クリンもだん美術教室-羊がいっぱい。 「障害児と生きる日常(58952)」

今日は、見学者がありました。
さぁ、一人一人、自己紹介からはじめましょうね。(^^)




あら!今日はまた別のお姉さんサポーターといっしょですね。
君は恵まれていますねぇ。














らくがき企画-紙粘土でつくるアイスクリーム


クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/




地域活動支援センター クリンもだん」の母体は、「日本国内に約320の教会立教学院・平安女学院・桃山学院・プール学院また、聖ルカ国際病院など多くの教育、社会福祉、医療の分野で働きを続けている聖公会」です。
映画「筆子・その愛」の石井筆子女史で知られる滝乃川学園も同じく聖公会です。

地域活動支援センター「クリンもだん」

クリンもだんパンフレット
スポンサーサイト

デイサービス9月予定表 「障害児と生きる日常(58952)」

地域活動支援センター「クリンもだん」の9月予定表です。
次男は、土日だけお世話になりますが、他の曜日も指導員の方々が、しっかり、がっちり、サポートしてくださっています。

ありがたいです。



土日の食事メニューはこちらです。
おいしそうです。(^^)/
ありがたいです。
次男は、調理を担当されているマルスンさんのファンのようです。(^_-)-☆



「今日のお昼はなにを食べたの?」と訊くと、次男は、「ほうれん草、おかゆ」と答えました。

お、おかゆ!?

指導員さんに尋ねると、「スッゴイおいしいサムゲタン」だったそうです。

え~~~~!!!\(◎o◎)/!サムゲタン!!
お母さんは、まだ一度も食したことがないですぅ~~~~。

韓国では、夏バテ予防に、夏の初め、真ん中、終わりに、薬膳料理であるサムゲタンを食べる風習があるそうです。
マルスンさん、ありがとうございます。m(__)m


地域活動支援センター「クリンもだん」

クリンもだんパンフレット

テレビ東京を視聴できる人にお願いがあります。 「障害児と生きる日常(58952)」

テレビ東京を視聴できる人にお願いがあります。

今日、
2008年8月30日(土) 午後1:30~2:25放送される


「僕の心の言葉をきいて:自閉症の少年詩人 自立への道」

を見てください。

見たいのですが、私の住む地方では、視聴できません。

東田直樹くん、高校生になっておられるそうです。
どんな風に毎日を過ごしているのか、気になります。
自閉症本人である彼の言葉はとても興味深いです。

ご覧になれたら、是非、感想をお聞かせください。

「僕の心の言葉をきいて:自閉症の少年詩人 自立への道」



次男くん、今日もゴキゲンの様子でデイサービスに出かけました。
次男は、一週間に一日も退屈しません。
明日の午後は、特別企画があります。
ピンポイント利用できますよ。(^_-)-☆

紙粘土でつくるアイスクリーム

航空会社は悪くないです。 「障害児の親として(10946)」

この記事を読んで、おかしい!! と思いました。

会いたい聞きたい:銀河カレッジ施設長・梅田伊津子さん /熊本

これはおかしいです。

この記事を書いた記者の感覚もおかしい。
この記事の掲載を許可した編集責任者の感覚もおかしい。

この記事は障害者本人、障害者の家族にどんなに迷惑をかけていることか。

痛いニュース

ーーー追記ーーーーーーーーーーー8/30記

この記事から派生して、「ああ、本当に、おっしゃるとおりだなぁ。。。」と胸に苦しく響いたブログがありましたので、紹介します。

今回は差別的表現や不愉快な表現があります by おこぜのさしみ

ああ~、ああ~ (>_<)
もう、もう、おっしゃるとおりです。

現場でサポートしてくれる人を大切にしたいです。
介護、支援という職業でしっかり家族を養っていけるようにならないと、良い人材を定着させることはできません。
利用者の幸福は、福祉サービス従事者の幸福がなくては成り立ちません。(>_<)

我が身を振り返って、自戒としたいです。
おこぜのさしみさん、大切な「気づき」をいただきました。
ありがとうございました。m(__)m

小さな頃の次男に買ってやりたかった 「障害児の親として(10946)」

これは素敵だなぁ。。。
息子達が小さなころに買ってやりたかったなぁ。
ウケタと思います。
北欧の物は価格が高いですけれど、いいものがたくさんありますね。




ルームメイト



子どもって、狭い空間が好きですよね。
自閉症の子は特に好きですよね。
次男は、自分の体がスッポリ入って、適度に窮屈な空間が好きでした。

押入れの中、ダンボールの中、によく入っていました。


パタパタと走り回って、あんまりにも落ち着かないときは、お布団で簀巻きにしてギューと押してやると落ち着きました。
ホ~~とした表情になりました。

モチロン、力は加減しました。
力いっぱい押しつぶしたら、死んでますね。(^_^)

後に、米国の高機能自閉症者でコロラド大学の助教授(?)のテンプル・グランディンの著書を読んで、彼女の「締め付け機」の記述を読んで、「あ~~、次男もコレだったんだぁ。。」と気がつきました。

次男はカナータイプの自閉症なので、(要するに、知能が低くて、言葉も少ない)どうして欲しいのか、を言葉で表現することはないので、ちょっとわかりにくいです。
知能の高い自閉症者が自らの感覚を説明してくれると、とても助かります。
テンプル・グランディン(Temple Grandin)


チャリティージャズメッセ2008

いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。




もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」

いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!


アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり


ビックリするほど美味しい梅干です。
つぶれ梅
梅干し-ハチミツ-木酢液      

同い年の女優さんが亡くなって 「障害児の親として(10946)」

女優さんが亡くなったというニュース。

同い年です。
独身であられたようです。
まだまだやりたいお仕事があったでしょうに。
心中の無念に想いを馳せる。

と、同時に、障害にある子を残して先に死なねばならない運命の我が身を想い、「想いを残して死んでいかねばならないよりは気持ちがラクですよ。」とも想ってしまう。

これは、私の弱さ。
ひがみ。

願いが叶うなら、気がかりな息子に終の棲家を用意してやれるまで、生かしてほしい。

久々に良いニュース-アフリカで蚊帳 「気になったニュース(29312)」

米TIME誌も「世界一クール」と絶賛!アフリカで売れまくる住友化学の“蚊帳”


社会貢献になって、雇用も生み出すことができるって、いいですよね。(^_^.)

雇用ですよ。

ちょっと暗いけど 「障害児と生きる日常(58952)」

気温が下がって、気持ちがいいのだけれど、ちょっと暗くなっちゃった。
5:15ごろ
夜の続きって感じ。


6:00
朝ですね。


公園には、たくさんのウォーカーが歩いています。
次男より若い人は見かけたことがないです。

6:00になると、高校生?大学生?と思われる人をチラホラ見かけます。
運動部の人かなぁ。。。
あ、その人達はジョギングです。
それもかなり速いです。

自閉症の子、人は朝早く目が覚める人が多いと聞きます。
次男は、中学生辺りまでは、私が「朝だよ~~♪」と声をかけるまで寝ていたように思います。
私より早く目が覚めて、TVや本を見ているようになったのは、高校生からかな。

体力と関係があるのかもしれませんね。(^^)

私は夜型なので、早起きはつらいです。(>_<)
でも、付き合ってやれるときに、付き合ってやりたいですしね。
もうすぐ、ヨボヨボになってしまいますぅ~~~(*_*;


チャリティージャズメッセ2008

いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。




もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」

いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!


アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり


ビックリするほど美味しい梅干です。
つぶれ梅
梅干し-ハチミツ-木酢液      


怒りで体が震える--追記 「障害児と生きる日常(58952)」

怒りで体が震える。


中学生ら8人…知的障害者狙い


------追記-------


すべての世の中の人が次男に優しいわけではないことは、私は強烈に知っている。

次男が小学2年の時、小学1年生4人が、1階から2階の次男の教室にやってきた。
前の授業で、教室移動があって、他の教室から帰ってきた次男を廊下で待ち伏せて、彼らはなにをしたか。
人目につかない廊下の端に連れて行って何をしたか。

4人は、次男と同じ保育所の出身者で、次男が何も話せないことを知っていた。

彼らは、ジャンケンで順番を決めて、次男を突き飛ばして、誰が次男を泣かせることができるのか、を競ったのだ。
何回か突き飛ばされて、次男は鼻血を出した。
小学1年生4人による、知的障害があり、会話言語を持たない自閉症の小学2年生へのリンチは終了した。

教室に逃げ帰った次男は、ロッカーと壁のわずかな隙間に体をネジ入れて泣きじゃくっていたそうだ。
養護担任がやってきて、抱き寄せようとした手を拒絶して異様な泣き方をしていたそうだ。

彼らは、教諭に、「廊下でぶつかった時に、次男に謝れ!と注意したのに、誤らなかったのでお尻を叩いたら、次男が泣き出した。次男に障害があって話せないことは全く知らなかった。」と報告した。
教諭達はまんまとだまされた。
私に4人の名前を知らせなかった。

ことの真相は6ヶ月後に判明した。

その間に、「これは、以前に報告を受けたことを信用してはならない。」と感ずる事件があったので、私は学校側にしつこく食い下がった。
ようやく、教諭が次男たちが卒業した保育所に足を運び、彼ら4人が以前から次男に障害があることを熟知していることが確認したので、4人に問いただしたところ、真相がわかった。

6歳児、7歳児ですら、人とは、かくも残忍で狡猾なのだ。

彼らがしたことは、おそらく、教諭に白状したことだけではあるまい。

  

その後の私の対応は、いかに。
私は泣き寝入りはしない。
謝罪は受け付けない。
ウヤムヤにはさせない。
公式の記録に残るようにしていただいた。


「人は残忍な生き物である、」と知ったからと言って、次男を家の中に、施設の中に閉じ込めてしまうわけにはいかない。

天に運を任せながら、祈りながら、工夫を重ねながら、毎日をすごしてきた。
これからもそうしようと思う。
神仏に、「守りたまえ。導きたまえ。」と祈らない日はない。

ハリキリボーイ 「障害児と生きる日常(58952)」

6:50 出かけました。
今日は、作業所へ行きます。

出かけようとする次男を呼び止めて、「こっち向いて。」と振り向かせて、

かっこいい~~!!(#^.^#)

と言ってやると、

うむ!

と頷いた次男です。

今週もがんばりましょう、次男くん。

ゴマスリでもオダテでも、気持ちよく出かけてもらわなくっちゃね。(^^)v


ビフレスト A Place in the Sun 就労継続支援B型作業所
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

チャリティージャズメッセ2008

チャリティージャズメッセ2008 「Jazz(14513)」

チャリティージャズメッセ2008





チャリティージャズメッセ案内が届くと、秋の始まりです。

毎年、素敵なコンサートです。



チャリティージャズメッセ2007

針でチクチク 「障害児と生きる日常(58952)」



布の手提げ袋に針で毛糸を刺していきます。
素敵なバックになるといいなぁ。






らくがき企画-紙粘土でつくるアイスクリーム


クリンもだん美術教室は、
何歳でもOK!!
どこに在住でもOK!!
障害があってもOK!!
障害がなくてもOK!!

です。
お気軽に、お問い合わせください。

聖公会生野センター

地域活動支援センター:クリンもだん美術教室:デイサービス
http://www.nskk.org/province/ikuno/




地域活動支援センター クリンもだん」の母体は、「日本国内に約320の教会立教学院・平安女学院・桃山学院・プール学院また、聖ルカ国際病院など多くの教育、社会福祉、医療の分野で働きを続けている聖公会」です。
映画「筆子・その愛」の石井筆子女史で知られる滝乃川学園も同じく聖公会です。

地域活動支援センター「クリンもだん」

クリンもだんパンフレット

筆で絵の具をヌリヌリ 「障害児と生きる日常(58952)」



自分で切り取った羊さんに筆で絵の具をヌリヌリです。
いつもヘルパーのお姉さんといっしょです。














ガハハ~~~と笑っているのが、石井先生です。(^^)

眠れなくて-思うこと 「障害児と生きる日常(58952)」

昨夜、次男は珍しく10:00あたりまでベッドのゴロゴロしながら眼が覚めていた。


私も眠れなくて、3:00あたりまで起きていた。

まずいなぁ。。4:50に起きるのは無理だなぁ。。と思った。
アラームで眼がさめて、居間に行ったのだけれど、既に起きてお茶を飲んでいた次男の顔を見たのだけれど、「ごめん。お母さんはウォーキングをお休みします。」と言ってしまった。

次男は、「は~い。」返事した。

「お母さんは、もう一度寝ます。」と言っても「は~い」と返事した。

次男はどうするのかなぁ。。と耳を澄ませていたら、金曜日なので、ゴミの袋を玄関に持ってきて、トレーニングウエアに着替えて、鍵をかけてウォーキングに出かけていった。

1時間程で帰ってきて、シャワーして母もシャワーして後はいつもと同じ展開。

次男は洗濯して、掃除機をかけてくれて、ありがたい。
玄関ドア、トイレ、洗面所の拭き掃除が母の仕事。
そのうち、これらもさせようと思う。

掃除は、日常的な家事のひとつにすぎないけれど、極めていくと職業になる。
私はとても大雑把性格なので、人様が見たらビックリするほどいい加減なやりようでしかない。
そんな私が言うとうそっぽいけれど。。。


もしも、私が自分の生活費を稼がなければならない現実から少し解放されたら、オフィスやマンションの共用部分、駅等の清掃の仕事を自閉症者と一緒にできないだろうか。。。と想う。

自閉症や知的障害のある子の保護者が、それぞれの子を、日常生活の中で、掃除機をかけること、拭き掃除をすることが出来る子に育てておけば、可能性はあるのではないだろうか。。と想う。

次男のように、話すことがほとんど出来ない人でも可能性は広がる。
体が動くのであれば、健康であれば、汗を流すこと、手が汚れることを厭わない人に育てるのは、親の仕事だと想う。



「ウチの子、なにも出来ない子なんだけれど、なにか良い仕事ないかしら。。。。
次男くんのママなら、こんな子でも使ってくれるところを知っているのじゃないかと思って。。。。」
と言われて、絶句した。
親から見て、「なにも出来ない子」を使ってくれるところは、どこにもないでしょう。

ドラマの中の自閉症-コールドケース405 「障害児の親として(10946)」

高視聴率のTV番組の中で、自閉症がどんなふうに描かれているかは、いつも気になります。
世間一般のイメージを左右するからです。
できれば、絶望的ではないもの。
希望や可能性を示唆するものであってほしいです。

これは、WOWOWで放送されている海外ドラマです。

コールドケース  第4シーズン 5話

熱帯魚 Saving Sammy

2ヶ国語  8月 9日(土)午後11:00
字幕    8月13日(水)午後11:00

2003年、自閉症ブレントと姉のルビーは、ある夜何者かに両親を殺害される。遺留品も目撃者もなく、事件は早々に迷宮入りした。しかし、思わぬところから手がかりが見つかる。事件後、養護施設に預けられていたブレントだが、事件の話をする時に必ず決まった数字を口にすることを、リリーの恋人ジョセフが気づいたのだ。ジョセフの手配でブレントに対面したリリーとヴァレンズ。数字が意味するものは? ブレントは犯人を目撃していたのか?


----追記ーーーー8/10記

ルビーが“弟が両親を殺した”と告白した時、”あ~~~。。”と声を漏らしてしまった。
事故であれ、何であれ、重い。重すぎるストーリーだ。

真犯人が別にいたとわかって、ホッとしたけれど、自閉症者の両親が殺害されてしまうストーリーは、本当に重い。
両親を一瞬のして失い、養護施設に収容されるなんて。

ブレントは自閉症だが、記憶力は優れており、それによって事件の解決の糸口が見えてくる。

真犯人はブレントを可愛がっていたはずなのに、ブレントとルビーにとんでもなく残酷なことをしてしまって、”あ~~、それはないだろう。。。”と思う。
彼も幸福な家庭さえあればこんな事件は起こさなかったはず。


真犯人は、ブレントの能力を見くびっていた為にやがて逮捕される。
真犯人が、ブレントを見くびっていたからこそ、ブレントは殺害されなかったのだけれど。

ルビーも愛する弟を誤解していて、庇っていたわけで、番組の製作者の深慮が感じられた。
家族だから、愛しているから、可愛いと思っているからすべてを理解しているわけではない。
誤解していることもあるはずで、愛情さえあれば、うまくいくわけではない。


自閉症の我が子を思う親の想いを食い物にする校長が逮捕されたシーンは、溜飲が下がった。
私はこういう人が実際にいることを知っている。

ブレントと辛抱強く関わって、ブレントの記憶の箱から情報を取り出したヴァレンズ刑事。
現実では難しいことであろうが、そういうストーリーを描いてくれた製作者に感謝の念を持った。

悪ガキ。。といっても自分よりもデカイ男子学生に、「弟に手を出したら、殺してやる!」とタンカを切ったお姉ちゃん、カッコイイ。


Episode Detail: Saving Sammy - Cold Case
The parents of an autistic boy are gunned down in their car while on their way to get takeout. The 2003 case is reopened when Joseph informs Lilly that the boy, now in a state institution, blurts out a specific number whenever the parents are mentioned. It's soon learned the boy was in the car when the murders occurred, but he's unable to identify the killer. In a more personal matter, Ray tells Lilly he's leaving for California and wants her to come with him.

また、泣けてきた 「障害児と生きる日常(58952)」

会社から帰宅すると、次男がベッドから「お帰りなさい。」と言ってくれた。

次男くんは、今日も仕事をがんばってしたかな?

と、声をかけると、

した!

とのこと。
それはよかった。。と連絡帳を点検すると、

事務所に、外出していたスタッフが帰ってくると、とても嬉しそうに「お帰りなさ~~い!!」と言うそうです。

先日のNHKTV 福祉ネットワーク
で、「そとでは誰もかまってくれないから。。。」と言っていた男性を思い出して、また泣けてきた。

次男はなんと恵まれていることか。

○○さん、好き。
△△さん、好き。
■■さん、好き。

と言いながら、次男は出勤していく。

言葉と言えば、数種類の二語文が精一杯の次男に居場所と仕事がある幸運。

私がもっと年老いてからも、死んだ後も、次男の幸運がずっと続いてほしい。

福祉ネットワーク-刑務所に戻りたかった 「障害児の親として(10946)」

NHKTV 福祉ネットワーク

刑務所に戻りたかった -罪を犯した知的障害者の社会復帰-

2008年8月19日(火) 再放送:8月26日(火)

予想したとおりの内容で胸が苦しかった。
幸か不幸か、次男は、ず~~~っと知的な能力が低いので、すぐに知的障害があるとわかるので、療育手帳も持っているし、何より母親の覚悟が決まるのが早かった。


次男が地域の小学校、中学校に通学している時に、明らかに知的な障害がある子が普通の子として在籍しているケースが多々あった。
教師はわかっていて親にアプローチしていたのだけれど、親は強烈に拒否していたようだ。
「障害児ならば、自分の子ではない。」とでも思っていたのか。
息子達のパパと同じだな。別れて正解!(^^)v

子ども達は、どの子も可哀想な状況にあった。


あの子達はどうしているのだろうか。

親の罪は大きい。

いや、はっきり言うと大迷惑なのだ。
こういう親達が、真っ当に(?)子どもの障害と向き合っている親の足を引っ張っている。
懸命に頑張っている障害者に不当な偏見のレッテルを与えている。

なにより、我が子を傷つけ、裏切っている。

復調 「障害児と生きる日常(58952)」

次男くん、復調しました。

今朝は、4:00ごろから母の部屋に、ウォーキングに着て行くべき、靴下、トレーナー等々を投げ込んでくれました。

昨朝は、母の目覚ましアラームが鳴るまでほっといてくれましたけどね。

ガァ~~(@_@;)
眠いです。

それでも、50歳まで次男くんに食らいついていこうと思います。
いつまでも、母が力及ぶはずはないですから、行けるところまでは、食らいついて行きます。

人は同じ調子で伸びていくわけではないので、「今がチャンス!」と思ったら、歯を食いしばってでも応援してやりたいです。
応援してるのか、ジャマしてるのか、時々不明ですけどね。


次男くん、昨日は、久しぶりの出勤でしたが、しっかり集中して仕事に取り組めたようです。
よかったです。
昼食はカツ丼にしたそうで、それもまた、久しぶりのはずで、美味しかったかな。(^_^)



いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。




もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」

いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!


アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり


ビックリするほど美味しい梅干です。
つぶれ梅
梅干し-ハチミツ-木酢液      


さすがに疲れたか 「障害児と生きる日常(58952)」

次男は、毎朝、4:00ごろに、母がウォーキングに着て出るべきトレーナーや靴下を母の部屋に投げ込んでくれます。

母は”う~~ん、目覚ましのアラームが鳴るまではそっとしといてよ~~。(+_+) ”
と、思っているのですが、今朝は、アラームがなるまで投げ込みに来ませんでした。

次男くん、昨日は作業所でした。
さすがに、休み明けの作業所は疲れたのでしょうか。
母は、いつもより50分よけいに眠ることができて、得した気分です。(^^)v

起きて台所に行くと、今朝は、ウーロン茶を沸かしていなかった次男くんです。
ハハハ、お茶を沸かしてなくてもいいよぉ。
シッカリ眠るほうがいいよ、次男くん。

5:09にウォーキングに出かけました。
後は、ふだんのペースです。
今日も、元気です。

出勤はうれし? 「障害児と生きる日常(58952)」

今日から次男も平常の生活に戻りました。

6:50にウエストポーチを腰に装着して、「行っていいか?」という顔をするので、「いいよ。」というと、鼻歌を歌いながら出かけました。
母親といっしょにいるのは退屈よね。
もう限界がきていましたね、次男くん。

今日は、就労支援継続B型作業所に行く日です。
地下鉄の駅を16駅たどって行きます。
途中で1度乗り換えます。

朝礼の様子です。
次男の姿が、気合が入っているように思うのは「親バカモード」のせいでしょうね。
タハハ。 親バカにならないと毎日を過ごせませんわ。 ^_^;




ビフレスト A Place in the Sun 就労継続支援B型作業所
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

ビーフカレーで釣りました 「映画館で観た映画(44671)」

夜、映画を見に行きました。

長男をビーフカレーで釣って、お留守番のアルバイトに呼びました。
次男にあとで訊いたところ、お兄ちゃんがいて「うれしかった、」そうです。

ま、たまには良いでしょ。


「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」
原題:The Mummy: Tomb of the Dragon Emperor


中国人女優のミシェル・ヨーが来日記者会見で、「ご存知のとおり、中国にはミイラはいません。」と言っていました。(^o^)丿

カカカ。製作者である西洋人から見れば。。。ね。
ま、ま、ま、ま、細かいことは気にしないで行きましょう(^^)

ミシェル・ヨーさん、何年経ってもエレガントです。
彼女は、何を食べているのでしょうか?

主演のブレンダン・フレイザー、良い意味で、陽気で大雑把なアメリカ人という感じが好きです。

エヴリン役のマリア・ベロ、、前作までのレイチェル・ワイズが好演だったので気の毒な感がありますが、頑張っていました。

きっと、次作は、南米だろうなぁ。
ミイラが無理なく出てくるしね。(^^)

Tシャツを買いに 「障害児と生きる日常(58952)」

明日からは平常の生活に戻ります。
さて、さて、今日は、何をしましょうか。

困ったときには、ユニクロ。(~_~;)

次男のTシャツを買いに行きました。

「Tシャツを3枚買いましょう。」とあらかじめ決めました。
次男くん、ルンルンの様子でタッタッタと先を歩いていきました。
足の短い母がお店につくと、次男はお店の中をウロウロ歩いていました。

次男はLサイズです。
好きなように選ばせると、こんな3枚になりました。



次男が、黒無地を1枚選んだので、他のものに換えさせたいと思いましたが、「これ!」と手にとって”買う”と意思表示するので、止めました。

黒のTシャツは、オシャレな人が着るといいのですが、大抵の青年はくすぶって見えるので、次男には着せたくない色です。
それに、洗濯すると糸くずがついてしまって。。。

ま、仕方がないですね。(~_~;)


ーーーー追記ーーーーー


出かける前にサイフの中身をチェックさせると、1500円ほどでした。
+3000円させて出かけました。

Tシャツは、
990円(ブルーの六葉星)
1500円(オレンジのレンリーネック)
1000円(黒無地)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
合計 3490円
でした。

レジに行った次男をチョット離れて見ていると、「合計 3490円です」と言われて、次男は3000円を先に渡して、小銭を探していました。
サイフに無かったようで、あと1000円を店員さんに手渡しして「4000円」と言いました。
店員さんは、ニッコリして「はい!」と言ってくれて、ホッとしました。
それは、店員としてのあたり前の対応なのでしょうけれど、ホッとしました。
ありがとうございました。



いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。


ヒマラヤロックソルト
身体が芯から温もってシットリする入浴剤です。
”死海の塩”がダメだった方もコレはお奨めですよ。お試しください。



バザー、作業所等で販売をお考えの場合はご相談ください。
Sサイズがとてもかわいいです。


アラビア石鹸お徳用、Sサイズ
アトピー、乾癬、ニキビ、敏感肌、乾燥肌の方にもおすすめの石鹸です。




もう!オオウケです。




こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」

いいなぁ。。いいなぁ。。。
当人(弟くん)からお姉さんへの日記写メールです。

LOOK!


アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり


ビックリするほど美味しい梅干です。
つぶれ梅
梅干し-ハチミツ-木酢液      

既にヘロヘロ 「障害児の親として(10946)」

午前中は、スイミング。
自宅の近くに公共のスポーツ施設が在るのは有りがたいです。

しかし、母はヘロヘロです。


なるほど!パンは3個だ。 「障害児と生きる日常(58952)」

スポーツ選手じゃないけれど、次男なりに今は進境著しい時期にあると思うので、精一杯付き合ってやりたいと思っています。
社会人になって3年目ですし、戦力として定着するか、ヘンに慣れてしまって使いにくい人になってしまったり。。。と心配は絶えません。
それでも、心配しても仕方がないので、ともかく、次男との時間を大切にしようと思います。

で、早朝ウォーキングも続いています。
私が起きなくても、次男は一人でこなすのでしょうが、レスリングのあのウルサイお父さんじゃないですが、「親も気合だぁ~~!!」って、とこでしょうか。
なんで、あの娘さんは、あんなにいい子に育つのでしょうか?(・o・)
私なら、イヤがっちゃうよ。
いくら良いパパであっても、ウルサイよ


9:00に家を出て、プールについたら、正直言ってゲンナリしてましたが、泳ぐと不思議に気持ち良くなりました。

1時間泳いで、ジャグジーで温まって、焼きたてパンの販売コーナーに行きました。
次男に前回のように山盛りのパンを取られると困るので、「次男くん、今日は、パンは、3個にしようね。」というと「は~~い。」と返事をしてくれてホッとしました。

次男は、パンを3個選んで、野菜と果物のジュースを選んで、野菜のピザ1ピース、ウインナーと卵のピザ1ピース、をレジに運びました。

確かにパンは3個でした。
母の読みが浅かった。(>_<)

そして、それらをペロリと軽く食べちゃった次男でした。

次男の未来を守る為には、 「障害児の親として(10946)」

次男くん、男性のサポーターと出かけました。
次男を中学生から知っていてくれるサポーターさんです。
長身の次男より少し背が高いお兄さんです。

新聞でも、TVでも、男性の介護職が職を辞していくことが多いことを言っています。
家族が持てない、家族を養うことが出来ないからです。
利用者もサービス提供者も「福祉残酷物語」なのです。
サービスに対する単価が安すぎるのでしょう。


次男とサポーターさんが並んで歩いていく姿を見送って、次男の未来を守ることは、サポーターさんの未来を守ることが先決なのだと思いました。
サポーターの援助がなければ、障害者である次男の未来は守れません。



今日は、ゴミ収集日です。
ウォーキングの後は、いつもの掃除機かけ、玄関、トイレの拭き掃除をしました。

ベランダに目をやると、黒いビニール袋がありました。
お客さんがいらした時に、部屋を少しでも広くしようとベランダにだしたものです。

袋の中身を忘れてしまっていて、「なんだっけ~~??」と開けてみたら、ほとんどガラクタでビックリしました。
こんな物を置いてたのかぁ~~~と思いました。
透明なビニール袋に移しかえて、次男にゴミ置き場に持って行ってもらいました。
捨てるべきもの、捨ててはいけないもの、いつも取捨選択の繰り返しですね。

身軽になって、本当に大切な物だけを抱いて生きていけたらいいのですが、そうもいきません。
いらないのに、捨てるわけにはいかないものがたくさんありすぎますね。


ーーーーー追記ーーーーーー

次男くん、5:00過ぎに帰宅しました。

すぐにシャワーしてベッドに直行しました。
扇風機に吹かれながら鼻歌三昧です。


寝ちゃうのかなぁ。。。と思ったら、けっこう元気そうなので、牛肉コロックとツナコロッケに使うジャガイモをフォークでつぶしてもらいました。
我が家には、「手伝わざる者、喰うべからず。」という母が決めたルールがあります。(^^)v

サポーターさんにお礼の電話を入れると、次男は、”ずっとプールで泳いでクタクタ”になったそうです。
お昼ごはんもオヤツもしっかり食べたそうです。

本人にきくと、お昼ごはんはケンタッキー。オヤツはジャガリコ。  だそうです。
うれしかったでしょうね。

次男がクタクタになれるまで付き合ってくださるサポーターさんて、すごい!!と思います。
ありがとうございました。m(__)m

デイサービスへ、映画へ、 「障害児と生きる日常(58952)」

次男くん、デイサービスに行きました。

もちろん、早朝ウォーキングも悠々とこなしました。
母は、必死のパッチでこなしました。
4:50に携帯電話のアラームが鳴ったのがどんだけ恨めしかったことか。(>_<)


次男くんがデイサービスに出かける前に、
「お母さんは映画を見に行きます。次男くんが帰ったときにお母さんがいなくても心配しないで待っててね。」
と言ったら、次男が少し「え~~。。。」(・o・)という顔をしました。

ありゃぁ~~、いつもはなんでもないことじゃん。。
仕事から帰るのは次男くんが早いじゃん。。

と思いましたが、次男も今は盆休みモードなのかもしれません。

慌てて、次男が帰宅するまでに私が帰ってくることができる上映時間を調べました。

9:50上映開始の、 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」吹き替え版 がありました。
字幕版を探していたのですが、字幕版を見ると、次男が帰るまでに私が家に帰る事ができません。
ま、しかたがないですね。

ラッキーなことに、TOHO系列は14日は1000円だそうです。
オホホホホ~~ (^^)v
インターネットでチケットを購入して、劇場までダッシュしましたよ。

楽しめましたよ。
インディーシリーズはやっぱり大好きです。
なつかしのマリオンも登場して予想通りのハッピーエンドでした。

タフなパパって憧れよね。
ベッタリ一緒に暮らすことはなくってもね。
息子達に良いパパを与えてやれなかった私は、ちょっと胸が痛みました。


デイサービスが開所していてありがたいです。
次男くん、今日もプールなのよね。
まぁ、いいでしょ。
母とじゃなくて、デイサービスのメンバーや指導員さんといくのですから楽しさがちがうでしょう。

ーーー追記ーーーーー
メンバーのなかに風邪の人がいたのでプールには行かなかったそうです。
アリャリャ、残念でした。

次男に朝早くに起こされるのは、シンドイですが、健康でいてくれるのはありがたいです。

次男は、本当に言語でのコミュニケーションが難しいので、禅問答やテレパシーぽい感じで毎日を潜り抜けています。
だから、体調を崩したら、何が、どう、苦しいのか、シンドイのか?次男は、説明できないし。。私も汲み取れないです。


今日のデイサービスでは、午前中は、美術。
午後は、音楽になったそうです。
お昼ごはんは、手巻き寿司だったそうです。
いいなぁ。。。
次男は、とても恵まれていると思います。

母の決意-有言実行! 「障害児と生きる日常(58952)」

有言実行!
言葉に出して自分を追い込まないと逃げちゃうでしょう(~_~;)

何年かぶりで水着を着ましたよ。
次男と二人で9:30から1時間余、プールで泳いできました。

タップリ泳いで、温かいジャグジーで体を温めて終了しました。
更衣室で着替えて鏡で顔を見たら、目に下に隈ができていましたよ。
恐るべし、スイミングの運動消費量。

同じ建物の中にある焼きたてパン屋さんで美味しいパンとコーヒーを食べて満足、満足。
次男に、好きなのを選んでいいよ。。。と自由に取らせたら、スッゴイ量のパンをパレットにとっちゃった。。。。アジャ~(>_<)
仕方がないので全部買いました。
せっかく消費したカロリーも意味ないじゃん。
トホホ。


ま、いいさ。
母の脂肪はパワーの素、エネルギーの素よ。
そんじょ、そこらの脂肪といっしょにしちゃいけないよ。
うそよ。いっしょよ (>_<)

帰宅して、シャワーして、次男は既に寝息を立てています。

母ももう限界。
ちょっとだけ死にます。

しびれていた左足は快調になりました。
行ってよかったです。

こんなムチャが出来るのも、明日はデイサービスが開所しているからです。
次男くん、明日は、朝に出かけると夕方まで帰りません
明日の母は、使いものにならない予定です。(>_<)

今日から休み 「障害児と生きる日常(58952)」

次男くん、今日から休みです。


18日(月)に作業所に行くまで出勤しません。

働き者の次男にとっては、ツマンナイかもしれません。
「自分は役にたっている。」と思うのが、存在証明かもしれません。

今日は、デイサービスに行きます
ありがたいことに、休暇中は、デイサービス:2日、サポーターとお出かけ:1日が決まっています。
母がなんとかしなければならないのが、3日です。
なんとか、してみましょう。
水着を着るぞ!<(`^´)>
世の中に迷惑をかけます。すいません。m(__)m

未だに、ジワ~~~ッとしびれている左足をプールの中で動かしたいです。
次男の療育手帳が有効なところへ行きます。
次男をダシにして、母がリハビリしますわ。


映画:カンフーパンダを見に行きたくて、次男くんに、「次男くん、カンフーパンダーを見にいこうか?」と誘ったら、「行かない!」って返事されちゃいました。

あかんかぁ。。。
行こうよぉ~~

お母さんは、「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」「ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝」も見に行きたいです。
母は、冒険活劇大好きです。

恋愛ものは、苦手です。
テンポが遅いとマジでイビキかいて寝てしまいます。

SFものも、苦手です。
時間軸がずれたりすると、気持ちがひっかかって気持ちが悪いです。

次男は、アクションものが、苦手です。
人が殴られたり、怪我したり、死んだりするのは観たくないようです。




母は、今日も仕事です。
明日から休みです。
今日、地域活動支援センター「クリンもだん」のデイサービスが開所していて”たすかったぁ~”と思っています。
”天の助け”です。



紙粘土でつくるアイスクリーム


地域活動支援センター「クリンもだん」

クリンもだんパンフレット

今日も一人で行きました。 「障害児と生きる日常(58952)」

6:50に出かけていきました。

1時間30分で到着の予定です。

「来てないです!」という連絡がなかったので無事に到着したのだなぁ。。と思っていました。

作業が終わって、帰宅した頃に、次男の携帯電話にかけてみました。

は~~い!と上機嫌でした。(^^)

頑張れたかな?

新しい運動靴を買って帰ってベッドの足元に置いておきました。

ビフレスト A Place in the Sun 就労継続支援B型作業所
運営方針:工賃は最低を2万円とし、平均は地域の最低賃金の1/3以上を超えること

夢は、障害者を2000人雇用する施設以外の会社の立ち上げ。
ブログ:On the Sunny side 誰にでも居場所がある

大人になっても 「障害児の親として(10946)」

スッキリ短髪になった次男くん、デイサービスに出かけました。
午後からは画家の大澤先生の美術プログラムがあります。
今日も楽しんでくることでしょう。

昨日した散髪で男っぽい様子になった次男です。
長男も次男も頭の形が良いのでどんなに短くしても安心です。
ハゲもないので。(^^)

息子達が大人になることは、嬉しいですが、複雑な気持ちもあります。



ずっと以前に、まだ独身であったころに見たアメリカ映画?単発ドラマ?の中で聞いたセリフが胸に残っています。
知的障害のある自閉症の息子をもつ父親のセリフです。
彼は建築家です。
成人の障害者のための入所施設を設計して、建設資金をだしてくれる人を探したのですが、うまくいかなかったようです。

「子どもの障害者を可愛いがる人は多い。
でも大人になった障害者のために金をだす人はいない。」

もともと、重い言葉ですが、次男に障害があることがわかって、次男が日々成長し、大人になっていくにともない、ますます、重さを増してきました。

親はいつまでも我が子が可愛いのですが、世間一般から見れば、大人になった障害者は、可愛くないのでしょう。

大人になっても、おじさん、おじいさんになっても大事にされる障害者に次男をしたいです。
幸い、学齢期以降も、とても恵まれています。
さて、難しいのはこれからです。

とりあえず、短髪にして清潔にして。。。
よく働かして。。。
と、思います。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR