬉しいです。(>_<)

5:33



6:10


オヤツ:ハンバーグと炒めたキャベツのサンドイッチ
レンジでチンすると、ホットサンドイッチになります。(^^)v

福祉サービスの更新申請書 「障害児と生きる日常(58953)」

福祉サービスの更新申請書が何日か前に届いていました。
なかなか書き込めませんでした。
夜、帰宅すると、グッタリで。。。。
気力がないと手で書けません。

朝、頑張って書こうと思いました。
オヤツのポットケーキを焼きながら、トットコ、トットコ書いていきました。
添付するべき次男の年金証書をコピーして、預金通帳をコピーして。。。
親族(私)の通帳のコピーも必要です。

イヤなら、「預金は一切ありません!」て言ってもいいのかもしれないけど、支援があるのは、やっぱり有難いから、協力できるところはすべきでしょう。。。。

だけど、金額が思いっきり侘しいから、見せるのがイヤなんですよ。トホホ。。。

これ見た職員は、「オバサン、いよいよ歳とったら、ノタレ死んじゃうよ。。。」って思うんだろうな。。。


ええい、ままよ!


次男くんは、結構お金持ちです。
次男の独立資金は、全額次男の稼いだお金で用意してほしいです。
できると思います。
それって、カッコイイ!!と思いませんか。

桃の節句なので 「障害児と生きる日常(58953)」

3月3日なので、オヤツはチラシ寿司。。。。て、よく作ってるじゃん。
なにせ、レパートリーが少ないもんで。。

でもま、せめて、小海老をいつもより大きいサイズにして、錦糸卵をたっくさん散らして、桜色のでんぶもチョイチョイと飾ったしさ。
雛アラレもつけたからさ。。。



次男くん、フフン。。だって。

彼が中学校の養護学級で作ったひな人形を今年も飾った。




次男は、昨日の朝よりも、今朝は、ニコニコ、ルンルンの様子。
この人なりに、居場所のある幸福を知っているのかもしれないし、それを離すまい。。と思うところがあるのかもしれない。

今週も、自分の仕事を探すように小まめに動いてほしい。
自閉症で、知的障害(私は、“知恵遅れ”という言い方に抵抗はないのだけれど、世間は違うらしい。)のある次男が、場所によって職種によって求められる働き方が違うことを、把握してることは、スゴイことだと思う。

次男は、若いうちに、よい経験をたくさんさせていただいている。
ありがたいです。


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!



祝!開設--どようくらぶ公式ブログ 「障害児の親として(10946)」

どようくらぶ公式ブログ


やっと、作ってくれました!!

きれいで、明るいブログです。
頑張ってくださったリーダーさんは、誰かな?
ありがとうございます。

続けてね。
釘を刺すオバさんでごめんね。(~_~;)



次男は、小学生のころからお世話になっています。
中学生になると、「もっと どようくらぶ」にも参加させていただきました。
今は、「もっと どようくらぶ」だけにしています。
明日、次男のグループは、「神戸、南京街」にお出かけです。

今朝も「神戸!!」と言っていました。
毎年、この時期を楽しみにしているようです。

あら!次男が写っている写真も載っていますね。
集合写真なので、表情まではわかりませんけどね。
いーじゃん!!かっこいいじゃん、次男くん。(親バカ)
家に帰ったら、みせてやることにします。

もっとどようくらぶ--南京町-ハーブ園 「障害児と生きる日常(58953)」

同年代で出かけると、家族とでかけるのとは違う楽しさがあると思います。

リーダーさん達、いつも、ありがとうございます。
がんばりすぎないでくださいね。(^_^)/~

今のリーダーさん達が結婚したり、職場で責任が重い地位になったころが、心配なんですけどね。
次男達が30歳、40歳になったころにもこういう風にお出かけすることができるかなぁ。。。

できたらいいなぁ。。。と思います。
心配の先取りを少しだけして、(全く考えにいれていないのはよくないので)
でも、きっと、なにか方策があると思って(心配しすぎると今が見えなくなるので)
今日を大事にしたいです。

どようくらぶの先生方、リーダーさん達、本当にありがとうございます。m(__)m

ハーブ園でお茶してるそうです。


こっちは、今朝の次男です。




頑張ると、必ずイイコトがあるんだよ。。。。って、次男に、言葉で言っているわけではないですが、
次男は、そう思っているのではないかと思います。
とても恵まれていると思います。



私、フットワークが良いほうだったかもしれません。

気になる情報があったら、とにかく見に行く。
まずは、一人で見に行く。
感触が良ければ、息子達を連れて行く。
次男からは感想を訊き出せないので、お兄ちゃんをいっしょに連れて行って、感想を訊きだすわけです。
だから、「どようくらぶ」には、長男も次男も二人とも参加させていました。

学齢期は短い期間ですから、そのうち。。。そのうち。。。と思っているいる間に過ぎてしまいます。
中学生、高校生からなにか、新しいことを始めるって、たいへんですよ。
小学生の間に種を蒔いておかれたらいいと思います。
すぐに芽が出ないかもしれませんが、ムダになるわけではありません。

習い事でも訓練でも、どんなことでも同じですが、すぐに、芽が出ないからといって、本人や先生方にギリギリ詰め寄らないでくださいね。
すぐに芽がでたら、フツーの子ですよ。(>_<)


親が動かないと、なにも始まりませんよね。
希望は、いつも、親の後からついてくるものですよね。
前にはないですよね。

どうしても、行きたいらしい。。 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、気持ち良さそうに眠っています。

今日は、作業所に行きました。
実は、昨夜、食べたものを吐いていました。
トイレに吐きに行って、少し汚しました。
私が、「あそこを拭きとって、そこをきれいにして。。」と指示しましたが、次男は嫌がらずに掃除していました。

今朝、「作業所に通所するのは、やめさせよう。。」としましたが、頑として、「行く!」と言って引き下がりませんでした。

あじゃじゃ。。。。(+_+)

私は月末月初は欠勤するわけにはいかず、次男にオニギリを作ってあげるから、お家で休んでいてと説得を試みましたが、次男は、泣くような顔で嫌がって、いつもの時刻に振り切るように出かけていきました。

長男が、次男が帰宅した後に、様子を見に来てくれて、なんともないようだと知らせてくれました。

ヤレヤレ。

体調の万全でない人を通所させるなんて、とんでもないことです。
私達は、たくさんの人達に迷惑をかけながら生活しています。
すいません。m(__)m



体が硬いのは、母(私)に似たからです。

君、今日は、休んだらどうや。。。と言う言葉は耳に入りません。

ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

ジダンの後継者は6歳の少年 「ニュース(231454)」

YouTubeに、天才的なサッカーセンスを持つ6歳児の動画が投稿され、ネットで話題となっている

というので、探してみたら、

http://www.youtube.com/watch?v=10FKWOn4qGA


ビックリ!!

マディンマホメド君(Madin Mohammed )
くるくると相手をかわすフェイントは、元フランス代表・ジダンの得意技「マルセイユ・ルーレット」というそうです。

なるほど。。。
おばさんは、サッカーがわかりませんが、うーんっと唸っちゃいました。
恐るべし。。

あら、忘れてたわ。 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、今日もデイサービスに行きました。

3:30ごろ指導員さんからTELがあり、「今日は、お母さんは来られないですか。」

と、お問い合わせ。

母:「へ・・・」

指導員さん:「午後は、美術教室ですよ。」

\(◎o◎)/!

あじゃ!! 先日、先生が出張だったので、土曜日の教室が休講になっていて、今日は、その代講の日でした。

もちろん、次男は、母が見に行かなくてもルンルン。。。というよりも黙々と美術教室の時間を楽しむわけですが。

見逃すのは、モッタイナイです。
次男は、すでに大きくなってますけどね。

よその子は、客観的に見ることが出来るので、もっとおもしろいですしね。

ヘッヘ (^^)


プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR