アラビア石鹸 お徳用 届きました。 「障害児と生きる日常(58952)」

アラビア石鹸 お徳用
髪、全身を洗っていただけます。
洗濯石鹸としてもお使いください。
特に、エリ、ソデの部分洗いに有効です。
赤ちゃんの肌着、敏感肌の方の下着洗いに使われると症状が軽快したという、モニターからの報告が多数あります。


ひとつ、ひとつ、セロファンで包まれています。


品切れになっていたアラビア石鹸 お徳用が再入荷しました。
惜しげなく使えるサイズです。
またご注文ください。


半身浴のおすすめ
アラビア石鹸で髪、顔、体を洗われた後、半身浴を試してみて下さい。

みぞおちから下だけをお湯につける半身浴は、38度から40度程度のぬるめのお湯につかることによってその効果を引き出します。上半身が汗ばんでほんのりと赤みを帯びてくる頃には、体は芯からホカホカになっています。
個人差はありますが、だいたい20分から30分くらいです。
その後、もう一度アラビア石鹸で優しく体を洗って、かけ湯やシャワーで泡を洗い流して下さい。
あくる朝の肌といつもの朝の肌を比べてみてください。

そう言えば、次男は半身浴です。
なるほど、毎晩、気持ちよさそうな顔で眠っていますわ。


アラビア石鹸お徳用

ご連絡は、
protea_mama@yahoo.co.jp
スポンサーサイト

今日はパズルの日 「障害児と生きる日常(58952)」

次男くん、今日はデイサービスへ。
定刻よりも早く出かけたい次男をとっつかまえました。
そんなに早く行ってはスタッフの皆さんが落ち着かないでしょ、次男くん。
次男が、行きたいと思うところに出かけて行けるって、親にとってもうれしいことです。

スタッフが、今日は天気が良いので外へ行こうと誘って下さったそうですが、次男は気乗りがしない様子。

何がしたいか訊いて下さったところ、
パズル!!

昼食の後もパズルを手にとって、早く!!と言わんばかりだったそうです。
嬉しそうに取り組んでいたそうです。

今日は、どうしてもパズルがしたかったようです。
1泊旅行で体を充分に動かせたからかな。
今日の次男の体と脳はパズルを欲していたようです。

友よー可愛くないオバハン 「障害児の親として(10946)」

長年の友が家を訪ねてくれました。
彼女のお家の菩提寺が私の家の近くにあるのです。

彼女の愛娘はボーダーラインにあります。
その能力の高さゆえに、公的な援助策、支援策はひとつも使えませんでした。
全て引き受けて、泣き言を言わず、育て上げた愛娘は、普通高校、短大、専門学校を経てもうすぐ社会人になります。
同学年の中で、一番先に就職が決まりました。
職業人として生きることが始まります。
容易ではないでしょうが、今までどおりの彼女らしさで道を拓いて行くのだと思います。


今でも、「LD児ってなに?」「自閉症ってなに?」という教員はいるでしょうが、私達の子どもが小学生であった時代は、今から思えば、夜明け前のような時代でした。
光がどこからも射さないのかと思われました。

教員の目には”親が教員にものを教えるのか”という反発がありました。
当時、養護学級の担任は、定年退職前の1年間にやる仕事でした。
あるいは、普通学級の担任が出来なくなった教員の逃げ場でした。
私は、”職場を提供するために私の子を登校させるつもりはない”と発言した母でした。
次男が小学校に入学した翌年から、養護学級の様子は一変しました。
少なくとも、1年で養護担任が他の先生に替わる事はなくなりました。


そんな時代に自分とほぼ同じ感性を持つ友達と出会えたことは、私の救いでした。
私達は、学校や誰かに”この子をどうにかしてほしい”と言うタイプではありませんでした。
母親が誰よりも勉強し、汗を流そうと決めていました。
責任者は母親ですから、自らプログラムを考え、それにふさわしいボランティア、専門家を捕まえに行きました。

私達の目は肥えていきました。
”専門家”という肩書きだけでは相手を信用しない可愛くないオバハンになりました。
「私はいいの。だけどこの子がかわいそうで」と よよ と泣くか弱き(ずるい)母親に”本当は自分のことを一番かわいそうと思ってんでしょう。”と内心で毒づく意地悪いオバハンになりました。


それぞれの住む場所で大いに目立つ存在にならざるを得なかった私達でした。
我が子を不憫に思わないわけではなかったけれど、それ以上に親亡き後を考えれば、我が子に課題を課した私達でした。
それぞれの住む地域でそれまで当然とされていたことに、異論を唱えた私達でした。

人の評価など気にしない。
気にするのは親亡き後の我が子の生活の様子だけ。
そんな気持ちで接してきた我が子達が成人期を迎えます。

友よ、いよいよ気持ちが高ぶりますね。
あと一息頑張りましょう。
あと一踏ん張りする勢いを私に分けてください。

イルカは硬い 「障害児と生きる日常(58952)」

私が友人と食事とお茶をしている間に次男が帰宅しました。
勤務先のスタッフが送ってくださいました。

長男が聞き取ってくれたところによると、お土産のお菓子は、家族用とクリンもだんデイサービスとのふたつがありました。
次男には気がつかないことを気を配ってくださいました。
パンダの模様のある家族用のお土産を、三人で美味しくいただきました。

使い捨てカメラをひとつ持たせて下さっていました。
言葉で報告が出来ない次男を思ってのことでした。
ありがたいです。
すぐに、写真屋さんに持って行ってプリントをお願いしました。



名所の千畳敷や三段壁洞窟での次男が写っていました。
三段壁では、高いところが嫌いな次男の顔が引きつって見えます。
白浜ワールドサファリではなんとイルカと握手をしてもらっていました。

写真を見ながら次男に話しかけました。
写真があってやっと旅行の話が訊きだせました。

イルカは硬い
そうです。

次男くん、たのしかったね。よかったね。
皆さん、ありがとうございました。







アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

母はセッセとアルバイト 「障害児と生きる日常(58952)」

次男は、来週の連休は、またまた2泊3日で熊野路に旅行です。
いいなぁ、次男くん。


母はアルバイトがあります。
母はセッセと働きますよ。
鉱石、天然石アクセサリーの販売でございます。
石鹸の販売もさせていただく予定です。
お近くにお越しの際はお寄りください。
でも、入場料が必要ですから、もともと興味のある方々しか来場されないと思います。
(入場料を無料にすべきよ!!)

念のために言いますと、私は「あなたにはオーラが見えます」とか「守護霊がいます。」とか言う人ではありません。
どっちか、と言うと、(そんなもん、見えたらうっとうしいわよ。)と思うタイプです。
ただ単に綺麗な物が好きです。
キワメテ俗物でございます。




私が欲しいと思うものは、私が魅力を感じたものです。
誰かが勧めたものではないです。
私が好きなものは、私が決めます。
私の幸福の形も、私が決めます。
(おお~~、かっこいいセリフだぁ。
いつもこう言い切ることができる状態だといいのですが。。。タハハ狼


アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

ぐっすり眠れた朝 「障害児と生きる日常(58952)」

今朝は次男がいないです。
朝までグッスリ眠ることが出来ました。
次男がいても、次男が夜中の起きても、一人にして置いて良いのですが、何かしら気にかかっているようです。

夜中の起きる人がいない生活ってこんなに快適なのね。

たまにはこんな朝もいいです。
いずれこんな朝ばかりになるわけですから、今は息子達とともに生活できることを楽しもうと思います。

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

旅行へ出発 「障害児と生きる日常(58952)」

今日は暑いくらいの陽気になりそう。
さて、どんな服を着ていきましょうか、次男くん。

気温の変化によって服を脱いだり着たりをスムーズに出来ない次男ですから悩んでしまいます。
動きやすいのは、Tシャツにトレーナー。
でもトレーナーを着たら、暑くなっても脱がないだろうと思われる次男くん。
どうしたものか。。。。。
ジャケットのほうが、脱ぐ可能性があるでしょうか。。。

思案の結果は


本人はかっこいいつもり。
それは、それでいいけれど、問題は、暑くなったときに脱げるかどうか。

着替えに下着かわりのTシャツ、アンダーパンツ、靴下等簡単なものを持っていきました。
旅館はタオルも浴衣も歯ブラシもあるだろうし。
いつももっているリュックとウエストポーチを持っていきました。

オコズカイはタップリ。
次男くんがわかる範囲ギリギリかな。

次男が幸運な社会人生活をスタートできて、次に思うことは、私から独立した生活。
それも出来ないことではないように思う。

次男の働く場所を自分で用意しようと思っていたが、出来なかった。
それなのに、次男は私が思ってもいなかったほどの良い条件の職場を得た。
ありがたい。

社会的には、母の出る幕はもうあまりないかもしれない。
私の次にすべきことは何か。

次男の社内旅行 「障害児と生きる日常(58952)」

昨日、次男は社内旅行で宿泊する旅館のパンフレットをもらってきました。
今朝は眺めています。

スゲエ
と言っています。

素敵なお宿です。
次男くん、いいなぁ。
近場なので、一泊二日で充分楽しめると思います。







広い旅館だね。
宿泊する部屋の階数をまちがえて迷子にならないようにね。
スタッフの皆さんを困らせたらダメだよ。

次男くん、昨日は自分のお弁当と他の人のお弁当を買いに行って、頼まれた種類とは違ったお弁当を買ってきたって?
アリャリャ。
自分のお弁当への執着度と頼まれたお弁当への執着度はおのずと違ってきますが、なんとわかり易いヤツでしょう。
コンピューターの入力作業は本当に熱心にしている様子。
指示待ち状態ではない様子。

次男の特性を活かしていただいて、

次男はこれは自分の場所、仕事

と思っているようです。
よかったです。
次男はとても幸運です。

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

平成18年 社会生活基本調査 「ニュース(231451)」

調査票がポストに入っていたのを見つけたときからいや~~な感じ。

中身を見てみて、もっといや~~な感じ。
こんなめんどくさいこと出来るかとむかっ腹がたちそう。

調査日が過ぎてマークシートにマークをつけ始めて本格的にムカ!
調査票は、3セット。
3人家族だと言うことも知っている。
電話が鳴った。
統計課の職員だった。
ムカ! とした。
ともかく話したくなかったので「今、取り込んでいます。」と言って切った。


また、別の夜、電話が鳴った。
非通知だった。
統計課の職員だった。
相手は、私の名前も知っていて私の家の電話番号も知っている。

そこへ、相手は非通知で電話をかけてくる。
キレタ。

不愉快です。と言って切った。

旅行の用意 「障害児と生きる日常(58952)」

次男はすでに高いびき。
今朝、勤務から帰宅したら旅行の用意をしておくようにと次男に言っておきました。

次男くん、Tシャツやパンツや歯磨きをリュックにいれておこうね。
社内旅行に行くからね。

とわかるように言っておいたのだが、きれ~~いに忘れてますな、次男くん。
次男本人も楽しみにしているのにね。
忘れちゃいましたね。

まぁ、いいか。
なにせ、午前2時に起きる次男ですから、旅行の荷物をリュックに入れる時間はタップリありますね。

アリャリャ。
次男のために置いてあったピラフを長男が全部食べてしまいました。
何か、作らなくっちゃ。
長男君、君、食べすぎです。(~_~;)アホ!

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

アイム ソーリー 「障害児と生きる日常(58952)」

焦げ臭い!!
やったな、次男くん。

飛び起きて台所へ行った。
流し台で、こげた鍋に水がはってあった。

ホッ!!
火事ではなかった。

次男の夜中の夕食のために野菜がイッパイの中華スープとガラムマサラ風味のサンマの唐揚げを用意していた。
次男は、サンマはレンジでチンしたのだろう。
中華スープは鍋に入れてあったのでガス台で暖め直したのだ。
そして火が強すぎて焦がしてしまった。

ホッとして、次男を見ると、

アイム ソーリー(I'm sorry) ごめんなさい。

と、きたもんだ。
ワハハハ、次男くん。
絶妙のタイミングですわ。ワハハ。

中華スープも鉢にいれて、レンジでチンするようにしておけば、鍋を焦がすことはない。
それはわかっていたが、わかっていたけれど、あえて鍋に入れたままにしておいた。
火を小さくしなければならないことを学ばなければいけないから。
次男は、これからも何度か鍋を焦がすだろう。
でもそれでいいと思う。
母がセッセと鍋を磨きましょう。

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

中学生の作文「私の兄」 「障害児と生きる日常(58952)」

夢美さんからお礼のオハガキをいただきました。
「私の作文も気に入ってくれたそうでとても嬉しいです」とのこと。
お礼を言わねばならないのはこちらのほうです。
素晴しい作文を読ませていただいてありがとうございます。
長男の周平さんの作文と合わせお読みください。
二つの作文ともに素晴しいです。

中学生の作文「僕と弟」

                                      2006/10/26


平成17年度 人権問題文芸作品「のじぎく文芸賞」随想部門 最優秀賞

「私の兄」

                 石田 夢美さん

 私は「障害者」という言葉が好きではありません。何となく、「社会のじゃまもの」と言われているような気がするからです。本当は、「その人が生きていく上で何か不都合なところがある人」という意味なのだと思うのですが、もしそうだとすると、私のひとつ年上の兄は「障害者」ではありません。兄は自閉症なのですが・・・・

 私の兄は、いつもとても幸せそうです。大きな声で独り言をしゃべり、いきなりゲラゲラ笑い、歌います。小学校に入学した時、兄のいる教室に、たくさんのおもしろそうなおもちゃが並んでいるのを見て、「私もこのクラスがいい」とだだをこねたそうです。学校では、時々友達と一緒に兄を訪ねていきました。でも、兄のことが気になるためではなく、おもちゃで遊びたいからでした。

 私は兄をうらやましく思っていました。先生たちやみんなから”ちやほや”され、できてあたりまえと思えることができたからといって、すごくほめられ、掃除当番もないし、給食を残しても叱られない。ちょっとでもいやなことを強制されたらパニックを起こし、それで許してもらえると思っている。私といえば、難しい勉強ができて当然、できなければ居残り、友達とトラブルがあっても我慢しなければいけないし・・・・兄のように自分の好きなことだけやっていればよいという生活がしてみたい、とずっと思っていました。

 私は家の事情で二年間、兄や母と離れて住んでいました。この三月に久しぶりに再会した兄は、二年前とほとんど変わっていませんでした。外見がおじさんっぽくなったのと、パニックがおさまったことぐらいで、あとは変わったといえば、独り言の内容だけでした。それなのに、いつのまにか、「兄」という気がまったくしなくなっていました。まるで弟です。兄の方は私を覚えていたようですが、多分、「おねえちゃん」ぐらいに思っているでしょう。自分のことも幼稚園児くらいにしか思ってないかのようです。笑ったり、甘えたり、あいかわらず幸せそうです。でも、私の方の意識が変わっていて、もう今はうらやましいとは思わなくなりました。

 私は、前の学校の友達と文通をし、新しい友達もできて、吹奏楽の部活に燃えています。兄の場合は、そういう種類の、今私が楽しいと感じていることができないのです。辛いことに立ち向かい、乗り越えていく必要もないかわりに、達成感も、喜びも、感動もないように思えるのです。そして、多分十年たっても、兄は今のままの意識でいるのでしょう。とりあえず一人で着替えもできるし、ごはんも。食べられるそのうち根気よく練習すれば、いつか洗濯も買い物も、もしかしたら簡単な料理だってできるようになるかもしれません。でも、テレビで漫才を見て笑ったり、ドラマで感動したり、友達とうわさ話をしたり、そんな楽しみは味わいたくても味わえないのです。

 つまり、兄の場合は、生きていく上での障害になることはなくても、自分で悩み苦しみ、喜びや幸せを感じることができないという「障害」があるのです。もしかしたら、身体に「障害」のある人の方が、苦しみを乗り越えるという意味で、障害のない人の”二倍も”生きることができるのかもしれません。そういう意味では、兄は人の”半分しか”生きている実感がないのかもしれません。このごろ、そんなことを、兄を見ていて考えてしまいます。

 残念ながら、兄は周りの人に迷惑をかけている存在であると言わざるをえません。運動会でも、兄のクラスはいつも勝てません。音楽会でも、子どもだけでなく大人の人も、兄の大きな歌声にクスクス笑っていました。中学校では、音楽室などに移動するときには必ず誰かに手をつないでもらっています。朝礼でも大声で独り言を言うので、周りの人は、とてもいやそうにしているのを目にします。正直言って、私も妹でいるのが嫌になることが、時々あります。兄には悪気が全然なく、むしろ他の誰よりも純粋なのですが、どうしてもはみ出したり、ふみはずしたりしてしまうのです。兄だけの世界や意識があって、それがどんなものなのか、誰にも理解できません。

 兄は、もっと他の国や地域に生まれていたら、今ほどはみ出さなかったのかもしれません。でも、それよりも、もっと優しい人ばかりで、兄のことを理解し、受け入れてくれる社会になってくれたなら、兄が本当の意味で「障害者」でなくなるのではないでしょうか。



アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール  

母はヘロヘロ 「障害児の親として(10946)」

寄る年波には勝てず、時々ヘロヘロになる母です。

自分の夕食が終わり、副業関係の仕事をこなして、次男の夕食を作りたかったけど、ギブアップ。
居間に毛布を持ち込んでクッションを枕に一眠り。


長男君はすでに自分の夕食は自炊してすませていました。
長男君、親離れをしつつあります。
えらいです。
あとは就職だけさ!ってか。

次男が起きるまでに起きるツモリが。。。。
気がついたら午前4時でした。
次男は午前2時に起きるのですよ。
次男くん、君、本職の出勤の前に新聞配達のアルバイトをしませんか?

次男くん、すまん。
みんなで食べる朝食に時間が近いから、皮をむいてさしあげますから、リンゴにしてくれませんか。
「OK!」ですって。
ど~~もすんません。
お詫びに食べるはずだったかぼちゃをプレゼントしました。
「作る?」って訊くと「うん!」とかわいいお返事。




いつかデッカイかぼちゃを手に入れて、次男くんにプレゼントしましょうね。
ジャック・オ・ランタン(プルート)

次男くん、週末は社内旅行で白浜アドベンチャーワールドへ連れて行っていただきます。
次男くん、いただいてきたパンフレットを見て楽しみにしています。
すでに日時、行き場所はインプットされています。
インターネットで映像も確認。

次男くん、秋は楽しいことがイッパイですね。

携帯電話のメールで友に業務連絡。
まさか起きているとは思っていなかったから返信がすぐに来てビックリ!!
なんと、毎朝4時に起きてお弁当を作って、家族を送り出すそうです。
そっかぁ。すごいなぁ。私はお弁当作りがないのでとってもラクです。
踏ん張っているのは私だけじゃないね。
プッツンしない程度にがんばりまひょ。
オバハンは不滅です。

オリャ~!
鏡よ鏡・・・(王妃)


アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

府京都児童相談所の職員ってバカの集まり?! 「ニュース(231451)」

痛ましい京都府長岡京市の虐待事件。

すでに保護されているお姉ちゃんもいたとは。

二人の子がいて、一人の子が虐待を受けていればもう一人も同様の虐待を受けている可能性は大きいと素人でも考えが及ぶでしょう。

一人を保護すれば、残された一人への虐待はむごさを増すことは、大阪府岸和田市の中学生男子の虐待事件でも明らかになったはず。

児童相談所の職員って学習能力がないの。

パズル完成!! 「障害児と生きる日常(58952)」

昨日のデイサービスで、パズルが完成したそうです。
最後に空の部分で悩んでいたそうですが、”イライラ、もう、やめだ!!”とならなくてよかったです。
母ならなってましたね。
次男くん、君は素晴しいです。
母の息子とは思えませんわ。


次男が希望したカレーライスを調理したそうです。
調理はもっとも大事な生活スキルですから頑張ってもらいましょう。
母から独立しても、コンビニやお惣菜屋さんも利用できれば、自分自身で作ることができるメニューと合わせて、食生活は貧しいものにはならずにすむかもしれません。
メニューによっては、母より上手に作ることが出来るようになるかもしれません。


デイサービスの利用者が少人数である今が絶好の機会です。
ラッキーですね、次男くん。
今のうちにタップリ調理と買い物に取り組みましょう。
タマネギむいて、「目が痛いよう。」でしたね。

昨日のメニュー
カレーライス
韓国風ピリカラ焼き豆腐サラダ
ふかし芋

う~~ん、昨日もご馳走でしたね。
調理の指導は、韓国からお嫁に来たマルスンさん。
次男とマルスンさんの挨拶は「アンニョンハセヨ」だそうです。
楽しいね。

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

”早く行きたい病”再び 「障害児と生きる日常(58952)」

次男の”早く行きたい病”が復活しました。

金曜日は決めてある時刻より5分早く家を出て出勤しました。
まぁ、5分くらいならいいじゃん と思っていたんですけど。

今朝は、デイサービスに行く日です。
ベランダの戸締り、ガスの元栓、電灯もみんな消して、25分前に出かけようとしたのを捕まえました。ۤ
次男くん、そんなに早く行ってはスタッフの皆さんが焦りますよ。

行きたがらない病より良いですけどね。

追記ースポーツフェスタ2006ー会えてよかった。 「障害児の親として(10946)」

スポーツフェスタ2006では、次男の元同級生達を何人も見つけました。
次男が卒業した養護学校からエントリーして出場した後輩たちもたくさんいました。
特別な知り合いでなくとも、”ああ、元気そう”とわかってうれしい気持ちになりました。

次男は、養護学校高等部時代の元同級生達を見つけても、「やぁ!元気?僕は仕事が楽しいよ。君はどう?」とか「今度、どこかに遊びに行こうよ。」とか話せるわけではないので、ちょっと、かわいそうだなぁという想いが湧いてきます。

次男に、「ホラ、あそこ!○○君がいるよ。」と言うと、「○○くん!!」と言って見つめていました。
しばらくすると、私達が座っていた場所を離れていこうとするので、「探検に行くの?」と声をかけると、「うん!」と返事をしました。
一人でも戻ってくることが出来るので、「いいよ、行っておいで。」いうと意気揚々と探検に出発しました。
しばらくすると戻ってきましたが、帰ってくる途中に、何人もの元同級生達が現在在籍する育成園(知的障害者授産施設)のメンバーが集まって座っているあたりをわざわざ通って帰ってきました。
ゆっくり、ゆっくり、人の間を通ってきました。
元の同級生の誰かに声をかけてほしいのがハッキリとわかりましたが、みんな育成園のメンバー同士のオシャベリや競技の応援に忙しく、次男は声をかけてもらえませんでした。
次男はそのままおとなしく私がいる席まで帰ってきました。
もう少しだけ会話力があったらなぁと思わずにはいられませんでした。

お昼になり、お弁当を食べ終わった時に、次男が所属する大阪養護教育振興会、青年教室の先生の声がしました。
「ほら!あそこにいるよ。」
先生のすぐ後ろに女の子がいました。
次男と高等部で同級生だったMさんでした。

Mさんも育成園のメンバーでした。
可愛い子で会話力もあり、学芸会のミュージカルでは主役の一人でした。
次男が卒業した養護学校高等部の学芸会は大変にレベルが高くて、毎年、素晴しい出来でした。
私が友人を招待したところ、友人はミュージカルの最中に何度もなんども「この子達、本当に、次男くんといっしょ?(知的な障害があるの?」と尋ねるので閉口しました。

Mさんは、もう一人の女生徒とともに、次男を良くかまってくれていました。
次男達の学年は7クラスでした。
1クラスは7人いて、そのうち2人だけが女の子でした。
次男は女の子のウケがよくて、毎学年、同級生の男の子達が妬いていたと聞きました。

Mさんは次男の姿を見つけて「あ!ほんと。」と言ってちょっと照れたように微笑んで、すぐ姿を消しました。
次男はまんざらでもない顔でした。
次男くん、一瞬だけだけれど、Mさんに会えてよかったね。
次男くん、スポーツフェスタに参加してよかったね。
友を求める気持ちがある限り、会話力が伸びる可能性があるように思います。
母は、次男くんが同年代の人と出会えるように機会を捉えるように心がけますね。
学齢期を過ぎても尚、次男は成長していくことができると思います。

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

ラズベリーがテンコ盛り 「障害児と生きる日常(58952)」

AYAKAちゃんのラズベリーはテンコ盛りで美味しそうです。











次男くんは、「散歩をするMさんとHくん」の習作に取り組んでいます。
次男は、気がすむまで取り組むと思います。


あら!今日は、(開設365日)でした。
皆様、見に来てくださってありがとうございました。
これからもよろしくお願い致します。

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

スポーツフェスタ2006 「障害児の親として(10946)」

スポーツフェスタ2006


長居第2 陸上競技場

養護学校、作業所、育成園、などいろいろなところからエントリーできます。
次男は、養護教育振興会の青年教室から参加させていただきました。
男子の部100mです。
次男くん、スタートの合図がピストルと気づいておじけていました。
学校ではホイッスルだったもんね。
でもいいじゃん。おじけてもらいましょう、次男くん。











スタートからビリで悠々とビリでゴールしました。
でも参加賞の銀色のメダルをいただいてゴキゲンでした。

たくさんの人達が運営してくださっています。
多人数の体育大学の学生さんがサポートしてくださっています。
バンザイ隊といって表彰台の周りでバンザイをしてくださる係りの人もいます。
6人走って、1位から3位までが表彰台に上ることが出来ます。
メダルを首にかけてもらって、バンザイ隊や観客席で見守る人達に
バンザ~~イ
をしてもらいます。
どの参加者も、照れくさそうで、うれしそうです。

地の利を感じます。
先輩の保護者の皆さん、養護教育に関わる人達が作ってくださったものにどれだけ助けられていることかと思います。
ありがとうございます。
今日もお世話になりました。

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

ブーム??? 「障害児と生きる日常(58952)」

次男くん、今日で3日連続で

唐揚げシューマイ弁当(500円)

を買ったそうです。

ハマッタ?次男くん。

明日もダブルヘッダーですよ。
がんばりましょ~~ね。

小さな奇跡がイッパイ 「障害児の親として(10946)」

昨夜、長男がTVをつけていて私も居間にいたので二人で見ることになったTV番組。
「ザ世界仰天ニュース」日本TV系列のなかで、
「自閉症、奇跡のバスケ少年」というエピソードが放送された。

家族構成、母、兄、弟(本人)も同じだし、知的障害があるのも重なって大きく感情移入して見ていました。

AP通信にも取り上げられたそうです。
栄光のシュートを決めた青年=米国

バスケットは米国で人気が高いスポーツなので同様のエピソードも紹介されています。
こちらは高機能自閉症の高校生J-Mac君のエピソード。
ニュース動画もあります。


ブッシュ大統領からの希望で大統領と面会したそうです。
映画化されるかもしれませんね。

ここには彼を取り上げたドキュメンタリーニュースが7つもあります。
いずれもとてもドラマチックです。
全米が彼のニュースに感動したことがわかります。
YouTube

J-Mac君は、お兄さんとバスケットボール部のコーチとともに、有名なGood Morning Americaのインタビューも受けました。
短いCMの後にこのインタビューがあります。

ここまでくると、高機能っていいなぁ。話せるっていいなぁ。。。と、どうしても思ってしまう私です。
ハハハ。いかん。いかん。アホな母です。
次男は話せなくても、次男にしかない魅力があります。


イロイロな形の奇跡がたくさん世間の目にふれるといいですね。
カナータイプでも、アスペルガータイプでも、まじめにがんばるとたくさんの人達が応援してくれるのですね。
うれしいですね。よその子のことでも、うれしいですね。
ウチの次男くんも頑張ってくれています。
小さい頃から今もず~っと、たくさんの人達が次男を応援してくれています。
次男の毎日の生活も小さな奇跡がイッパイです。

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

おめでとうございます 「障害児と生きる日常(58952)」

養護学校高等部で、次男の同級生だった男子生徒のお母さんからお電話をいただきました。
娘さんが結婚されたそうです。
26歳だそうです。
おめでとうございます。

男子生徒には知的障害があります。
オシャベリは上手です。
うれしいです。

言葉に出来ないイロイロな想いをこめて
おめでとうございます。


言葉に出来ないイロイロな想いをこめて
ありがとうございます。


アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

残念!! 「障害児と生きる日常(58952)」

今日は残念がふたつ。

次男は昼食のお弁当をお弁当屋さんに買いに行ったのだが

残念!!

と言って帰って来たとのこと。
お店がお休みだったらしい。
すぐにコンビに行って「唐揚げシュウマイ弁当」で間に合わせたとか。
次男くん、残念でしたね。


夜、長男に電話があった。
長男は何年もサックスのレッスンをうけている。
楽譜が読めないこともあり、進歩は遅々としたもの。
でも音楽は楽しむものと本人も私も思っているので気にしない。

でもいつか「テイクファイブ」を吹いて泣かせてくれと言ってある。
母は、そのうちヘレン・メリルのように歌いますよ。
長男くん、その時は伴奏するように。(厳命じゃ。)

事務局からの電話だった。
長男が電話に出た。

レッスンの料金についての電話だった。


長男のレッスンは、グループレッスンで始まったのだが、一人一人のレッスンを受けることが出来る時間帯が変ってしまったので、いつの頃からか個人レッスンになっていた。
それについて、「個人レッスン代をいただくべきところ、ずっとグループレッスンの金額でいただいていました。来月からは個人レッスンの料金をいただきます。」とのこと。

なに~~~~!!

と切れかかる母
が、「何年間も得したんだから、いいじゃん!!」と気がついた。
ただし、個人レッスン代は払うべきじゃない。

「長男くん、グループレッスンに換わりたまえ」とアドバイスした。

長男くん、美人の講師と何年間もプライベートレッスンだったのにね。

残念!!
ちょっと、イジワルな母です。

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

OT訓練 「障害児の親として(10946)」

次男は、月に一回OT訓練に行きます。
今日がその日です。
職場を早退させていただいて、行かせていただきます。
別の日にその分の残業をさせていただきます。

作業療法士の先生に次男の様子や先生の意見を聞きたいと思い、別の日に電話をかけるようにしているのですが、先生の仕事場所が館内で変り、先生が訓練士室に戻ってこられるのが、5時過ぎになりました。
その時間は丁度私が職場で忙しいことが多くて、ナカナカ上手く電話をかけることが出来ません。
先月のセッションの様子をお聞きするまえに今月のOT訓練の日が来てしまいました。
自分の怠慢を思い、恥ずかしいです。
お金を出して、その場所へ行かせれば、それで良いと思っているわけではありません。
その様子やアドバイスを聞いて毎日の生活に反映させてこその訓練だと思っていますので、私は私の任務を果たしていないワケです。
それに、費用も今は次男自身の給与から出しているわけですから、いよいよ、私は私にしか出来ない責務を果たさなくてはいけないのに。

ナントカしなくては。
自己嫌悪の母です。

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

ドキリ!! 「障害児と生きる日常(58952)」



フラッシュが光って、明るく写りましたが、本当は暗いところでもっとかっこよく見えています。

新作ランタン3個 「障害児と生きる日常(58952)」

新作ランタン



初めて作ったランタンは、干からびてちっちゃくなりました。
次男は、魚河岸にセリに行くのか?というほど早く起きるので、時間を潰すのにちょうどいいかと思い、新しいミニカボチャ を買ってきました。
3個で100円でした。

私も起きて「作る?」って訊くと

うん!!

ですって。
飽きてないわけですな。

早速、油性マジックで顔を描いていました。
フタの部分を切り離すのは私がしました。
私は次男が気になりましたが、もう一眠りしたかったです。
彫刻刀を使うしなぁ。。。。と思ったので、次男に訊いてみました。

次男くん、お母さん、ここ(居間)に居たほうがいい?
お母さんの部屋に行ったほうがいい?

次男は私の部屋を指して、

あっち!!

ですって。
お母さんはいらんワケですな。
自分で訊いておいて、いささかショック!!でした。
ハハハ、アホな母でした。

今日、会社の帰りにロウソクを買ってきましょう。

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

オニギリ作って海遊館へ 「障害児の親として(10946)」

遠足ー海遊館へーその2

次男がデイサービスに到着してから、フリカケを買いに行ってから、炊きたてのご飯でみんなでオニギリを作ったそうです。
イロイロな形のオニギリが出来たそうです。

そうでしょう、そうでしょう。ޥ

次男は、パンフレットの魚の絵と水槽の中の魚を見比べて「あった!」と言っていたり、水槽の前に座り込んで魚達を見つめていたそうです。
アシカやイルカの迫力に心を奪われていたらしく、長い時間見ていたそうです。

楽しめてよかったですね。
海遊館のスタッフもそれだけ次男くんが楽しめば喜んでくださるでしょう。ޥ

お弁当はオニギリの他に、
玉子焼き、ジャガイモも炒め物、かぼちゃのサラダ

次男くん、母が帰宅した時にはすでに高イビキでした。
次男くん、今日の夕食はカレイの煮付けにしましたよ。
海遊館の水槽の底にいたかな。

遠足ー海遊館 「障害児と生きる日常(58952)」

今日ははデイサービスへ行く日
デイサービスから遠足にいく予定。

お弁当とお茶も用意してもらえる。
デイサービスの食事はいつも豪華でおいしそう。
調理担当は次男が言うのは、マルスンさん。
いつも腕によりをかけて作ってくださる。
今日も楽しみだね。

10月2日の予定だったが変更になった。
次男は10月2日の予定も頭のなかに一度インプットしていたが、変更になった時も混乱しないで納得した様子だった。
昨夜は私が、「明日は、デイサービスだね」というと

海遊館!!

と、即答した次男。

母はしばらくボ~~としてやっと気がついた。
ちゃんと予定を記憶して、それに変更があっても混乱せず、変更後の予定も再インプットできるなんて、次男くん、上出来です。
海遊館、楽しんでおいで。

追記ーどこへも行かない日 「障害児と生きる日常(58952)」

次男と二人、ゴロリと居間に横になる。
長男も私達の傍でアグラをかいてテレビゲームをしていて、次男はそれを見ている。

私が次男に話しかける

次男くん、お仕事、好き?嫌い?

好き!!

コンピューターワーク、好き?嫌い?

好き!!

郵便局に郵便を出しに行くのは?

好き!!

コピーとるのは?

好き!!

ダイエーにティッシュを買いに行くのは?

う~~ん

ダハハ、成功したとは言え、ダイエーに買い物にいくのは、”苦手だなぁ”と思っているようです。
ちなみに、お弁当屋さんにお弁当を買いに行くのは、好き!!だそうです。
ダハハޥわかりやすいヤツです。

アラビア ソープ
熟成度がとても高い手作り石鹸です。
アトピー、乾癬、敏感肌、ニキビ肌、老人性の乾燥肌の方にも好評です。

無添加・手作りのパンとクッキーの店 こさり
アトピッ子のためのパン等オーダーできます。
進物用の詰め合わせも承ります。

第25回 チャリティー・ジャズ・メッセ 2006
11月12日(日)午後3:00開演/会場:エル・シアター(天満橋のすぐ近く)


障害を持つ人たちと共存するオペラ
11月18日(土)午後5:30開演/会場:吹田市文化会館 メイシアター大ホール 

どこへも行かない日 「障害児の親として(10946)」

今日は休養日

どこへも行かない。
夕飯は冷蔵庫の中身の整理にする。
安い牛肉があったから 肉じゃが だね。

オヤツも買いに行かない。
頂き物のドライフルーツを”気がムカナイけどシャ~~ナイ”という表情でかじる次男くん。

いいじゃん、こういう日もあるのよ。
キュウィとパパイヤのドライフルーツをいただいたけれど、高級品らしいけれど、私達は安売りスーパーマーケットのザルに盛ってあるリンゴや梨で充分幸せになれる家族なのです。
いやいや、文句を言ってはバチが当たります。

お兄ちゃん、背中を指圧してちょうだい。
次男くん、足の裏を踏んでちょうだい。
明日から始まる一週間をこなすエネルギーをチャージしましょう。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR