FC2ブログ

年賀状つくり

今日のプログラムは、「年賀状つくり」
8枚の年賀状をつくります。
宛名書きの練習をしたり、年賀状のイラストをプリントしたり、スタンプを押したり。。。

次男には、8枚分の宛名の見本を用意しました。
お正月らしいシールはふたりで出かけた時に、100円ショップで選んで買っておきました。
ハガキの裏面に最近の次男の姿をプリントして持っていきました。
教室で配っていただいた8枚のハガキと取り替えました。

次男は見本を見ながら、練習用紙ではなくて、直接に、年賀状に書き込んでいきました。
鉛筆書きですけどね。
次男はペンでも書けると思いますが、不必要に緊張させることもないか。。。と思いました。

裏面にも書き込んで、シールを貼って、機嫌よく作業できました。

2019-12-15_14-02-49_212.jpeg

次男は、なんでも仕事のように、手早く作業しようとします。
仕事ではないので、時間をかけて、工夫を考えたり、迷ったりしてほしいのですが、そういう遊びの気持ちをもつことが難しいようです。

「ゆっくり、書いてね。」
「急がなくていいよ。」

と、声をかけるのですが、タタタタッ タタタタッ と書いていきます。
なんでも必死にならずには、いられないようです。

なんでもないことが、次男には難しいです。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

室内レクレーション

「仲間つくり教室」の今日のプログラムは、「室内レクレーション」

エアロビクスとダンス。。。

みんなすっごく嬉しそう!!楽しそう!!
みんな身体を目一杯動かして、汗ばんで、気持ちよさそう。

飲み物を飲んで休憩。トイレにも行って後半に備えます。


イントロクイズ、椅子取りゲーム。。。

次男はイントロクイズはお手上げです。
みんなが最初の1音か2音で「はい!」「はい!!はい!」 と大きな声を出して手を上げると、次男は両手で耳を抑えて堪えていました。
「はい!」「はい!」の声が大きくて、次男には苦しいのかな。

椅子取りゲームは、次男は、途中まで勝ち残っていました。
イスが残り12脚か、13脚になったあたりで、座れなくなりました。

次男は、手のひらで頭を抱えて、”ああああ。” という表情を浮かべました。

それでも、自分のイスに戻って来たときは、ニコニコしていました。

次男くん、良かったね。
楽しかったよね。

先生方、ありがとうございました。
次男は帰り道もニコニコでした。






テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

スポーツ大会

「仲間つくり教室」のスポーツ大会でした。

たくさんの受講生が一度に集まるので、府立支援学校の体育館は熱気が充満していました。
先生方、ありがとうございました。
体育館を使わせてくださった支援学校のみなさん、ありがとうございました。


blog-1_20191006193427c34.jpeg

blog-2_201910061934299e5.jpeg

blog-3_20191006193430940.jpeg

受講生は、美味しいお弁当をいただきました。
ありがとうございました。

次男くん、よくがんばりました。
帰路にドーナツを買いました。


来年はスポーツ大会はあるのかなぁ。。
わからないです。


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

「仲間作り教室」 音楽

音楽の時間は楽しい。

次男はリズムを上手にとることができないけれど。
ずっと、少しずつズレているけれど、先生の指導で、「リズム打ち」「フラダンス」

「イントロクイズ」は、手も脚もでないけれど、正解がでると、みんなで唄うのでニコニコ。
先生が誰でも知っている歌を選んで出題してくださるので、次男も唄える。

次男は、独りでなにかに取り組むのが好きだけど、「仲間作り教室」で仲間たちに会えるのもうれしそう。
かと言って、次男が誰かに話しかけたり、誰かに話しかけられることはない。
ただ、同じ場所にいるだけで、次男は満足のようだ。
ちょっと、私の胸がチクリと痛む。

来年度は、様子が変わるだろう。
障害者を「金のなる木」と思っている輩が、この「成人教室」を企画、運営してしまうのかなぁ。
心配だ。

blog-1_20190918213108813.jpeg

blog-2_201909182131106f4.jpeg



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

仲間つくり教室「創作」

「仲間つくり教室」が、今年度で終わってしまうと思うと、なにもかも惜しくて、悔しいなぁ。。

なんでも、かんでも民間企業にさせて良いものではないぞ!
水道事業と教育は、国の根幹です。

悔しいなぁ。。
大阪特別支援教育振興会



「仲間つくり教室」のプログラムは、「創作」でした。

革細工でカードケースを作らせていただきました。
先生方の準備がすごいです。
受講者が2時間で作り上げて、お家に持って帰って「できたよ~~!!」と、笑顔で家族に見せられるようにするために、どんなにたくさんの時間と労力をかけてくださったことか。

ありがたいです。

blog-1_20190820212605ec1.jpeg

blog-1-2_20190820212606042.jpeg

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR