生け花

今日のプログラムは、「生け花」でした。
紙の新聞を購読していないので、使用済みのコピー用紙をセロテープ繋げて大きな紙を作って持参しました。

公益財団法人大阪特別支援教育振興会

2018-06-03_10-17-44_693.jpeg

2018-06-03_11-03-27_207.jpeg

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

創作

今日の「仲間つくり教室」のプログラムは、「創作」でした。
初めて取り組むもので、「スクラッチ画」でした。

blog-4_2018051519555698f.jpeg

先生方が、4種類のひっかき道具を用意してくださっていました。

ワリバシを削ったもの。
竹ひご
アイスバーの棒
爪楊枝を3本束ねたもの。

受講生全員分の、これだけの下準備のための時間とお手数は、いったいどれほどのものでしょう。
気が遠くなります。
先生方は、支援学校での業務をこなした上でのことです。
ありがとうございました。

それぞれのひっかき道具のひっかき具合を小さいサイズのスクラッチ用紙で試してから、大きいサイズの紙に取りかかりました。
「さぁ、好きなように描いてください。」と先生が言われました。

”ああ、困った。(´・_・`)”  
次男は、”何をしてもいいよ。。。” と言われると、何をしたら良いのか、わからない。

スクラッチ用紙は、漆黒の表面の下に鮮やかな色が隠されている。
”ああ、グッピーだ。”
グッピーの鮮やかなイメージと重なった。

スマホでグッピーの画像を探して次男に見せてみた。
次男はスマホをスクロールして好きな画像を選んだ。

次男は、スクラッチ用紙の真ん中にデブッチョのグッピーを描いた。
尾に細かい模様をたくさん描き込んだ。
他の受講生は、花火を描いている人が多かったようだ。

取りかかる前に、先生が描いたお手本を何枚か見せてくださった。
その中に、花火の風景があって、とても美しかったので、受講生も花火が描きたくなったのだろう。

先生方が、受講生の作業を見て回ります。
次男にも声をかけて下さった。

「海の中には何がいる?」

「あ、これなに?」と訊かれるたびに、次男は、「ウニ」「イソギンチャク」等々と答えた。
スクラッチ用紙のなかがどんどん賑やかになっていく。

グッピーは、熱帯性淡水魚だから、ウニやイソギンチャクとは一緒にいないけれど、まぁ。。いいじゃん。
イカ、タコ、サメ、クラゲ、ワカメ、ヒトデ、マンボウ、貝、賑やかで楽しくなっていく。


先生方、ありがとうございました。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

開講式

「仲間つくり教室」の開講式でした。
公益財団法人大阪特別支援教育振興会


学校の始業式のように、キチンとした式をしてくださいます。
市役所の障害教育課の職員さんも来賓として参加してくださいます。
ありがたいです。

次男は、学齢期の間は、式や学校行事がとても苦手でした。
今も、苦手なのだと思いますが、開講式はとても意義深いと思います。

”始まる” という高揚感や特別感がとても大事だと思います。

「始まり」と「終わり」がハッキリわかることが、次男にはとても大切なことで、たぶん、ハッキリわかることが気持ち良いのだと思います。

いつ、始まったのか? いつ、終わったのか?
ダラダラダラ~~~と過ぎていくことが、次男を不安にさせるのだと思います。

blog-1_201804232109361da.jpeg


先生方が、式次第のプリントや、注意事項のプリントが読み上げると、次男は、指でプリントをなぞっていました。
次男は、声を出して読むのは、とても苦手ですが、文字を目で追っていたのかもしれません。
学校ぽくて、嬉しいのかもしれません。


続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

閉講式

仲間つくり教室の閉講式がありました。
1年があっという間に過ぎてしまいました。
ありがとうございました。
あまりにも早く過ぎ去っていくので、もったいなく感じます。

式次第があって、寒い講堂で、先生方はスーツを着用してくださって、ありがたいです。
物事を、きちんと理解しているわけではない次男も、先生方の様子で、”これは、特別な区切なのだ。” と気がついていると思います。
ありがとうございました。

着席している受講生や保護者は、タップリとしたダウンジャケットを着たままで、式に参加させていただいて、それでも尚寒い講堂でした。
そんなに寒いのに、先生方は防寒着ではなくて、スーツ姿なのです。
先生方、ありがとうございました。

blog-2_20180219224940efd.jpeg

blog-1_20180219224939052.jpeg


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

新成人を祝う会

今日のプログラムは、「新成人を祝う会」でした。
新成人はもちろんですが、先生方もきちんと正装してくださって、ありがたいです。
私の子でなくても、きちんとお祝いしてもらえて、嬉しいです。

セレモニーは、どうしても待ち時間が長くなります。
受講生は知的障害があります。
障害の程度、こだわりの有り様が、それぞれにちがいますが「待ち時間」がつらいのは、共通すると思います。
それでも、セレモニーは必要です。

正装の先生方、7名の新成人、保護者が見せてくれる写真とメッセージ。
自分達が多くの人たちに大切にされてきたのだと改めて知ってほしいです。
大切な節目だと知ってほしいです。
おめでとうございます。
先生方、ありがとうございました。

2018-1-14-1


自分達なりに、精一杯がんばっている毎日ですが、それでも、理解できないこと、納得できないことが多い受講生達です.
葛藤する部分が多いと思います。
それを言葉にすることがむつかしい受講生達です。
それだけに、大事にしてやりたいです。

親も”どうしてやればいいのか。。”と悩みながらの毎日だったはずです。
これから先も、そうです。
だいぶ以前に成人式をすませた次男も、親の私も、ずっと思案しながら暮らしています。
成人式を終えてからの人生が、成人式以前の何倍も長いです。


新年の抱負を述べるコーナーがありました。
発表した皆が、抱負のなかに、「仕事を頑張ります!」をいれていました。
”がんばるぞ!!”という気持ちがあらわれていて、胸が熱くなりました。
職場があって、グループホームがあって、充実の様子を感じました。

先生方、ありがとうございました。



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR