FC2ブログ

クリンもだん美術教室-保護者会 「障害児と生きる日常(58953)」

次男は、朝、理容院に散髪に行きました。
私もついていくつもりでしたが、出かける直前に。「次男くん、一人で行く?お母さんといっしょに行く?」と訊いたら、「いく!」と答えるので、「一人で?お母さんと?」と重ねて訊くと、「ひとりで!」と答えました。

”いつもの長さにしてください。”と、メモ紙に次男に書かせて、持たせました。

次男は、サッパリと短い髪になって、機嫌よく帰ってきました。
よかったです。(^^)

今日は保護者会がありました。
土曜日の教室以外の父兄とは会う機会があまり無いです。
土曜日の午後に皆さんの予定が開いているわけではないので、集まることができたのは少数ですが、嬉しかったです。

聖公会生野センターの呉さん、クリンもだん美術教室の大澤先生からいろいろなお話の後、次男のデイサービスでの写真をいただきました。

ドラムを叩いている次男です。


かっこいいでしょ!

親バカって、言っていいですよ。
何回でも言っていいですよ。
親バカになれるって、シ・ア・ワ・セ!(^^)v


おめでたい話
画家の大澤先生が、4月1日から常勤職員になっていただけます。
現在も常勤職員の芦田さん(大阪芸術大学卒、音楽家)と2人体制になります。
「芸術活動」の充実を目指します。

おめでたい話2
画家の大澤先生と、クリンもだん美術教室のボランティアグループ:らくがきのメンバーのfujibofujiboさんが結婚されることになりました。
おめでとうございます!!\(~o~)/

映画メモ-「隠し剣 鬼の爪」 「TVで観た映画(13060)」

隠し剣 鬼の爪


監督 山田洋次

製作総指揮 迫本淳一
製作 「隠し剣鬼の爪」製作委員会
脚本 山田洋次、朝間義隆


出演者 永瀬正敏、松たか子、小澤征悦、吉岡秀隆、田畑智子、
音楽 冨田勲


あらすじ

幕末の東北。海坂藩の平侍、片桐宗蔵(永瀬正敏)は、母と妹の志乃、女中のきえ(松たか子)と、貧しくも笑顔の絶えない日々を送っていた。やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていった。ある日宗蔵は、きえが嫁ぎ先で酷い扱いを受けて寝込んでいることを知り、やつれ果てたきえを背負い連れ帰る。その頃、藩に大事件が起きた。かつて、宗蔵と同じ剣の師範に学んだ狭間弥市郎が、謀反を起こしたのだ。宗蔵は、山奥の牢から逃亡した弥市郎を切るように命じられる…。。


愛する者の幸せを願う気持ち。
理不尽さに怒り、身を震わせながら、じっと耐える。

信念は曲げられない。
曲げられたら、ラクになれるのに。

そんな片桐宗蔵の姿は、見る人の胸を震わせる
誠心誠意に生きる者の一矢は、多くの人の想いを代弁する。


亡くなった 緒方 拳 が憎憎しい悪役を演じている。
山田組の 神戸 浩 も、もちろん出演。
障害者の俳優

府立特別支援学校が4校新設 「障害児と生きる日常(58953)」

電車の中で、建設業界の新聞を読んでいる人がいました。
見るとはなしに見ていると、「府立特別支援学校が4校新設」とあります。
建設業界の新聞ですから、ビジネスチャンスをねらっての記事です。

開校時期はいつでしょうか。

よそ様の新聞ですから、ジャマになるほどに、覗き込むわけにもいかないので、わかりませんでした。

「障害児の増加により、どの学校も超過密状態」とありました。
どうして増えてしまうのかなぁ。。。

私は、障害児、者が増えてほしくないです。

次男の存在を嫌がっているとか、否定しているのではありません。
次男がいてくれて、よかったと思っています。

それでも、障害児、者が増えてほしくないです。

次男よりも上手にオシャベリできて、ゆっくり、繰り返し体験すれば、なんでもできるであろう子が、そのまま大きくなってしまうことが多いからです。



特別支援学校が増えて、学校生活にゆとりがあるといいなぁ。。と思います。
でもそれは、障害をもたない子も同じです。



それと同時に、お勉強の得意な人にはそれを伸ばせる環境があってほしいです。
公立の小学校、中学校、高校 を卒業して、公立の大学を出て、医者、弁護士になる人が増えてほしいです。
公教育が充実してほしいです。


障害をもつ子の教育も、障害をもたない子の教育も、充実してほしいです。
その成果として、シッカリ仕事をして生活できる人が増えてほしいです。

次男には、出来ないことは、福祉サービスを利用して、出来ることは、ちゃんと汗を流して取り組む生活をしてほしいです。
今はそれが出来ていて、ありがたいです。

成果がでると、応援してもらえます。
成果がでないと、働く人が増えないと、財源がありません。

永久に「文句を言うだけ。」で終わってしまいます。

働く次男
洗濯物を干す。





新聞記事 を入手しました。

映画メモ-ゲバラ

見たい映画リスト

007/慰めの報酬-鑑賞済み
「007 カジノ・ロワイヤル」をWOWOWで見て、初めて、映画館で見たい007だと思った。
映画館まで行って大正解!!の作品。


マット・デイモン主演の3部作
ボーン・アイデンティティ
ボーン・スプレマシー
ボーン・アルティメイタム

も、よかったけどね。


007は、目にも華やか、ゴージャスですわ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マンマミーア!
楽しそうです。
ミュージカルって、どっちかというと苦手なんですが、これは見てみたい。
ギリシャの田舎で小さなペンションをひらいているっていう設定、いいわねぇぇぇぇぇ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『チェ 39歳 別れの手紙』
Che Part2 : Guerrilla

『チェ 28歳の革命』
Che Part1 : The Argentine 


明日の夕方から鑑賞予定。
私達の住む地方では、毎月1日はチケットが1000円なのです。

親孝行な長男が留守番に来てくれます。(^^)vムヒヒ
問題は、私の体力、集中力です。
2本見るのですから。

8年の歳月をかけて、いくら世界中で知られているゲバラの映画とはいえ、全編スペイン語の映画をハリウッド映画として制作できたことは、たぶんスゴイことなのだと思う。
8年前は、まだブッシュ大統領の任期がはじまったころで、その支持率も高かったはずで、その時期にキューバ革命の立役者の映画を作ろうとした製作者の想いは想像出来ない。


こちらが本物


演じるのは、


以前、メキシコ人の俳優が同じくゲバラを演じている映画があったけれど、見に行かなかった。
ベニチオ・デル・トロなら、見るべし。見るべし。


キューバ

キューバでは、カストロ議長の「アメリカに半植民地にされたのはアメリカのプロパガンダを国民が見抜けなかった」という考えから、教育に国を挙げて力を入れている。初等教育は義務教育となっており、小学校では20人学級やサブティーチャー制を導入している。識字率は、全体で95.7%(女性95.3%、男性96.2%、1995年調査)であり、これはアルゼンチン、ウルグアイ、チリと並んでラテンアメリカ最高水準である。また、国民の大半は高校を卒業している。高等教育は、19万1262人(2001-2002年度)の学生が受けている。

プライマリ・ケアを重視した独自の医療制度を採用し、他の手厚い社会福祉政策と同様キューバ・モデルとして有名である。医師の数が国民165人当たり1人と世界一多く、乳児死亡率も1,000人当たり6.5人と先進諸国並みの数字を達成している(2002年調査)。ファミリードクター制を採用し、各地区に配置された医師が地域住民の健康状態の把握を行っている。医師の往診が基本である。医学部は無料で留学生(アメリカ人も含む)も無料である。被災地への医師の海外派遣も積極的に行っている


これは、経済大国アメリカも日本も、未だになし得てないことなのではないだろうか。

ー追記ーーーーーーー
淡々とカメラがゲバラを追っていく。
映画ではなくて、ドキュメンタリーフィルムなのではないか。。。。という錯覚に陥りそうな
くらい自然に見える映画。

食事休憩を挟んで、2本続けてみたのだけれど、少しも飽きなかった。


映画メモ-「スパイゲーム」 「TVで観た映画(13060)」

スパイ・ゲーム  SPY GAME

監督:トニー・スコット
脚本:マイケル・フロスト・ベックナー/デヴィッド・アラタ
出演:ロバート・レッドフォード/ブラッド・ピット/キャサリン・マコーマック
2001 アメリカ 127分

スパイ映画には違いないけれど、ヒューマンドラマです。

あらすじ


1991年。東西冷戦の終結と共に、CIAの作戦担当官として数々の伝説を築き上げてきたネイサン・ミュアー(ロバート・レッドフォード)も、引退の日を迎えようとしていた。そんな時に飛び込んできたのが、彼が育て上げたエージェント、トム・ビショップ(ブラッド・ピット)の危機を報じるニュース。中国で逮捕されたビジョップだが、米中関係融和の潮流から、上層部は見殺しにするつもり。1975年にユエ陥落後のベトナムで出会って以来、直接の交流は途絶えた今も師弟関係で結ばれている2人。またミュアーは、自分の職業倫理のせいで、ビショップが戦火のレバノンで心を通わせたNGO職員のエリザベス(キャサリン・マコーマック)との苦い恋を締めくくる結果になったことを気にしてもいた。そんなミュアーに残された時間は、在職中である1日だけ。そして彼はCIA上層部と渡り合う一世一代のオペレーションに取り掛かり、見事処刑寸前でビショップを救うのだった。

ビショップは、救出作戦をたてたのは、ミュアーだと気づく。
ベイルートで二人が交わした会話の中に有った「オペレーション(作戦) ディナーアウト」という言葉。

ああ、ミュアーだ。。。とビショップの表情が言っていた。

ブラッド・ピットは、ハリソン・フォードと共演した「デビル」も良かった。

鼻歌が止まらない 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、鼻歌が止まりません。

ヘンなニイチャンになっています。

今日の鼻歌は、
「ワッハッハ♪イッヒッヒ♪エッヘッヘッホー♪ 手を叩いて笑ってー♪」

というフレーズです。

なんだかとってもニコニコしています。
電車の中でもこんな感じだったら、次男を知らない人には怖いです。(>_<)
アジャジャーーー

機嫌よく、出勤できるのは、ラッキーなことですけどね。


親にとっては、どんなに可愛い子でも、関係ない人たちにとっては、「ヘンな人」だったり「気持ち悪い人」になるということを、忘れてはいけないと思います。
次男は長身ですしね。

障害があっても、なくっても、デカイ人がヘンに見えたら警戒しますよね。

週末は、散髪に行かせてスッキリさせよ。
できることだけでもさせましょう。。((+_+))



おにぎりは不満? 「障害児と生きる日常(58953)」

次男に、「今日のオヤツは。。」と言いかけると、


ぶた饅!!(中華饅)

と言われてしまった。
ぶた饅は用意してなかったので、


「オニギリ。鮭ワカメ味。」というと、ちょっと物足りなさそうな顔をしていた。
言葉がたりないぶん、目で文句を言う次男です。

すまんね、次男くん。


5:36

節分なので 「障害児と生きる日常(58953)」

今日は、節分です。

どこの地方でも、イワシを焼いて食べたり、その頭をヒイラギの枝に刺して、魔除けに玄関に置いたりするのでしょうね。

ウチは、ヒイラギの植木を持っていないし、イワシの臭いで、ノラ猫が来ちゃうと困るので、パスさせてもらいます。

そのかわり、こちらでは、巻き寿司の丸かぶり(切り分けていないままの巻き寿司にガブリ!と食らいついて食べる)をします。

すし屋、海苔屋の陰謀と思われますが、、ノリの良いのが関西人ですから、わかっていて、ノリます。

2009年は、甲(寅卯の間)の方位(東微北・・・だいたい東北東)を向いてたべるとよいそうです。

でも、気にしていません。
大雑把な性格ですから。。。(~_~;)

で、今日のオヤツは、巻き寿司と豆


赤鬼


5:30  蛍光黄色鬼

ジェニファー・ハドソン、スーパーボウルで国歌斉唱。 「ニュース(231454)」

ニュースより

家族を殺害されるという痛ましい事件から約4ヶ月、オスカー女優でシンガーのジェニファー・ハドソン(Jennifer Hudson)が再びステージに立った。

2月1日、フロリダ州タンパで行われたアメリカの国民的スポーツイベント、スーパーボウルに際し、ジェニファーはアメリカ国家を熱唱。やわらかく深みのあるその歌声が衰えていないことを示し、満場の拍手喝采を浴びている。


歴史に残る国家斉唱だと思います。

http://jp.youtube.com/watch?v=i6ul7_QA76k

夢のようなアメリカンドリームと、悪夢のようなアメリカンドリームの両方を体現してしまったジェニファー・ハドソン。

震えがきた、涙がこみ上げた等々のコメントが多数。

仲間つくり教室-お楽しみ会 「障害児と生きる日常(58953)」

次男は、財団法人 大阪養護教育振興会の「仲間つくり教室」に出かけて行きました。
今日は、午後のクラスで、プログラムは、「お楽しみ会」です。

次男に、「どんなことをするの?」と訊くと、「ビンゴ」と答えていました。
2時間あるので、他にもなにかするのかもしれませんが、次男は、それ以上の説明ができませんでした。

帰宅すると、缶入りのドロップとなにやら「おもちゃの箱」を抱えていました。
ピンボールゲームでした。





電池を入れるとニギニギしい音が鳴るようになりました。
けっこう楽しいです。

私達が住んでいるのは都会の下町です。
空が狭かったりしますが、いろいろな機関、場所に恵まれていて、ありがたいです。
現役の養護学校の先生方が指導してくださっているので、安心です。
今期も、あとは閉講式だけになりました。
先生方、ありがとうございます。


財団法人 大阪養護教育振興会


作業所-定時に出かけました 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、今朝もニコニコ顔で出かけました。
月曜日は、作業所に行きます。

高校を卒業してから2年間は、月曜日もデイサービスに行かせていただきました。
昨年から、「もう一日」働くことも可能だなぁ。。。。と作業所に行かせていただくことにしました。


気に入ってくれてよかったです。
「1週間に5日働いて、2日が余暇」という形が理想ですが、高校卒業時にその形にならなくてもいいとおもっていました。
次男の体力や社会的条件に合わせて道を探っていけばよいのだと思います。
「働く人」になることにこだわりましたが、「働く形」にはこだわりませんでした。







障害者があたりまえに働けるニッポンへ
ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

まじめは力 「障害児と生きる日常(58953)」

昨日に引き続き、母は、朝のウォーキングをサボりました。
起きられませんでした。

次男くんは、真面目です。
自分の日課を黙々とこなします。

自閉症という特質もあるのでしょうが、それ以前のこの人の特質ではないかと思います。
私は、自分の子を褒めることを少しも恥かしいと思わないです。


次男は、私には出来すぎの息子です

自閉症の人は、二次障害を起こしてあたり前のように言う人もありますが、私は、次男に二次障害を起こさないで、青年期、中年期、老年期を過ごしてほしいです。

そういう例になるといいなぁ。。。と思います。



次男のウォーキングの姿を撮ってやれなかったので、



朝食の後、食器を洗っている次男です。



デスクトップの画面をかえました。
ユキヒョウ(雪豹:スノーレオパード)にしました。
こちらからダウンロードできます。
http://www.snowleopard.org/5199771f/5199771f96c6/30e630ad30d230e730a6306e5199771f

スクリーンセーバーもあります。
http://www.snowleopard.org/5199771f/30e630ad30d230e730a630fb30b930af30ea30fc30f330bb30fc30fc

私は、犬派か猫派かというと、断然猫派なので、感動ものの写真です。
次男に「次男くん、この動物、なにかわかる?」と問うと、

自信をもって、「ホワイト ヒョウ」と答えました。

お!当たらずとも遠からず。
次男くん、上出来!!親バカ(>_<)!! わかっちゃいるけど止まらない
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR