FC2ブログ

ジグソーパズル-1000ピ-ス

次男の誕生日が近づいてきた。
プレゼントは何がいいかなぁ。。。と考えたけれど、妙案が浮かばない。

う~~ん。。う~~ん。。。と考えて、ジグソーパズルにしたのは新鮮さに欠けることである。
ごめん。

次男の誕生日当日ではなくて、週末のうちにお祝いすることにした。
午後に、お誕生日のプレゼントだよ。。とパズルと額をわたすと、次男はちょっとうれしそうな顔をしてくれた。
ありがとね。(。-_-。)

2019-12-01_15-27-27_086.jpeg


2019-12-01_18-13-18_748.jpeg

次男は、パズルを箱から出すと、四隅のパズルを探し出し、4辺に当たるパズルを色分けした。
すごい集中力で取り組んでいたけれど、流石に一日ではできないので、休憩するように勧めた。
1000ピースだから、すぐには完成できないよ。

「今日は、このくらいにして休憩したらいいよ。」
「このままにして、おいておくからね。」と声をかけたら、「うん。」と返事をした。

金曜日に帰ってくたら、続きを楽しんでくれるかな。

夕食までの時間、次男はパズルに集中していたので、私は次男が書く年賀状の宛名の下書きつくりができた。
私の”宿題” のひとつが片付いたので、私もちょっと気持ち良い。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

ゴミを出す用意

夕食のあと、次男がゴミ袋をまとめている。

なんで??

明日は「普通ゴミ」の日だから。

でも、いつもは、次男は月曜日に出勤だから、月曜日は「普通ゴミ」の日だと覚えているけれど。
次男は、今日はお盆休みで家にいるけれど、いつもは家にいないのだよ。
なんで、明日は「普通ゴミ」とわかったのだろう。

次男は、「ゴミ収集日」のアプリをみたのだろうか。
どうしてかは、わからないけれど、”次男くん、かしこいなぁ。。。”  と、感心している。

次男が、”普通の成人男性”ならば、大したことではないけれど、次男は普通ではないのだ。

だから、ちょっと、感激している。

----------------

次男に、「蒸し暑いね。」 と言うと、「ムシ ガ アツイ」 と言い換えます。

「蒸し暑い」の概念が次男の言葉の中にないようだ。

それでも、「ゴミ収集日」はわかる。

それは、目に見えることだから。

「ゴミ収集日」には、ゴミ袋が集積場所に山積みになる光景を目で確認できるから。

でも、明日が「ゴミ収集日」であることは、どうしてわかったのか。
どこかに収集日カレンダーを貼っているわけではない。
やっぱり、私のスマホのアプリだと思う。
次男は各カジェットの充電をしてくれるから、告知に気がついたのだと思う。

まこと、脳はブラックボックスで、不思議だ。

67kg

次男くん、体重を測ったら、67kg。
安物のヘルスメーターだから、全面的に信用するわけにはいかないけれど。

それでも、ヘルパーさんが次男のアパートで記録をつけている記録帳でも67kgだから、信用してもいいのかも。

180cmくらいで67kgて、理想形だと思う。
週に一度、スポーツセンターに行ってジムかプールで汗を流している次男。

職場があって、自分の住まいがあって、健康で、恵まれている。
それは、適切な支援があるから。

ありがたい。

今週末は特別に酷暑だけど、無事に過ごして、万全の状態で月曜日の朝に出勤させるぞ!  と胸にきざむ母であります。


テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

パズル

次男のアパートでの余暇に完成したそうです。
1000ピースですって。

blog_201907131036031a9.jpeg


ヘルパーさん達が次男の余暇時間に気を配ってくださって、ありがたいです。
次男は、「どうしたらいいいか、わからない自由時間」が苦手です。
なにかしら、課題があると、落ち着きます。
だから、お茶碗やお皿を洗うのも、掃除機をかけるのも、好きなのです。

次男は、なんにでも、仕事にように取り組んでしまいます。
それが、良いことなのか、悪いことなのか、わかりませんが、何かに集中している時間が心地よいのだと思います。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

今週も無事に帰ってきました。

次男は今週も元気に帰ってきました。
今朝もニッコリしてくれました。

2019-07-06_08-27-59_243.jpeg


2019-07-06_08-37-49_377.jpeg


健康でいてくれて、地味に親孝行です。
ありがとう。


良い職場、良い支援者、良い介護者に恵まれた幸運に感謝。


次男本人も頑張っているけれど、次男と同じくらいにがんばった人達が、全て、次男と同じくらいの幸運に恵まれているわけではないです。
次男の幸運も、どこで暗転するか、わからない。
わからないと覚悟した上で、今日を楽しみましょ。


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR