クリンもだん美術教室-うれしいね。(^^) 「障害児と生きる日常(58953)」

人とコミュニケーションをとるのが、なかなか難しいという特徴がある子達でも、回を重ねると、ここが安心できる空間で、お兄ちゃん達、石井先生に気持ちを許していきます。
そんな様子が受講生の表情からわかりますよね。





こちらは次男くん。
「困ったときだけ助けてね。あとは、ほっといて。」というタイプです。
可愛らしさに欠けますね。トホホ




アート指導という形をかりて、実は、コミュニケーション能力が高まっていくのです。
良い作品ができたら、なおさら、うれしいですよね。




「ここに来て。ココを押さえて」ですって。
M-弟くん、チャッカリと、お兄さんをアゴで使っとるな。




だんだん、姿が形になってきたよね。
プチアーチストです。
かっこよくなってきたよね。


ジーニアス-アツム君、調子はいかがでしょうか。




M-お兄ちゃんと石井先生のやり取りを聞いていると微笑ましいです。



動画-M-お兄ちゃんと石井先生


クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/

スポンサーサイト

クリンもだん美術教室-人に恵まれてこそ 「障害児と生きる日常(58953)」

今日の美術教室の中には、受講者の他に、5人のボランティアさんと石井先生、付き添いのお母さん1人、付き添いのヘルパーさん1人がいました。

人は、人によって育てられるのだなぁ。。。と思います。


絵や工作、書道、陶芸を通して、才能を伸ばしていく障害者がたくさんいますが、助けてくれる人がいるからこそなのだと思います。
人に恵まれてこその成果なのだと思います。


助けてもらいやすい人になろうね。
やがて、誰かを助ける人になれるよ。




















クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/

お米がどんどん減る 「障害児と生きる日常(58953)」

お米がどんどん減っていきます。

ま、いいですけどね。
次男は、大学生と同じくらいの年齢ですから、体が出来てくる時期ですから、食べますよね。
中学、高校時代もよく食べていましたけどね。
たぶん、その時期よりも、お米が減っています。

次男くん、わからないこと、できないことがイッパイありますが、できることもあります。

「ああー、この荷物、重たいなぁ。。だれか、手伝ってー!」と声がかかれば、サッと飛び出していける人になりましょう。
健康で、自由に動けることはラッキーなことです。

”いいわよね。お宅のぼっちゃん、丈夫だし、体に不自由がないから。。。”と思ってられる人はたくさんいるはずです。


そうです。
ラッキーです。

”いやぁー、いくら健康でも、こんなんやったらアカンわぁー”と返事しているお母さんもいますが、それは、あまりにも無礼な言い方です。

わが子にも、体が弱かったり、不自由がある人のお母さんにもね。

謙遜は美徳ですが、いつもしていいわけではないと思います。

この場合は、
”そうやねん。健康なだけでもありがたいねん。”と思えて、返事ができる私でありたいです。(願望、目標、自分への戒め ((+_+)))





これは、今日の、オヤツ。
いなり寿司です。
中身は、シラス、黒ゴマ、スシ飯。


今日も、機嫌よく歩きました。
朝ご飯が美味しいわ(>_<)
ネギ入り卵焼き、大根、油揚げの味噌汁、黒豆、ご飯1膳、食後にはカフェオレ。


快食、快便の様子です。
メデタイ、メデタイ。
エンゲル係数が高い。(>_<)
お母さんの財布はいつも軽いです。

親の目には見えないもの 「障害児と生きる日常(58953)」

昨日、OTの先生と連絡が取れた。
7日に次男を見ていただいて、その評価を聞くために、先生の空き時間にTELしたかったのだけれど、私の勤務の空き時間にコッソリTELするので、タイミングが合わなくて、昨日になってしまった。

学校時代よりも落ち着いていますね。

私は、”学校時代は落ち着いていませんでしたか????” と思う。

次男は、家では不都合のない人なので、母親の私には見えないものがたくさんあるのだけれど、何ヶ月かごとに次男を見てくださる先生には、次男の変化がハッキリとわかるのだろう。

そもそも、OTの先生を探したのは、「親とは違う観察眼」を確保しておかなければならないと思ったからだ。

次男が小学校に入学する直前から関わっていただいている。
毎週が、月1回になり、2ヶ月に1回になり、今度は、6月になるそうだ。

そろそろ手を引きたそうな様子の先生に、「親の目には見えないものがありますから、是非、継続してほしい。」と懇願した。

母親の思考の幅は狭くなり勝ちなので、出来るだけ、”ブレーン”を持ちたいと思っている。
OTのU先生。
学齢期においては、学校の先生方。
次男の職場の皆さん。
「もっとどようくらぶ」の先生がた、リーダーさん。
月曜日に通う作業所の施設長。
デイサービスの指導員。
美術教室の先生、スタッフ。。。。等々

出来るだけ、私の脳を外気に晒しておきたい。
風通しをよくして、脳と気持ちが腐らないようにしたい。

本体ブログの大家さんのジョニーさんも、4月からは関西に居を移して新しい職場に取り組まれるので、次男と接していただける機会が増えるだろう。

かくして、私のブレーンはいよいよ充実していくのです。(^^)vニマリ








パスポートの申請用紙 「障害児と生きる日常(58953)」

長男が、区役所においてあるパスポートの申請用紙をもらってきてくれました。
もちろん、私が、「もらってきてくれ」と頼んだのだけど、ササッと行ってきてくれるのがありがたいです。

パスポートの申請用紙が区役所にもおいてあることを、パスポートセンターに問い合わせるまで知らなかったです。

次男のパスポートを申請します。

まだ、先のことですが、韓国旅行の計画があります。
職場のスタッフの幾人かで行くそうです。
次男も誘っていただいて、「是非!」とお願いしました。
遠慮という言葉を知らない母です。(^^)vムヒヒ

次男くん、こまめに働いているようです。
PC作業にこだわらず、掃除、お使い、コーヒー、お茶も入れるし、ゴミも出します。
汗をかく仕事、手が汚れる仕事も嫌がらないと思います。

出来ないのは、電話の「受け答え」「一人で留守番」
会話力が最大の弱点であることは、痛い現実です。トホホ。。。

でもま、出来ることだけでも、精一杯頑張りましょ!

できることから、コツコツと。。。どこかで聞いたセリフだけどね。(~_~;)


5:31




障害者があたりまえに働けるニッポンへ
ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

健康だけがとりえですから 「障害児と生きる日常(58953)」

健康だけがとりえですから、このまま健康であってほしいです。
でもそれが、最高のとりえですよね。

毎日、気持ちよく目が覚めて、おいしい!と思ってご飯を食べられたら、嬉しいです。
お米がよく減ります。

今日は、オヤツにおにぎり(鮭ワカメ)を作っておきましょう。
次男は、仕事から帰宅したら、お湯を沸かして、インスタント味噌汁を作って食べるでしょう。
お腹がちょっと空く時間にお菓子をボリボリ食べちゃうのはダメですよね。

お母さんは、お菓子大好き。
お母さんは、いいのよ。
もう、先の方が短いのだから。


長男、次男は、ダメです。

5:27
準備運動を終えました。
これから歩きます。メッチャ怪しい。


通信販売で売っていた腹筋を鍛える道具です。
私がプヨプヨお腹の為に購入したのですが、キツ過ぎて、ホッチッチにしてました。
次男くんにプレゼントしましょう。

今朝も機嫌よく 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、 6:50 に出かけました。

この人には、マンデーブルー(月曜日は、出勤したくない気持ち)がないようです。
自閉症特有の”こだわり”なのかもしれませんが、やっぱり”気に入っている”のではないかと思います。

次男が気に入りそうな場所を見つけるのが、私の仕事かな。

障害者があたりまえに働けるニッポンへ
ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。



もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

追記有りー書家-金澤翔子さんのTV出演見て 「障害児の親として(10946)」

今朝は、ずっと時刻を意識していて、TBSサンデージャポン「じゃぽ熱大陸」のコーナーで、書家ー金澤翔子さんのレポートを見ました。

翔子さんは、私の長男と同じ歳で、誕生日は2日違うだけでした。

想像していたよりも、遥かに小さい人でした。
こんなに小さい人が、身の丈を越す大書をするのかぁ。。。
気力が墨に乗ってほとばしるのでしょうか。

母上からの薫陶が花開いたのですね。
おめでとうございます。

ーーーーーーーーー追記ーーーーーーーーーーーーーー
翔子さんのお母さんは、九段の書家で、翔子さんの為に、書道教室を開いたのは、翔子さんが5歳の時だとレポートにあった。

それを知って、

「いいわよねー、才能のある子は。
ウチの子なんてなんの才能もないわよ。
一芸があればねー」

なんて、思ってはいけない。

才能が開花するまでは、才能があるかどうかわからないのだから。
うまく、馴染んでくれるか。
続けられるか。
わからないままに、とにかく取り組んでみよう。。。とされたのだろう。


「お母さん自身に才能があるから、いいわよねー
私なんて、なんの才能もないのだから。。。」

なんて、思ってはいけない。

障害のある子を産んだ母親の中で、いったい何%の母親がお金を稼げるほどの才能をもっているのか。
きっと、ほとんどの母親は、なにももっていない。

では、障害をもつことになった人の中で、ほんの一部の特別な才能のある母親に”当たった”人だけしか、幸福な人生をおくることができないのだろうか。

それは、ちがう。
まったく別問題。

ふだんの生活の中に、私”特別な才能をもたない母親”が障害のある息子(娘)にしてやれることは、たくさんあるはずだ。

TVで翔子さんが調理していたカレーがおいしそうだったので、私も食べたくなった。
翔子さんと同い年の長男に「カレーが食べたい。作って」と依頼した。

長男は、レンタルしたDVDとオヤツを持って家に来ていた。
最近、長男は、私が「おもしろい」といった映画のDVDをよくレンタルしてくる。
私はすでに見ている映画なのだけれど、居間で成人した息子と並んで座って、息子が用意して手渡してくれるスナックをポリポリ食べながら映画をみるのは、幸福な母親にしかできないことだと思うので、格別な時間だと思っている。

お兄ちゃん、買い物に走って、カレーを作ってくれています。


次男は、ソテーする予定のキヌサヤの筋取りです。


次男くん、お兄ちゃんが作ったカレーはいかがでしょうか。
Vサインだそうです。


長男くん、照れております。

デイサービス2月予定表 「障害児の親として(10946)」

2月も充実した日々にしたいです。
次男の生活において、デイサービスは、重要な役割を担ってくれています。







聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/




地域活動支援センター クリンもだん」の母体は、「日本国内に約320の教会立教学院・平安女学院・桃山学院・プール学院また、聖ルカ国際病院など多くの教育、社会福祉、医療の分野で働きを続けている聖公会」です。
映画「筆子・その愛」の石井筆子女史で知られる滝乃川学園も同じく聖公会です。

地域活動支援センター「クリンもだん」

クリンもだんパンフレット

笑うアザラシ 「ニュース(231454)」

北海道根室市の根室港岸壁で22日、ワモンアザラシの子どもが保護され、釧路市動物園に引き渡された



笑っているみたいに見えますね。(^-^)

親とはぐれてしまったみたいだけど、大丈夫かなぁ。

温泉ホテル宿泊券プレゼントに応募するぞ!! 「障害児と生きる日常(58953)」

次男は、職場で訪問販売してくれるヤクルトを買うのを楽しみにしている。
火曜日ー金曜日、毎日、買って飲んでいるせいか、花粉症が就労してから年々軽快しているように思う。
春の花粉の季節に、「まったく、クシャミをしない」ということは無いけれど、一時期よりも、とてもラクそうだ。

74円のヤクルトを買うのが楽しみって、可愛いなぁ、次男くん。(親バカ)

皆さんがヤクルトを買うのを見て、ヤクルトを買うことを覚えて。
お弁当屋さんで、お弁当を選ぶこと、買うことを覚えて。

次男は、その場面に遭遇してひとつ、ひとつ経験を重ねていきます。
職場があってよかったと思います。
手作り弁当、給食もいいけれど、「お弁当を買いに出かける」ってとても良いことだと思います。

ヤクルトの販売員さんから、温泉ホテルの宿泊券プレゼントの応募用紙をもらってきた。
もちろん、他のスタッフさんもいただいたもので、次男も同じようにいただくと、嬉しいのだと思う。
年賀ハガキの残りがあるので、応募しておこう。

当たったら、お母さん、温泉ホテルに泊まってノンビリしたいです。
本音を言うと、一人で行きたい。
一人で、陽の高くなるまで、ゆっくりお布団でゴロゴロして、大浴場で、朝風呂を堪能したいです。
次男が成人しているわけですから、そんなに長いこと、障害者の母親をやっていますから、私は疲れています。


「障害児を授かって、よかった。しあわせだと思っている。」と言われる菩薩のようなお母さんもおられるが、私はそんな悟りをひらくことは、一生できないと思います。

出来なくてもいいです。
苦しいと感じるのも、「ひょっとして、私って得したか?」と感じるのも、本当です。

障害者の母親がシンドイと感じなくてもいい社会が来ればいいなぁ。。。とは思いますが、それは、幻想だと思います。

だから、シンドイ!  と言っていいと思います。
シンドイ!と言いながら、踏ん張り抜きたいです。

5:28

動画在り-母、寝坊する 「障害児と生きる日常(58953)」

今朝は、母は、寝坊しました。

次男が、「新聞がない。あれぇー、どこいったぁー」と言いながら、玄関で新聞を待っているのを、ベッドの中から聞いていました。
きっと、アメリカ大統領の就任式が日本時間の夜中にあったので、その記事を載せるために、新聞の印刷が遅くなったのでしょう。
配達もいつもより遅かったのかもしれません。

で、次男くん、新聞がきてないぞぉー と心配していたのでしょう。

で、いつものアラームが鳴って起きなきゃいけないのに、母は、起きられませんでした。
バタン!と玄関のドアが閉まる音で飛び起きて、居間に行くと、次男の姿はありませんでした。
電灯に消してありました。

あじゃー!!(>_<)
今年は、皆勤賞を狙っていたのに。。。。
母は、1月で脱落してしまいました。



次男が、味噌汁に入れる油揚げを切っています。
よく、こんなツマンナイコトまで写真にとるなぁ。。。。と思う人もあると思います。

私は、こんなツマンナイコトが、すごく大事だと感じています。
毎日がツマンナイコトの繰り返しなんだけど、ツマンナイコトが大事だと思います。

それに、体に不自由がないのに、ツマンナイコトさえできない人を残して先に死ぬなんて、おかしいです。

だから、ツマンナイコトをしている次男を写真に撮って、プリントして、日記に貼らせて、短い日記を書かせています。
「油揚げを切りました。味噌汁に入れました」等々
毎日、自分の姿を意識させたいです。
自分の姿を、母親の私が自慢に思っていると、インプットしたいです。
私が、彼のプライドの根拠になりたいです。

知的障害者にはプライドが存在していないように思う人もあるかもしれませが、それは大間違いです。

これもツマンナイコトです。
次男よりも遥かに賢くて、おしゃべりも不自由しない人で、お家で食器を洗ったことがない人がたくさんいるのが不思議です。
朝ご飯のあと、食器を洗う。


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。




もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

年賀状の返信をいただく 「障害児と生きる日常(58953)」

年賀状の返信をいただきました。



次男が電車通学を始めた年から、毎年、次男が利用する地下鉄、JRの駅宛てに年賀状を出しています。

返信をいただいたのは、これが初めてです。

ああ、読んでもらっているのだ。。。とわかってうれしかったです。
返書の内容は、 少しも迷惑がかかっていることはないので、心配しないように。。。というものでした。

よかったです。

年賀状には、ご迷惑になることがあったら、連絡をほしい。。。と書いて、私の携帯電話の番号、本人の顔写真を載せてありますので、連絡がないということは、問題がないのだなぁ。。。と思っていました。

返信をいただいて、尚、安心しました。

それでも、年賀状。暑中見舞いに、「問題が起こったら、ご連絡ください。」と書いて送っておくことは、続けようと思っています。

次男くん、今朝も調子よく歩いていました。
後ろ姿に、「フン♪フン♪フン♪」と鼻歌が聞こえてきそうな雰囲気がありました。

ダウン症の女流書家・金澤翔子さんとお母さんがTV出演 「障害児の親として(10946)」

受け売りの情報ですが、確かな情報源です。



ダウン症の女流書家・金澤翔子さんとお母様の泰子さんが次回のサンデージャポン「じゃぽ熱大陸」のコーナーにご登場されるそうです。

番組情報は下記をご参照下さい。

●番組名:
TBSサンデージャポン「じゃぽ熱大陸」のコーナー

●日 時:
1月25日(日)朝9:54ー11:30
「じゃぽ熱大陸」は10:50くらいから15分程度放送予定
 ※念のため番組全体をご覧になるか録画されて下さい

●内 容:
昨年12月に大成功を収めた金澤翔子さんの銀座松坂屋での個展や、翔子さんの日常生活、「書」を書く姿などが放送される予定です。

しかしながら21日現在、まだ番組収録中だそうです。
泰子さんのお話では、15分の番組に対して4日程収録があったそうで、その為どの部分が放送されるのか、まだはっきりとはわからないそうです。

◆番組の詳細などは下記のブログ記事をご参照下さい
http://plaza.rakuten.co.jp/pmdecorp/diary/200901200001/

<関連リンク>

◆金澤翔子さん公式HP
http://www.shoko-sho.com/index.htm/

◆金澤翔子さんファンサイト
http://noritake777.jp/kanazawa/shouko-index.html

動画-作業所にて 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、今日も頑張ることが出来たかなぁ…
頑張らしてもらえる場所があるって、有り難いことなんだよ。

残念!!
次男が作業中の動画を送ってもらったので、ブログに載せようとしましたが、載りませんでした。

残念!!


次男くん、グッスリ眠っています。
気持ちよく働いて、気持ちよく疲れる毎日を送れるのは、幸せなことです。
気持ちや体をもで余すのは、よくないです。

別の動画ブログを作りました。

2008/1/19 鋲の前処理-作業所にて

「撮影すると、テンポを落とした」そうです。
意識したのかなぁ?



障害者があたりまえに働けるニッポンへ
ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

「行ってきます。」と言えない人 「障害児と生きる日常(58953)」

次男は、相変わらず、「行ってきます。」がいえません。

毎朝、「いってらっしゃい!」と声をかけると、「うん。」とか「はい。」とか言います。
でも「行ってきます。」とは言いません。

ね、「行ってきます」は?

と重ねて問いかけると、逃げるようにドアを開けて出て行きました。



なんでやねん。。。(>_<)

動画-作業所にてー箱入れ 「障害児と生きる日常(58953)」



昨日、作業所での様子。

次男の生活の基本は、週日の火曜日~金曜日は、NPO法人でコンピューターに情報入力作業、その他雑用をこなしています。

今のところ、作業所は月曜日だけですが、気にいっているようです。

NPO法人で入力作業がたくさんある月末、月初は、月曜日も入力作業にして、
入力作業がヒマになる時期は、週日通して作業所に通ったり。。。

とか、工夫してもいいかもなぁ。。。と思い始めています。

そのまま、言葉通りに受け取っていいのかどうかはわかりませんが、”次男が3年を経て、手際がよくなって、時間をもてあましている日がある”そうです。

もちろん、健常者ならば、どんどん他の仕事もこなしていくように成長していくので、ヒマにはならないのだと思いますが、次男は狭い範囲のエキスパートになる可能性を追求していく働き方なので、そういうわけにもいかないのかもしれません。


作業所に行く日が増えて、NPO法人に行く日が減ると、収入は減るだろうけれど。。。
ヒマして給与を得てはいけないように思います。

関係各所に打診して、調整しようと思っています。

仲間つくり教室-「新成人を祝う会」 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、今日は、「新成人を祝う会」に参加します。
次男は昨年、成人式を終えています。

成人式
本当に良い式でした。
嬉しかったです。

高校を卒業するにあたって、「仲間作り教室」の案内をいただきました。
当人が祝っていただく時は、前年に「新成人を祝う会」を見ているので、式のイメージがあって安心だったと思います。

まえもってイメージがあると本当にスムーズにいくように思います。


5:28



次男は、色紙(しきし)も持ち帰りました。

ヤバイ!!!
新成人に渡される寄せ書きを持って帰ったのかしら・・・・・
と、ドキ!っとしましたが、違いました。ホッ

しきしには、

今年の目標

仕事を
がんばります。

次男


と、ありました。
早速、壁に飾りました。



次男には、言葉の意味はわかっていないと思います。
でも、それでも充分です。
毎日を大切に積み重ねていきましょう。

しーーー!!静に!! 「障害児と生きる日常(58953)」

次男は、今朝も機嫌よくウォーキングに行きました。
お母さんは、4時までリビングでうたた寝してしまって、そのまま歩きに行ったので、ちょっとバテました。(>_<)

次男くん、機嫌よくデイサービスに出かけて、母はもう一度ベッドにもぐりこみました。
ああ、シ・ア・ワ・セ
次男くん、決まった場所ならば一人で移動できるようになってくれたので、味あうことができる幸福です。




午後からは、クリンもだん美術教室へ

本体ブログ の大家さんの
ジョニーさん
が、ご実家に帰省しておられるので、今日は、新しい場所に引越ししたクリンもだん美術教室に見学にこられます。

うれしいな。2年ぶり?でしょうか??








次男くん、教室が私語が多くてうるさかったので、口に指を当てて、「しーーーっ!!」ですって。

小さい頃ほどではないけれど。聴覚過敏もある次男です。
でも、場数を 山ほど踏ませて、少しずつシブトクなってきたよね。(^^)












ありゃ!またジョニーさんの写真を撮るのを忘れてしまったぁぁぁぁ(>_<)


クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/




地域活動支援センター クリンもだん」の母体は、「日本国内に約320の教会立教学院・平安女学院・桃山学院・プール学院また、聖ルカ国際病院など多くの教育、社会福祉、医療の分野で働きを続けている聖公会」です。
映画「筆子・その愛」の石井筆子女史で知られる滝乃川学園も同じく聖公会です。

地域活動支援センター「クリンもだん」

クリンもだんパンフレット

嗅覚 「男の子2人のかあさん日記(21259)」

昨夜、遅くに、長男が来た。

こやつ、鼻が利く。
昨夜は、鶏モモ肉のから揚げだったのだ。

たらふく喰って、「んじゃぁぁ」と言って帰って行った。

ま、いいけどね。



こちらは、今朝の次男。


マジメはあらゆる「可能性の素」です。


お母さんは、炊き立てご飯に卵かけごはんが好きです。
「味の素」を少しかけると、おいいしいよ。
牡蠣醤油があるとラッキーです。

早く逝った人 「障害児の親として(10946)」

昨日メールで思いがけない知らせが届いた。

次男が小学校2年生の時に大学3年生だったお兄さんが、昨年の秋に亡くなっていた。
理解できなくて、混乱した。

教育大学で、障害児教育を専攻し、卒業後は、養護学校(現、特別支援学校)の教員になって、結婚されて、お子さんが誕生されたと聞いていた。

私は、次男が小学生の間は、盛んにイベントを企画していて、それは、それはたくさんのお兄さん達、お姉さん達に助けていただいていた。

経費と交通費は支給したけれど、家庭教師のアルバイトだったら、1時間何千円も支払わなければならない優秀な学生を「焼肉」「おでん」「鍋」てこき使っていた。

離婚の交渉をして、3人で家を出た翌日の引越し作業にも、お兄さん、お姉さんが手伝いに来てくれた。

冬に、汗をかきながら引越しした。
息子達の二段ベッドを分解して、運んで、また組み立てて。。。
荷物の移動が終わると、部屋につける電灯、カーテンを、みんなでぞろぞろ歩いて、買いに行って、みんなで抱えて持って帰った。
新しい電話機を買った。
長男、次男も嬉しそうに荷物を抱えて歩いた。
引越し作業のアルバイトの経験があるお兄さんは頼もしかった。
電灯を取り付けてくれた。



引越し祝いに、私の友達も駆けつけてくれて、「離婚記念、引越し祝いパーティー」の様子だった。

私は嬉しくて、嬉しくて、息子達も嬉しそうだった。

お兄さん、お姉さんが、

「ママ、顔、抑えてください。一応、離婚の引越しですから。。。
そんなにニコニコしては、悪いですよ。。。。。」

と言ってたしなめてくれた。


気持ちの良い人ほど早く逝ってしまうのだろう。
私はきっと長生きする。

次男の部屋の壁に、大きな写真がかけてある。
お兄さん達、お姉さん達、同級生達といっしょの長男、次男は嬉しそうに写っている。
この写真の中のお兄さんが一人逝ってしまった。
息子達に、なんと伝えたらいいのか。


今日を大切にしよう。
「明日がある」と当然のように思ってはいけないね、次男くん。



めあり、早すぎるよ。
もうちょっと待ってくれたら、長男、次男の生き場所を固めたら、私の寿命をあげたのに。
それでも、オバハンの濁ったいのちじゃダメだったのかなぁ。


障害者があたりまえに働けるニッポンへ
ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。




もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

Where are you? 「障害児と生きる日常(58953)」

朝ご飯の時に、

”Where are you?”

と言うので、

"Here,I am"

と返事したら、指で形を作ったピストルで、バキューン!!と撃たれた。

じゃ。なんと言えばよかったのか????

毎日が不思議、不思議の次男くん。

君の言葉の「引き出し」の鍵が今も見つからない。

それでも、ま、なんとかなりまっせ。(~_~;)

ちなみに、

21(twnty-one) で  boy だそうです。

よかったわ。girl って言わなくて。。。(~_~;)



味噌汁を2つのお椀に分けてくれるのですが、具が均等にならない時があります。
母にチェックされると、ちょっと不満顔。

そんな顔しても、母は動じませんことよ。(=_=)

職質に備えて・・・ 「障害児と生きる日常(58953)」

ここ何日か、すっごく寒いです。
が、次男くん、ウォーキングに行くものと決めています。

私が寝ぼけ眼で寝室から出てくると、すでに、シャキーンという顔をしています。
「今朝は、すっごく寒いから、お休みしよう。。。」なんて言える雰囲気ではありません。



冷たい空気が喉にいきなり入るのはよくないか。。。と思い、マスクをして行きます。

怪しいですね。


やっぱり、職務質問された時に備えて、後を追っていかないといけませんね。(>_<)

壽 初春大歌舞伎 「映画、演劇、小説、マンガ等の感想(1515)」

昨日は、25年ぶりに歌舞伎を見てきました。



25年ぶりに見た歌舞伎は、大好きな片岡 孝夫さんが、十五代目片岡仁左衛門になっていて、坊やだった、ご子息が艶っぽい静御前や芸者になっていて、

う~~~~ん。
浦島太郎状態。。。。。。

学生の頃は、チケットを買うためだけにアルバイトして、それを使い切ってしまってよかったんですよね。(>_<)

25年ぶりにいただいたチケットで見た歌舞伎の絢爛豪華で鮮やかで、目に沁みました。

40歳を過ぎて50歳に近くなったら、


今月は歌舞伎座、来月はブルーノート。。。


みたいな生活をしているはずだったのですが・・・
見事に夢に終わりました。

孝夫さん、私はみごとにボテボテおばさんになったのに、貴方はずっと素敵なままです。
艶っぽくて、さわやかで、美しい立ち姿、美しい口跡

でもコレっきりお会いできなくてもいいです。

私の価値観が変わったのです。
私の中で、優先順位がかわったのです。

今は、あなたより気になる人がいます。
形にしておきたいことがあります。


母もゴキゲン 「障害児と生きる日常(58953)」

今朝は、雨が降っていたので、ウォーキングは取りやめ。
DVDのビリーズブートキャンプを30分間だけ。

もう、時代遅れの感ありですが、いいじゃない。
でも、なにかおもしろいものがあったら取り換えたいです。

笑えるエクソサイズがいいです。(^o^)丿

次男くん、真面目に掃除機をかけてくれます。
もっとも、ダメ押しを出し始めたら、キリがない状態ですけどね。

ま、がんばりましょ。



ひょいっ!  と、掃除機を軽々と持ち上げて移動する姿をみると、「体さえ動けば、道は開ける」と思います。
次男くん、健康でありがたいです。


母親の私も仕込んだつもりですが、学校の先生方、職員方が頑張って下さったのではないかと思います。

小学校1年生の時に、下校時に迎えに来た私に、給食の調理員の職員さん(おばさん)が駆け寄って、残食のパンをひとつの箱に入れるのに、パンがイッパイで鍵がしまらないのを、次男が箱の蓋のうえに乗ってくれて、パンをギューと押さえ込んで助けてくれたと教えてくれたことがありました。

人は、使いよう、褒めよう、だなぁ。。。と思いました。

”重し”にしかならない子を褒めてくれて、褒められたら、次男はうれしいわけで、また、やってみようと思うわけで。。。









今日もデイサービスが開所しているので、ルンルンで出かけていきました。

「デイサービスに着きました」コールがあって、声はとても楽しそうでした。



お母さんは、WOWOWから録画しておいた「007カジノ・ロワイヤル」をやっと見られて、ゴキゲンです。

ダニエル・クレイグ  良いです!!

初代のショーンコネリーと同じくらい良いわ。(感涙)

ボンドがいきなりデレデレしないのも、ボンドガールが媚薬を嗅がされたように、初対面からボンドのメロメロにならないのも現実的でいいです。
ボンドが失策するのもいいです。

月-蒟蒻畑 「障害児と生きる日常(58953)」

今朝は、寒かった。(>_<)

空気が冷たくて、冴えていて、大きな月が出ていました。


5:35


次男くん、「これは、寒いわ。早く帰って温かいシャワーであったまろ!」と思ったのか、いつもより速く駆けて行きました。

帰宅して、牛乳が少ないことに気がついたので、次男がシャワーしているあいだに、近くのスーパーマーケット(24時間営業)に買いにいきました。

レジの前の棚に、あの「蒟蒻畑」がありました。

お!  と思って購入しました。

蒟蒻畑は、子ども達が小さい頃によく買っていました。
弾力があるし、カロリーは少ないので良いオヤツだと思います。
子ども達が大きくなってからは、買うことが少なくなりました。

コンニャクゼリーの騒動での保護者の対応、野田聖子議員の対応は全くの不正義だと思います。

以前、アメリカで、体重200kgくらいに見えるお母さんが、体重100kgくらいに見える小学生の息子を連れてTV番組に出演している映像をみました。

「息子が肥満体になったのは、マクドナルドのせいだから、慰謝料を支払え!」とマクドナルドを訴えたというニュースでした。
恥ずかしいなぁ。。。
民度が低いなぁ。。。と感じました。

コンニャクゼリーの騒動にも同じ匂いを感じます。


休業した会社のシェアを、野田聖子議員の地元の会社がスッポリ手にいれたニュースは、利益誘導の感すら感じます。

で、買っちゃいましたよ、蒟蒻畑。(~_~;)
特別な義理はないのですよ。
でもね、こんな理不尽が通って、蒟蒻畑の会社がつぶれたりしちゃいけないと思います。

恥ずかしいですよ。

初クリンもだん美術教室 「障害児と生きる日常(58953)」

本年最初の クリンもだん美術教室 です。

みんな集中しています。
みんな真剣な顔です。
知的障害がある子も、そうは見えません。

タダモノではない。。。そう見えます。

この「タダモノに見えない」ことが、次男の学齢期をどんなに豊かにしてくれたことか。

どの子も、タダモノではないのです。

タダモノではないのです。























クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/




地域活動支援センター クリンもだん」の母体は、「日本国内に約320の教会立教学院・平安女学院・桃山学院・プール学院また、聖ルカ国際病院など多くの教育、社会福祉、医療の分野で働きを続けている聖公会」です。
映画「筆子・その愛」の石井筆子女史で知られる滝乃川学園も同じく聖公会です。

地域活動支援センター「クリンもだん」

クリンもだんパンフレット

共に生きる、共に学ぶ 「障害児の親として(10946)」

以前に紹介させていただいた、知的障害者と犯罪の関係性 という記事には、たいへん感銘を受けました。

その続編、背景ともいえる記事もたいへん素晴しいので、是非、お知らせしたいです。

「ちーちゃん」と過ごした日々 その1

その8  まであります。

人は、学ぶことができます。

でも、ただ、ただ、いっしょに居るだけではダメです。

教育の対象者であるという設定が必要です。
知的障害があろうとも、肢体に障害があろうとも、親の経済力が乏しくとも、人の尊厳は守られなくてはならない、と教える大人がいなければなりません。

あるいは、

大人に教えられなくても、すでにそれを知っている同級生にめぐり合うこと。


初デイサービス 「障害児と生きる日常(58953)」

今日は、初デイサービスです。
すでに4日から開所していますが、次男は今年初めての通所になります。
シッカリ働く場所があって、リラックス出来る場所があって、次男は本当に恵まれています。
ありがたいです。


6時台に歩き始めても、まだ、まだ、暗いです。





お正月のお餅の食べおさめです。
安倍川餅にしました。



障害者があたりまえに働けるニッポンへ
ATARIMAEプロジェクト


ビフレスト A Place in the Sun 多機能型 就労移行支援 就労支援継続B型
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。




もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」「私の兄」


いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!

グッスリの素 「障害児と生きる日常(58953)」

次男くん、新年の滑り出しは順調のようです。

テキパキと動く。。。と連絡帳にあります。

成人しても尚、職場との連絡帳が存在します。
ほとんど、なんにも言わない、言えない人ですから、連絡帳は不可欠です。

それを嘆くか?嘆かないか?

私は嘆きません。


障害があるのは、どうしようもないことで、人間技でどうにかできることではありません。
障害と同居しながら、快適に近い形で生活していく工夫をすのが、人間技だと思っています。

けっこううまくいってるじゃん!
という自負があります。

え!?根性が厚かましいって!?
好きに言ってちょーーーだい。


なにもかも、幸運のおかげです。
「幸運を捕らえるのは、親の仕事」と思います。

腕が鳴ります。
最近は腰も鳴ります。ピキピキピキ (>_<)


今朝は小雨の中を歩きました。
けっこうの数のウォーカー、ジョガーがおられました。

これは、次男くんのオヤツ、スパゲティー
ソースは、ナス入りミートソース
オヤツとは言えないでしょ。(>_<)


お母さんのお弁当は、スパゲティー・ペペロンティーノにしました。
私達って、あんこ星人で麺喰いです。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR