きっと戦力に 「障害児と生きる日常(58952)」

勤務先からの連絡帳に、

"昨日のPC入力作業をしてもらいました。一度教えたことをしっかりおぼえているのは本当にすごいです。”

とあります。
ありがたいです。

次男の自閉症という特質を捉えて解りやすく教えていただいたのでしょう。
次男の情報入力は、圧倒的に視覚優先です。

次男は今朝もハリキッテ出勤しました。
嬉しそうに出かけました。

出来ること、出来ないことははっきりとありますが、まずは、できることの範囲を広げて、掘り下げていったなら、出来ないことの代替となるアイデアが見つからないかと思っています。
時代は変化しますから。
10年前は、ブログという言葉もなかったわけですし。

次男くん、月末、月初の忙しい期間の戦力になってください。
スポンサーサイト

新しい入力作業 「障害児と生きる日常(58952)」

次男くん、昨日は新しいパターンのPC入力作業をしたそうです。

初めは、難しい様子だったけれど、何枚か作業するうちに理解したそうです。
「100点です。」と連絡帳にあります。
指導してくださったスタッフはどんなに大変な思いをされたことか。

きっと、口頭でも次男を褒めてくださったのでしょう。
次男くん、よかったですね。
一歩、一歩、次男くんの世界が広がりますね。
頑張りましょうね。
次男くんが職場の重要な戦力になれるといいですね。

サプリメントは全部、次男くんにあげますね。


クリンもだん美術展2006・應典院

もう!オオウケです。


新作

こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。
中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

賢くなりたいの 「障害児と生きる日常(58952)」

ここ何日か、次男は毎朝サプリメントを飲んでいるようだ。
飲んでいるところを見たわけではないが、サプリメントの袋が次男のテーブルの席に置いてあるので、次男に尋ねてみたら、

飲んだ。2つと5つ

と答えるから、飲んだのだろう。

次男が自閉症であるとわかってから、自宅で訓練や遊びに気を配っていたけれど、サプリメント(健康食品)も盛んに飲ませていた。
DHAなど脳によいとされるものを中心にしていた。

中学生あたりまで続けていた。
体が一通りの成長を終えて、ちょっと、私の気が萎えてしまって注文しなくなっていた。
今度は私の老化(特に記憶力、忍耐力(持久力とも言えるかな)が甚だしくて、私が飲まなければと注文してみた。

記憶サポート、DHA

次男が袋に書いてあるキャッチコピーを読んでいるので、

これね。賢くなるかもよ。
お母さん、飲むからね。
お母さんがボケないようにね。


と言っておいたのを、朝、私が起きてくる前に次男が飲んでいるのだ。

次男くん、賢くなりたい?

と、迂闊にも言葉に出して訊いてしまった。

うん!!賢くなりたいの。

涙がこぼれた。



クリンもだん美術展2006・應典院

もう!オオウケです。


新作

こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。
中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

今日もゴキゲン。 「障害児と生きる日常(58952)」

そういえば、この何年間は、私よりも先に次男が起きているので、息子達に「起きなさい!」と叱ったことがないです。
そんな時があったかなぁ。
あったと思いますが、本当に思い出せないくらい前です。
私が起きてご飯の用意や洗濯を始めると、目が覚めて起きて来ていたのかもしれません。

今は、息子達が「おかん、起きや!」「お母さん、起きてください」と声をかけてくれます。
サンキュです。

次男くん、今日もゴキゲンで過ごせたようです。

調理担当のマルスンさんと仲が良いようです。
次男の携帯電話にも写っています。
マルスンさんに教えていただいて「アンニョンハセヨ」と挨拶できます。
今日はふたりでパズルをしていたとか。

言葉のレパートリーが少ない次男ですが、それなりに通じているようなのが不思議です。
私は彼が生まれた時からの付き合いなのでそれなりに慣れています。

次男が家の外でもゴキゲンで過ごせるのは、皆さんの忍耐力と想像力のおかげです。
ありがとうございます。

教育再生会議:いじめた側の児童・生徒「出席停止」を提言 「障害児の親として(10946)」

<教育再生会議>いじめた側の児童・生徒「出席停止」を提言 (毎日新聞)
 相次ぐいじめ自殺を受け、政府の教育再生会議が今週中に発表する「いじめ問題への緊急提言」の原案が26日明らかになった。いじめた側の児童・生徒への「出席停止」措置の厳格な適用、いじめを助長した教員への懲戒処分が柱。問題が起きた学校に専門家を派遣して、立て直しを支援するサポートチームの設立も盛り込む。


 
15年くらい遅いです。
いや、86年2月に、東京・中野富士見中の鹿川裕史君事件が起き、各地で子どもたちの自殺が続いていたのなら、20年遅いです。

そして、提言だけで終わる可能性も大きいと思います。
いじめを助長した教員への懲戒処分が柱って言うのがより困難そう。

全体の歩調が揃うのは、到底無理な話。
そんなのを待っていると大事な我が子の学齢期は終わってしまいます。



クリンもだん美術展2006・應典院

もう!オオウケです。


新作

こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。
中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

クリンもだん美術展2006・應典院 「絵が好きな人!?(22071)」

クリンもだん美術展2006・應典院

開催期間:11月26日(日)~12月10日(日)11:00~19:00






オープニング・パーティーに参加させていただきました。
お母さん達が持ち寄った素晴しいご馳走をいただいてきました。
私は、昨年に続き、市販のドーナツでお茶を濁しました。
タハハ。すいません。お許しくださいませ。
次男は12月から土曜日の教室に復帰します。


くりんモダン美術教室

開講曜日・講座内容

水・木曜日 :絵画(デッサンから油絵まで)

金・土曜日 :デザイン(様々な素材を元に商品化までも目指します)

開講時間 :水・木・金曜日 午後7時から8時30分

土曜日     午後2時から3時30分

*健常者・障害者が共に学ぶ場として多くの方から評価を受けています・
障害者の受講生の美術活動サポートのためにボランティア募集中
ボランンティアグループ 『らくがき』 として活動しています
*授業中は06-6757-1678(教室アトリエ)にお電話下さい

クリンもだん美術教室・・・・・大阪市生野区小路東1-16-27

地図


應典院   

熊野路ツアーのアルバム 「障害児と生きる日常(58952)」

11月3日~5日(2泊3日)三重県にでかけました。
「もっとどようくらぶツアー」です。
「もっとどようくらぶ」は、年令が中学生以上のメンバーなので、ヒゲの生えたのオッチャンぽい人もいます。
次男もやがては、20代、30台、40代、50代それ以上に齢をかさねていくわけです。
長い人生において、どのようにして余暇活動を設定していけるのか、不安に思っています。
この企画がずっと続いてくれることを願っています。























もう!オオウケです。


新作

こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。
中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

次男くん、奈良へ行きました 「障害児と生きる日常(58952)」

昨日は「もっとどようくらぶ」
年令が、中学生以上の「どようくらぶ」で、一日プログラムです。
リーダーさんが数人に一人の割合でつきます。
「どようくらぶ」はマンツーマンですから、ちょっと大人っぽいですね。
お昼ごはんも外食です。


今回は奈良公園に行きました。
次男くんが帰宅してからインタビューをしました。

次男くんいわく、

鹿、追いかけられた。

え!?鹿に追いかけられたの? 鹿を追いかけたの?

追いかけられた


あらら~~、それはまたスリリングな体験が出来たね。
そして、鹿は次男くんをツンツンって突いたわけ???


鹿、角ない。
鹿の角切り


あら、そうなの。よかったね。
次男くん、鹿って大きいでしょう?


小さい!

?????

次男の日記を読むと、
もっとどようくらぶ へ行きました。
お寺へ行きました。
鹿を見ました。
鹿せんべいをあげました

とあります。

奈良公園の鹿達は、神鹿ですからとても大事にされていますので、人間を恐がりません。
むしろ、人間をなめています。
鹿せんべいをあげると、「もっと、くれ~~~」という顔をします。
鹿によっては、「もっと、くれ~~~!もっと、くれ~~~!」と後をつけてきます。

次男くん、たぶん、そういう状況でしたね。
しかも角のない小さい鹿に追いかけられたワケですね。
ワハハ

お昼ごはんはスパゲティーを食べたそうです。
お寺とは大仏殿のことです。(チケットで確認)
奈良の大仏を見たそうです。

楽しいプログラムをありがとうございました。


次男くんが、お母さんにきれいな落ち葉をくれました。

はい!

と言ってくれました。
お土産のつもりだと思います。

ありがとう

と言って受け取りましたが、お母さんは、鹿ではないので、う~~ん。。。。

少女の想い、母の想い 「障害児の親として(10946)」

母、復活しました。
鼻声ですが、随分らくになりました。
ちょっと頭が痛いですが、この痛みは、長男くんが今吹いているサックスの音色が滑らかになると、治まるでしょう。

ここにある少女の想いは、母の想いと同じです。


[毎日新聞11月26日]
 
「自殺するなら 健康な体 私にください」


長野県飯田市の自営業、塩沢正敏さん(83)が保存していた86年2月の毎日新聞の記事にはそんな見出しがつけられていた。記事は、68年に西日本一帯で広く起きた「カネミ油症事件」の被害に苦しむ少女が、86年にも続発していたいじめ自殺を受けて、同世代の若者に「自殺を考え直して」と呼びかける内容だ。塩沢さんは中学2年の孫とともに記事を読み、「この記事を再掲載してもらい、今こそ皆に読んでほしい」と訴える。【神崎修一】

 記事は、長野県では同年2月28日付朝刊に掲載された(夕刊配布地区は同27日付夕刊)。長崎県内に住む高校2年の少女(17)は油症新生児、いわゆる「黒い赤ちゃん」として生まれた。足のつめが黒く変形し、頭痛や腹痛に悩まされた。油症患者だと知られないように家に閉じこもり、検診にも行けない。少女は、次々自らの命を絶つ同世代を憂うとともに、複雑な気持ちを寄せた。


 「世の中には、いじめよりも苦しい悩みに耐えて生きている人もいるのですよ。もう一度考えなおして下さい。もう少し勇気を出して下さい。それでもやっぱり死にたいと思うなら、そのあなたの健康な体を私のこの体と取り替えてから死んで下さい。


 私がたとえいじめにあったとしても健康な体であるならばきっと耐えられると思います。


 私は他に何もいりません。


 ただ健康な体が欲しい」


 少女がこの手記をつづった86年2月は、東京・中野富士見中の鹿川裕史君事件が起き、各地で子どもたちの自殺が続いていた。


 塩沢さんは今月上旬、古いスクラップ帳の記事に目を留めた。「読んだ瞬間に心に響いた。子どもたちの考える材料になるのでは」と孫の悠(ゆう)君(14)=飯田市立鼎(かなえ)中学校2年=にコピーを渡した。悠君は「いじめはこんなに前からあったんだ」と驚き、「自分は五体満足な体で、不自由もなく毎日を過ごせる幸せ者だったんだな」と実感したという。


 悠君は、全国で相次いでいるいじめ自殺を防止するヒントになるかもと考え、記事を先生や友達に見せた。「学校ではトラブルはないが、決して人ごとではない。自殺を考えている人もいるけど、自分を傷つけるのはやめて。親や友達など愛してくれる人は必ずいるはず」と訴える。


 【ことば】カネミ油症事件 68年10月に発覚。カネミ倉庫(北九州市)が製造した米ぬか油を食べた約1万4000人が、吹き出物など皮膚症状を中心に全身の異常を訴えた。製造工程で混入したダイオキシン類ポリ塩化ジベンゾフランが主因とされる。色素沈着被害で「黒い赤ちゃん」で生まれたケースもあった。




それでもやっぱり死にたいと思うなら、そのあなたの健康な体を、なに不自由のない能力を私の子と取り替えてから死んで下さい。
と言い換えたいのは私だけではないですよね。

ダウン症の俳優:ブレア・ウィリアムソン 「障害児の親として(10946)」

前述のCSI:3 第8話 復讐する血痕(Snuff)に出演していたダウン症の俳優のことが少しわかりました。



Blair Williamson ブ レ ア・ウ ィ リ ア ム ソ ン

1979年6月17日、カルフォルニア州、ロスアンゼルス生まれ。
ダウン症で出生時の体重は3ポンド(1ポンドは、454gです)でした。
4歳近くまで歩かなかった彼は、5歳までに9回の手術を受けています。
10歳の頃には健康になっていて、スペシャルオリンピックの400m走に出場しています。

数多くのTVドラマ、映画に出演しています。
あの、ER にも出演しています。


Unknown (2006) .... Janitor

"Nip/Tuck" .... Tommy Bolton (1 episode, 2005)
- Tommy Bolton (2005) TV Episode .... Tommy Bolton

"The Guardian" .... Mark Barlow (1 episode, 2004)
- All Is Mended (2004) TV Episode .... Mark Barlow

Heartland (2003) .... Daniel Schwartz

Waiting for Ronald (2003) .... Scotty

"CSI: Crime Scene Investigation" .... Randy Traschel (1 episode, 2002)
- Snuff (2002) TV Episode .... Randy Traschel

Ron's Night Out (1999) .... Birthday Extra

"ER" .... Jimmy Doyle (1 episode, 1997)
- Faith (1997) TV Episode .... Jimmy Doyle

My Antonia (1995) (TV) .... Marek Shimerda

"Born To Act Players”という障害のある人、ない人が共演する劇団のオリジナル・メンバーです。
重量挙げ選手としてスペシャル・オリンピックに出場し、聖歌隊で歌い、両親と同居しています。
スージーという恋人がいます。


日本も彼のような俳優が活躍できる国になってほしいです。

CSI:3 第8話 復讐する血痕(Snuff) 「海外ドラマ、だいすっき!(19748)」

海外ドラマが好きなので、ケーブルテレビでよく見ています。
昨夜は、

CSI:3 第8話 復讐する血痕(Snuff)

[事件概要]
第8話イメージラスベガスのフィルム加工会社の女性から、本物のスナッフ映画(殺人実写ポルノ)と思われるフィルムがあるとの通報があった。フィルムには確かに女性が殺されているシーンが映っていた。キャサリン達はフィルムに映った外の景色から現場のホテルを割り出し、捜査を開始。壁など全てリフォームされていたが、捜査の結果血痕を発見。また、スナッフ映画に出ていた男性にソックリな警備員がいたことから、その男を容疑者として逮捕した。ところがその警備員は映画に出ていたことは認めたものの殺人は否定、そして供述通り犯人はこの男性でないことがわかり、捜査は振り出しに戻った。
一方、山間の道路沿いで蟻が群がった白骨死体が発見された。復元の専門家テリーを招いて白骨の顔を復元させたところ、被害者は牧場で働いていたダウン症の男性と判明した。また、グリッソムは死体に付いていた蟻やハエのさなぎを元に法医昆虫学的見地から、被害者の死亡推定時期を割り出し捜査を進めていくのだが、牧場関係者の供述と証拠がどうしてもかみ合わず、容疑者らしき人物のアリバイが崩せない。そして今度は所持品などから再度、被害者の死亡推定時期の割り出しにかかるのだが・・・。


海外ドラマ(米国ドラマ)には障害者、障害児がよく登場します。
法律で決められているのか、放送業界のモラルなのかはわかりませんが、たぶん、一定の割合で有色人者、障害者を登場させねばならないことになっているのでしょう。

CSIシリーズのような全米で視聴率の1位を連続して得るような番組は世論を導くこともあるので、その制作には細心の注意が払われているのでしょう。

農場主が被害者の男性に関して言う 「とろいが仕事をこなした」 (日本語吹き替え版)という言葉が、現実的でさめている表現ですが、そういうセリフがあってよかったと思います。

PETE BANSON: Yeah, he's one of my stall muckers. Hired him about two years ago. A little slow in the head, but got the work done. And all of a sudden, he
up and disappeared never heard from him since then.

とろくたって仕事をちゃんとこなしていたダウン症の男性に何が起こったのか。


以前に(次男が幼児のころなのでかなり以前です。)NHKで放送していた連続ドラマ「コーキーとともに」の主人公、コーキーはダウン症でした。
ダウン症の青年が演じていました。

私が昨夜みたCSIに出演した俳優は、特殊メイクで扮装したダウン症ではない俳優なのか、ダウン症である俳優が演じたのかはわかりませんが、的確な表現でした。

加害者に向かって発せられた、

BILLY RATTISON: I don't know nothing about no damn retard.

GRISSOM: He wasn't a "retard," Mr. Rattison. He had what we call Down's syndrome.
BILLY RATTISON: I don't care what he had. Always sticking his nose where it
don't belong.

BILLY RATTISON:あのバカのことは知らないね。
GRISSOM: 「彼はバカじゃない。彼はダウン症だったんだ。」
BILLY RATTISON:知ったことか、いつもハナにつくヤロウだったんだ。


GRISSOM: By the way, the definition of the word "retard" is "to hinder" or "to
hold someone back." I think your life is about to become 'retarded'.


「彼は病気のせいで障害を得た。さて、今度は君の番だ。君の人生にも重大な障害が生じるわけだ。」
これは、日本語吹き替え版のセリフです。

原文に近く訳すと(ところで、「retard」という言葉の意味は、「じゃまをする」「ためらわせる」ということだ。君の人生がそうなろうとしているわけだ。)


等等の言葉は、(私の記憶はちょっと曖昧です。)テレビ放送上、制作会社が世間に示さなければならない良識をドラマのなかで無理なく盛り込んで俳優に言わせたセリフです。
ほんとうに制作スタッフがこう思っているかどうかはわからないし、放送を見た視聴者の何割が「そうだとも。」と思ってくれるのか、わかりません。
ですが、多くの人達が見る番組で発せられる言葉は、国民意識の中に少しづつ浸透していきます。

日本でドラマに障害者が取り上げられる回数はまだまだ少ないし、私も正直言ってナカナカ冷静に見る気力がなくて見られないのですが、本当は、ごく普通にいろいろなドラマ、映画の中に障害者も登場すべきだと思います。
家族の一員に障害者がいる人達だけではなく、家族に障害者がいない人達も”見慣れる”ことがまずは一歩前進なのだと思います。


もう!オオウケです。


新作

こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。
中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

母は風邪ひきました 「障害児の親として(10946)」

おはようございます。

次男くんは、今朝もお元気。
母は水ッパナが止まりません。
見事に風邪をひきました。
体力が30歳峠、40歳峠を超えるごとに転げ落ちるように低下しています。

若いお母さん達、今のうちにがんばりましょう。
若いうちがチャンスです。

私は今日を何とかしのいで明日は休むぞ。(@_@;)


もう!オオウケです。


新作

こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。
中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

食べ物の恨み 「障害児と生きる日常(58952)」

昨日はマグロの切り身をいただいたので、手巻き寿司にしました。
次男はもう眠っているので、長男に頼んで寿司ご飯を作ってもらいました。

簡単よね。
ご飯を炊いて、粉末の○ノイスシノコといりゴマを混ぜるだけだもん。

オオバ(青紫蘇)をたくさん買って来て、細長く切り分けたマグロをチョットお酒とみりんと刺身醤油にくぐらせました。
焼き海苔にご飯を少しだけのっけて、オオバをタップリのっけて、マグロをのっけてムシャムシャいただきました。
チューブ入りのワサビを効かせて、ツーン。
美味しいね~~~と私も長男も大満足。

次男にもちゃんとご飯もマグロも用意して眠りました。
次男くん、きっと大喜びでしょう。


朝起きて、台所を見ると、お皿はみんな流し台に置いてあって、残った焼き海苔の袋に戻してあって、少し残ったマグロは冷蔵庫に入れてありました。
おお、上出来。
お皿を洗ってないですね。
まぁ、いいか。
お母さん、それ以外のお皿もお鉢も流し台においたままにして寝ちゃったからね。
次男は、あんまりたくさんあると食器洗いをしておこうかという気持ちがわかないらしい。
タハハ。すいませんね、次男くん。

今朝は、これもまたいただいたものだけど美味しいフランスパンを食べようと思っていました。
美味しいお店の美味しいフランスパンです。

ありません。

フランスパンがありません。

あれ?フランスパンがないよ。

うん!

次男くん、フランスパン、どこにやったの?

食べちゃった!

え!?誰が?!

次男!!

え!?全部!?

全部!!

え~~~!?1本全部食べたの!?手巻き寿司もたくさん作って食べたやろう!?

全部、食べちゃった。エヘヘ

次男くん、お母さんは、あのフランスパンを食べたかったです。ܤ


もう!オオウケです。


新作

こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。
中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

アレキサンダー 「障害児と生きる日常(58952)」

昨日の夕食はグラタンを作りました。
次男に一人で温めさせるのはチョットだけ心配でした。

グラタンをオーブントースターに入れる前に鍋の中でグラタンの具を温めてから皿に移してチーズをかけて焼かないと、皿の底の方が冷たいからです。
我が家のオーブントースターは”根性ナシ”なので、余分に一手間が必要なのです。
でも後で考えたら、底の浅いお皿を何枚も用意してやれば、次男は何回もオカワリをして一人で大丈夫だったんですけどね。


ともかく、次男が起きてくるまで私は起きていることにしました。
ケーブルテレビで映画「アレキサンダー」を放送するので、11時から見ることにしました。
なんとも、壮大な歴史絵巻で世界史の授業が思い出されました。

おお~~アリストテレスの講義を受けていたのか。

これぞ男の夢とも言える世界征服を果たしたマケドニアの若き大王には幸福な生活は与えられなかった。

幸福の形はそれぞれだし、どの形の幸福、夢と出会うことができるのかは、神のみぞ知ること。
手に入らない夢だからこそいとおしく、美しいのかもしれない。

次男くん、君は幸福ですか。
長男くん、君は幸福ですか。


次男は、アレキサンダーの放送が終わる前に起き出しました。

次男くん、まだ、寝ていなさい。

と言うと、

お母さんが怒られるよ。


それを言うなら、”お母さんに怒られるよ”でしょう。

次男には、受身形の言葉が難しいです。
言わんとすることはわかります。

次男に独り暮らしは可能か。
経験値を積み上げて、積み上げて、なおかつ援助を受けながらなら可能であるように思います。

焦らず、焦らせず、積み上げていったならば可能であるような気がします。


ドラマ「僕の歩く道」をチラリとみました。
甥の行方がわからなくなって、兄嫁に詰問されるシーンから後を見ました。
コレだけ、話せても知的障害者の範疇に入るのね。
次男の言語表現力って2歳児にも劣ります。

鳴かぬなら、鳴かせてみせようホトトギス

と迫る部分と、

鳴かぬなら、鳴かぬでも困らないようにしましょうホトトギス

と工夫と人的援助の環境を整えることの2本立てでいきたいです。

そして今のところ次男はとても良い環境にいるように思います。

日々、想うのは、
障害のある次男を就職させていただいたので、私が別の障害のある人を雇うことが出来ないだろうかということ。

私にも何か出来ないだろうか。
保護者が互いに何かを提供しあわなければ、彼らの生活の場は慢性的に不足のままなのだ。
「お願いします。○○ください。」だけでは、永久に状況は変らない。
変らないのではなくて、悪化するのだと思う。
資源は限られている。
こちらからも提供するものがなければ、人もお金もサービスも循環しないと思う。


もう!オオウケです。


新作

こちらもお忘れなく
たくさんの人に読んでほしい作文です。
中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」


いつか給与を払えるようになったら、自閉症者を雇うぞ!
アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

「4コマまんが たいちゃん」 「障害児の親として(10946)」

Link Free とあるので、早速。

もう!オオウケです。


新作


こちらもお忘れなく
中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」
たくさんの人に読んでほしい作文です。

アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

神戸!! 「障害児と生きる日常(58952)」

昨日は画廊を2軒周り、ハーバーランドで船を見て、公園でお弁当を食べて、ループバス(周遊バス)に乗り、神戸の街を堪能したようです。

相当歩いたようですが、次男もHIROMITU君も元気イッパイだったとのこと。

今日はなにが面白かった??

との問いに、二人声を合わせたように

神戸!!

と答えたそうです。

なんと大雑把な答えでしょう。
まぁ、二人とも言葉が少ない自閉症ですから上出来でしょうね。
二人は少し似ているので、(興奮気質ではないところ、何かに熱中できるところなど)お互いに居心地が良いと思われます。

楽しかった~~~という感想は充分に伝わりましたね。

私が夜に帰宅すると、次男はグッスリと熟睡していました。
さすがに疲れたか?  思っていましたが、長男によると、AM2:40には起床したとか。

次男くん、朝まで眠ればいいのに。。。。

今朝も洗濯物を干してくれて、元気よく、出勤しました。

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」
たくさんの人に読んでほしい作文です。

アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

神戸に行こう。 「障害児と生きる日常(58952)」

今日は、デイサービスの日。
デイサービスに行ってから、みんなで神戸に行きます。
神戸に行く目的は、信谷ツインズの個展を見学に行く為です。



雨ですが、次男は、機嫌よく出かけると思います。
気をつけて行ってね。
空の水筒を持っていってデイサービスで中身を入れるそうです。
ハーバーランドでお弁当を食べるそうです。
いろんなところへ行けていいね、次男くん。
楽しみだね。

昨日のスッタモンダ 「障害児の親として(10946)」

昨日、オペラの会場に行く前にスッタモンダがありました。

会場のメイシアターは、大阪府、北摂地方にあります。
次男にインターネットで検索てもらったところ、阪急電車、千里線の吹田という駅が最寄の駅です。
私はそれをメモに書きました。

”北千里行きの電車にのるんだな。”

そこで、私は勘違いしたようです。

次男といっしょに出かけました。
地下鉄から阪急電車に乗り換えて、吹田という駅につきました。
椅子に座っていた次男はサッと立ち上がりました。
私は次男に声をかけました。

次男くん、北千里まで行くからね。

次男は私の顔を見て、

吹田。メイシアターに行こう。

と言いました。

そうだよ。メイシアターにいこうね。

私は、自分の思い込みにとらわれて、次男の様子がヘンなことに気がつかなかったのでした。
次男は椅子に座ったままの私の前をウロウロ。
窓の外を見て、

メイシアター

と言っていました。
駅に着くたびに駅の看板で駅名を確かめていました。
私は今日の次男は落ち着かないなぁ。。。おかしいなぁ。。と思っていました。
終点の北千里駅について駅員さんにメイシターへの道を尋ねました。
そこでやっと自分の間違いに気がつきました。
切符を買いなおしました。
6駅を戻らないといけません。

また、電車に乗りなおして椅子に座りました。
次男に

ごめんね、次男くん。
次男くんは吹田駅で降りないといけないことがわかっていたんだね。

というと、次男は、私の顔を見返して

うん!!

と言いました。

アハハ~~~
すいません、次男くん。
ボケボケ街道まっしぐらの母でございます。
次男くん、本当に独立を急ぎましょう。
母はもうすぐ君の役に立てなくなります。

昨日は、そんなこんなでやっと会場に辿り着いてオペラを鑑賞したわけです。
私が次男ならば、癇癪を起こしていたと思います。
次男くん、お母さんは、君の忍耐力に助けられています。
お母さんが元気なうちに君を独立させないと、お母さんは君を手放せなくなりそうです。

オペラ鑑賞 「障害児の親として(10946)」

オペラを上演する会場に到着するまでにスッタモンダがありましたが、無事到着。

一部のメサイヤから鑑賞させていただくと、次男の我慢が続かないと思われるので、2部が始まるまで時間を潰すことにしました。
夕食の時間の前に家を出てきたので、和風レストランに次男を誘いました。
次男は「きつねうどん」を選びました。
次男と外食は久しぶりです。

次男は毎昼食が外食ですからもう慣れた雰囲気でテーブルに着きました。
落ち着いています。
きつねうどんがテーブルに配膳されると、おもむろに割り箸を割って

いただきます

と低い声で言いました。

次男くん、カッコイイね(私はこの褒め言葉を次男にほぼ毎日言います。)

と言ってやると、

うん。

ですって。笑わすね、コイツは。

2部の「最後の晩餐」が始まりました。
私達は最前列に座りました。
オーケストラピットがすぐ前にありました。
オペラの幕が上がると、私達はすぐにN君を見つけました。
次男に

ほら、N君だよ。わかる?

と言うと、

うん。
と答えて、私を見返して、

し~~~!
と言いました。
ごめんね、次男くん。

オペラは初めて見ますし、イタリア語はわかんないです。
日本語訳が字幕で出ていましたその日本語も難解でした。
次男が最後まで見ていられるかどうか心配でした。
モゾモゾし出したらホールを出ようと決めていました。

オーケストラの生演奏。
ユダ役とマタイ役の歌手の美声
素養がなくても引き込まれました。

舞台上ではアトリエのメンバーが機織る人々を演じています。
指導員の方々がそれとはわからないようにサポートしていました。
メンバーの表情に不安はありませんでした。
最後近くでユダが歌い上げるシーンでは、機織る人々がユダに注目して指をさしました。
動きにぎこちなさはまったくありませんでした。

機織る人々が織った布(さをり織り)はイエス・キリストの遺骸を包む聖布になりました。
舞台製作者の思い入れを想いました。
”ああ、そうか。どうしても彼らを配役したかったのだ”と思いました。

フィナーレでは、オーケストラ、舞台に再び現れた歌手、俳優に惜しみない拍手が送られました。
次男も私も両手を高く上げて拍手しました。
舞台のN君に向かって

N君、わかる~~!!ここだよ!!
次男くんとオバチャンだよ~~!!
N君の晴れ舞台、しかと見届けたよ~~!!


声に出しませんが、絶叫しました。
N君は”お!”という表情をしてから困ったような顔をしました。
そして、腕を下げたまま、手の平だけフリフリしてくれました。

ごめんね、N君。タハハ。
オバチャン、興奮し過ぎました。

次男はホールで販売してしていたさをり織りの製品のなから可愛い小さいヌイグルミを選びました。
Nくんのお母さんが、次男にひとつプレゼントしてくれることになったのです。

次男は、

こっちだな

と言って選びました。

次男は帰り道、時々それを手提げ袋からだして、眺めて振っていました。

ヌイグルミには鈴が入っていて振ると鳴ります。
本当は、乳幼児にあげるガラガラなのです。
あいかわらず、可愛いものスキです。

帰宅すると、自分のベッドに他のお気に入りといっしょに並べました。
今日は良い一日でしたね、次男くん。

オペラ 「障害児の親として(10946)」

オペラ:メサイヤ、最後の晩餐について検索するけれど、ストーリーはでてこないです。
最後の晩餐については、あの有名な絵についてのストーリーはみつかりますけどね。

最後の晩餐に機織る人々として出演するN君は、ウチの長男と同い年、次男の2つ上。
185cmを超える美丈夫。
ウチの次男くんとちがってよくしゃべります。
その彼が舞台で無言の演技をするわけです。
Nくん、黙ってられるんだ。
すごいなぁ。

オバチャンがドキドキして、どうしましょう。
次男くんには舞台上のN君がわかるかなぁ。
わかったらいいなぁ。
「ほら、ほら、あれがN君だよ。ほら、ほら、ほら~~!!」とか大騒ぎしたらいけないよね。
オバチャン、気をつけなくっちゃ。
ヤバイ、ヤバイ、


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール
次男くんと二人で見に行きますよ! 

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」
たくさんの人に読んでほしい作文です。

アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

アラビア石鹸 Sサイズ 「憎きアトピー(9380)」

アラビア石鹸 Sサイズ 完売しました。

ありがとうございました。

次の荷物が届き次第、お知らせ致します。
またどうぞご注文くださいませ


ご注文をお葉書でくださいましたK先生、すいません。
完売いたしました。
入荷しましたら、すぐに郵送させていただきます。
ご迷惑をおかけいたしましてすいません。
ご注文をありがとうございます


今日も「よし!」 「障害児と生きる日常(58952)」

今朝も「よし!」と言って出かけていった次男くん。

みんな、どこかで「よし!」って自分にかけ声をかけて出かけていくんだよね。
みんなの「よし!」が共鳴できたらいいのにな。
ちょっと、元気が足りない時は、ちょっともらえたらいいのにな。

お母さんも「よし!」
がんばろう。

障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール
次男くんと二人で見に行きますよ! 

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」
たくさんの人に読んでほしい作文です。

アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

汗、ビッショリ 「障害児と生きる日常(58952)」

次男は出勤時からすでにゴキゲンの様子。
家を出る前からニコニコ超ゴキゲンなのは知っていたけれど、出勤しても一日ニコニコしているそうです。
よかったですね、次男くん。

ただし、朝から汗ビッショリかいているとか。
トレーナーにも汗がしみている???
嬉しくて、最寄の駅から走っている???


次男は、着替え用のTシャツと体を拭くタオルは持っていっています。
家でもトランポリンを跳んで汗をかいたら、洗面所でTシャツを脱いで水で濡らしたタオルで背中、お腹、脇の下をふいてます。

冷たい。。。と言いながら。

今日から着替えのトレーナーも持って行かせようとしたら、

トレーナー、違うの。いらないの。ですって。

スキを見て、入れなくちゃ。。。。

次男くん、走らずに行ってちょうだい。
会社はいつもの場所で待っていてくれます。
逃げませんよ。
嬉しくて、嬉しくて、走っていきたくなる職場があるっていいね、次男くん。
次男くんの走る姿が目に浮かびます。

燃焼するもの、消滅するもの 「障害児と生きる日常(58952)」

次男は、仕事が「好き」と答えます。

事務所に人が多くても、少なくても、コトコトとまかされた仕事をするのでしょう。

次男くん、えらいなぁ。。と思います。
次男の弱さ、強さを知っていてもらって、次男を活かせてもらえる場所に次男がいることが出来て、本当にうれしいです。


母は、次男の絵への興味は、だんだんに萎んで行くかも知れないと感じています。
もしかしたら、次男は職場で完全燃焼できるかもしれないと思うからです。


私と次男が顔を合わせる範囲では、美術教室には次男よりも年長の受講者が1人しかいません。
その人とは10歳以上も離れています。

美術教室が、何年も前からあることを考えると、多くの受講者にとっては、学齢期を過ぎて尚、絵を描くことに興味を持ち続けることは難しいことなのかもしれません。

次男のように職場で完全燃焼しているのか。

あるいは、他に興味が生まれて絵には興味がなくなったのか。

あるいは、生活を楽しむ余裕がなくなってしまったのか。

絵に関しては、休火山のように、次男が内包するエネルギーが、そのまま再び地表に出現することなく消滅してしまうような気がします。

焦燥感があります。
このまま消滅させてしまうのは、あまりにも惜しいという気持ちがあります。
が、次男の社会人生活は始まったばかりですから、結果を論じるのは十年先のことだと思います。
それにどんな形であれ、次男が満足して生活できればいいのですから。
得るものがあれば、失うものがあっても不思議ではないですから。

チャリティージャズメッセ2006 「障害児と生きる日常(58952)」

いいコンサートでした。
楽しめました。
ミュージシャンの皆さん、スタッフの皆さんありがとうございました。



演奏が終わってみれば2時間45分くらいが経っていました。
途中10分の休憩時間をはさんで次男はずっと不都合なく過ごせました。
小刻みに体を前後に揺らして音楽を聴くのは、自閉症のソレですが、そんなに可笑しくはなかったです。
手拍子もピッタリと合うわけではないですが、楽しんでいる様子がわかりました。
次男は、イマドキの青年ですから足が長いです。
その長い足をキチンとたたんで座っていました。
前の座席の背を蹴ることはもちろんありません。
こんな日がくることを次男の幼少期は想像することが出来ませんでした。

先日、「三十四歳の母親が長男(5)と二男(3)を殺害した。発達障害の二男の子育てに悩んだのが動機とみられる。」という記事がありました。
私も長男が5歳、次男が3歳の頃はつらかったです。
本当につらかったです。
でも死んではもったいないです。
生きていれば、踏みとどまれば、コンサートに行って音楽を楽しむことができる日が来ます。
開演前のワクワクした気分は素敵です。

踏みとどまりましょう。
楽しい日が来ますよ。

お楽しみは後からやってくるのです。
15年頑張りましょう。
最初に思っていたのとはちがう形ではありますが、ナカナカ趣深い幸せの形がありますよ。

朝倉 聖(きよし)氏は脊椎の手術を数日後に控えているそうです。
もう何十年来の持病だそうです。
何年も前から体がしびれているそうです。
手術の成功と順調なご回復をお祈りいたします。
強さとは猛々しさのことではありません。
強くなければ、美しくなければ、たくさんの人が無償で力を尽くすことはないでしょう。

障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」
たくさんの人に読んでほしい作文です。

アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

立派に一般企業でお仕事をする大人になりました 「障害児の親として(10946)」

とても良いブログがあります。

お姉さんが自閉症の弟さんについて書いておられます。

高機能の自閉症の人にとっても、職場を得ることは難しいことだと思いますが、そこはやっぱり、「知的に劣ることがないのだから~~~、仕事もできるでしょう。それに比べると、ウチの次男くんのタイプはもっと難しいわぁ。それが可能になったのは次男くんの人徳、ラッキーの星のせいよね~~。すごいわぁ」と親バカ全開の母です。

こちらの弟さんは、お姉さんの文章どおりですと、

知的障害もあり(IQは50程度)
言語能力もほとんど4・5才程度(ほぼ2語文)で
自閉症も中度と重たいですが

立派に一般企業でお仕事をする大人になりました。
月給も12万ほどいただけています。


とあります。
すごいでしょう。
勇気が湧いてきますでしょう。
是非、読みに行って下さい。

障害児者の周囲で・・・医療機関



ウチの次男くんも頑張ってくれています。
職場にも恵まれています。
母は、とても嬉しくて、幸せです。
次男は次男の幸せがあります。


でも、でも、でも、もっとうまくいくケースもあるわけです。
それを知ってほしいです。
幼いお子さんのいる若い!!お母さんに知っておいてほしいです。
ね。楽しみでしょう。
目標は高いほうが良いと思います。
だから見に行ってくださいね。

外あそび 「障害児と生きる日常(58952)」

デイサービスで、午後から”外遊び”の時間をとってくださったそうです。
公園でブランコ、サッカー。

ナカナカ遊びになりにくい次男ですから、そういう設定はありがたいです。
遊びって次男には大変に難しいことなのです。
仕事の方がラクなんだと思います。

遊び や 何気ないオシャベリ って本当に難しいと思います。

小学校を卒業してしまうと母親が息子にしてやれることって本当に少なくなります。
小学生のお子さんのお母さん達、今のうちに頑張って遊んで下さいね。



大嫌いな月曜日がやって来た 「障害児の親として(10946)」

大人になってから随分たつけれど、それでも月曜日って嫌いです。
ズ、ズ~~ンと落ち込みますわ。

今週末は、オペラ初体験の予定。

オペラを初めて見に行きます。
作業所でさをり織りをしている人達がオペラの一場面で“機織る人々”を演じるのですよ。
無言の演技ですけれど、すごいでしょう?
無駄な言葉を発しないのですよ。
みんなすごいでしょう?
それを見に行きます。

これを励みにガンバリまっしょ。

障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

中学生の作文「僕と弟」
中学生の作文「私の兄」
たくさんの人に読んでほしい作文です。

アラビア石鹸 お徳用
髪、顔、体、全身を洗ってください。
カサカサ肌、敏感肌をしっとり保ちます。
惜しげなく毎日使っていただけるお徳用です。
材料、配合はアラビア石鹸Sサイズと同じです。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

ノンバーバルコミュニケーション-エルビス君 「スピリチュアル・ライフ(134393)」

昨夜、次男に「明日は日曜日ですから、お母さんは寝坊をします。起こさなくていいです。」といっておきました。
さすがに6:00や6:30には起こしに来ませんでしたが、8:00には洗濯物を取り込んで届けてくれました。
起きろということですな。

でも、私はやっぱり起きたくなくて、窓を閉めて好きなCDを大音量で鳴らして何枚か聞いてから「おはよう」と言って居間に出てきたのは10:00でした。
次男くん、洗濯物を干しておいてくれました。
私の顔を見て、ニタリとしました。
さんきゅです、孝行息子くん。


昨日、スポーツフェスタ2006の会場からクリンもだん美術教室への移動には地下鉄を使いました。
地下鉄で面白いことがありました。
次男と私が乗っていた地下鉄の車両に一人の青年が乗り込んできました。
その容貌から白人の血が混じっていることは明白にわかりました。
短髪は栗毛色。
瞳の外郭は髪と同じ色でその内側はブルーでした。
肌の色は浅黒く日焼けしていました。
横顔はエルビス・プレスリー型でした。

体格は次男を一回り縦も横も大きくした感じで、年齢も次男より少し上に見えました。
彼は自閉症者でした。
特別にそうわかる身振りや手振りをしていたわけではありませんが、エルビス君と私はお互いの目が合った瞬間にお互いが何者なのか、わかりました。
エルビス君は、私にコクリとうなずいて挨拶してくれました。
私は「こんにちは」と声にだして挨拶しました。
エルビス君は、またコクリとうなずきました。

エルビス君は、帽子をかぶった次男の背後に回り、後頭部を兄が弟をいとおしむように片手で撫でました。
そして両の手で次男の肩を少し揉みました。

次男は驚いて振り返り、次男もまたエルビス君が何者か気がついたようでしたが、すっと体を横に移動させました。
次男は窓ガラスに写ったエルビス君を観察しています。
エルビス君は、次男の肩越しに握手を求める右手を差し出しましたが、また次男はすっと体を横に滑らせてしまいました。

私は次男に「次男くん、彼は握手したいだけだよ。」と声をかけましたが、次男はじっと窓ガラスに写るエルビス君を観察するばかりでした。
エルビス君に悪いなと思ったので、「君はどこにいくの?」と尋ねましたが、彼は私にコクリとうなずいて挨拶しただけでした。
英語でも尋ねましたが、反応は同じでした。
ともかくその場では彼は表出言語は持たないようでした。

エルビス君は私に握手を求めました。
私達は握手しました。
ひとめで混血とわかる外見のエルビス君と私達の奇妙なやり取りを同じ車両に乗り合わせた乗客達が興味津々で観察しているのがわかりました。

やがてエルビス君は地下鉄を降りました。
ホームに降り立ったエルビス君は両方の手を私達に振ってバイバイをしていました。
右手を次男に、左手を私に振っているかのようでした。
次男とエルビス君は、地下鉄の車両のドアをはさんで向き合っていました。
次男もエルビス君を見つめて右手を振っていました。
私もエルビス君に手を振っていました。

エルビス君、また偶然に会うことが出来たら、また握手をしましょうね。

私達が住む都市は地下鉄網が充実しているのがありがたいです。
乗り物マニアの人は知的障害があろうとも少年期から地下鉄、電車等の路線図をみて遠くまで自由に移動していることと思います。
残念ながら、次男はそれほど乗り物に執着がありませんが、通勤に地下鉄を利用しています。
二人で出かける時は地下鉄、電車の路線図をプリントアウトして、最寄の駅に印をつけて、次男に行き先をしらせます。
いつか、路線図や地図をみて初めての場所にも一人でいけるようになれたらいいなぁと思います。


アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

運動靴 「障害児と生きる日常(58952)」

お昼寝させてもらって、持ち直しました。

今朝、次男はサポーターに家まで迎えに来てもらって出かけました。
集合場所には次男一人でも行くことができますが、一度、次男が面白いディスプレイに見とれて、集合場所に行っていたのだけれど、スタッフと顔を合わすまで随分時間がかかってしまい、スタッフの皆さんにご迷惑をかけたことからサポーターといっしょに集合場所に行くことにしてもらっています。

私はボ~~とした顔、ボサボサ頭、パジャマの上にトレーナーを着ただけのなんともみすぼらしい姿で対応してしまいました。
正気に戻ってから反省しました。

反省したことはもうひとつあります。
サポーターとともに出かけてからすぐに次男が戻ってきました。
運動靴の片方の靴底のゴムがペローンと剥がれてしまっていました。
サポーターに「お母さん、この靴ダメですよ。」って言われるまで気がつきませんでした。
アリャリャア~~~~


次男は1足しか靴を持っていません。

「お兄ちゃん、次男くんに運動靴をかしてやって!」と叫びました。

もしかしたらいやがるかなぁ。。。と思いました。
長男は穏やかに

「ああ、いいよ~~。」

と言いました。
何年か前の長男なら

ええ~~~!!やだ~~~!!

と叫んでいたかもしれません。
知的障害のある自閉症の弟を持つということかなりつらい面もありましたから。

長男が答えを言い終わるまでもなく、次男は長男の運動靴に足を突っ込んでいました。
次男は機嫌よく再び出かけました。

私は次男がサッと靴を履きなおしたことに少なからず感動しました。
自閉症ぽくないなぁ。。。。と思いました。
信頼するサポーターとともに出かけて、また信頼する企画に参加するということが自閉症の壁を壊すのでしょうか。


シャワーを浴びて、一眠りして、運動靴を買いにいきました。
長男と次男に1足ずつ買いました。
長男は自分でも買うので何足も持っています。
次男にも2足目は自分で選ばせて買ってやろうと思います。
でもいつも機会がなくて、そして私が誘っても次男が私に付き合ってくれなくて、いつも次男は1足しか靴をもっていないのです。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR