FC2ブログ

Queen •• Rock The World [BBC 2017]

2017 BBC

フレディ、ジョンの映像は、どこかで見たことがあるものばかりだけど。
当然そうなるわね。




2019年クイーン+アダム・ランバート北米ツアーは、7月8月です。
23公演を発表したあとに、チケットがアッ!!っという間に売り切れて、追加公演も発表されています。
大成功をお祈りしています。

2020年1月は来日公演ですが、チケットを入手できる気が全くしません。
私はおとなしく、WOWOWかNHKで放送してくれるのを期待します。

スポンサーサイト



テーマ : QUEEN
ジャンル : 音楽

Queen - Champions Of The World

1995年に発売されたドキュメンタリー。
VHSだけでDVDになっていないようです。
字幕があってありがたいです。



フレディが亡くなってから4年くらいの時期のドキュメンタリーです。

3人のそれぞれコメントが、肌にヒリヒリするような気がします。
消化できていない想いが感じられます。
彼らは今も、残念な想いを持ち続けていると思いますが、1995年当時のコメントは、なおさら生々しい痛みが感じられます。

テーマ : QUEEN
ジャンル : 音楽

Freddie Mercury The Untold Story

6月にWOWOWで放送されるドキュメンタリーかな

you tube には、字幕がでる映像があるけれど、これはダメみたい。
残念。
私は永久に英語難民だ。
悲しいなぁ。




2000年の作品のよう。
だから、ジョン・ディーコンは登場しない。

ずいぶん時間が経っているので、フレディ本人はもちろんのこと、モンセラートも、フレディのお母様も、ジム・ハットンさんも亡くなっている。

再現フィルム(と言っていいのか?)とてもよくできていて、フレディが送られた全寮制の英国式寄宿学校の様子がわかって、興味深い。
フレディ役の少年が似ていて、胸がキューと痛くなる。

ザンジバル(アフリカ大陸東岸、インド洋上の島)からインドまで、飛行機ではなく、船旅で1ヶ月10日かかる寄宿学校へ行かされる少年の胸のうちはどんなだったろう。

他の電子書籍から、

Freddie made the ten-day journey from Zanzibar to India by ship.
He stays ed with his maternal aunt and grandmother in Bombay, before making a second journey by train to St Peter’s Boy’s School some 150miles north in the hill town of Panchgani in the state of Maharashtra.



泣いて、イヤだ!!て、言わなかったのか。
両親の決定に粛々と従ったのか。

続きを読む

テーマ : QUEEN
ジャンル : 音楽

第91回アカデミー賞 主演男優賞 ラミ・マレック 「ボヘミアン・ラプソディ」

第91回アカデミー賞授賞式が米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われた.
日本時間は25日午前。

主演男優賞
ラミ・マレック 『ボヘミアン・ラプソディ』

主演女優賞
オリヴィア・コールマン 『女王陛下のお気に入り』

助演男優賞
マハーシャラ・アリ 『グリーンブック』

助演女優賞
レジーナ・キング 『ビール・ストリートの恋人たち』



main_20190227235544a66.jpg


オリヴィア・コールマンのスピーチが可愛らしくて、ビックリした。

ラミ・マレックのスピーチもよかった。
聞き取り易いし。
「ボヘミアン・ラブソディ」見ました。

ラミ・マレックの体格がフレディよりもずいぶん貧弱に見えたけれど、映画を見ているうちに気にならなくなった。
ありがとうございました。楽しめました。
おめでとうございます。









続きを読む

テーマ : QUEEN
ジャンル : 音楽

Was It All Worth It

「Was It All Worth It」 は、アルバム 「ザ ミラクル」の最後の曲。

繰り返し、繰り返し。

「全ては価値あることだったのか?全ては価値あることだったのか?」 と、問う。

幸せな男だったのか、それとも砂に沈んでいく男なのか。

ドラムを買って、トランペットを吹き鳴らし
俺達は、大舞台で完璧だった。


ロックンロールに命をなげうち

バリ島に行って、神とダリ(芸術家) を見た。
なんて、神秘的でシュールだったことか。。。

(これは、ジョン・ディーコン がアルバム「ワークス」製作中に、”もう、いっぱい、いっぱいになったから、ちょっと
行ってくる。” て、バリ島に行っちゃた件ね。)

と、その後も問いかけは繰り返し、繰り返し、続いて、

「全ては価値あることだったのか?全ては価値あることだったのか?」 と、問う。



最後に、

そうさ!すべては価値あることだったさ!

そんな、歌詞。

泣けてきちゃう。

「イニエンドゥ」 を作れると思ってなかったのかも。
「ミラクル」が最後のアルバムと思っていたのかも。。と、かってに思う。


続きを読む

テーマ : QUEEN
ジャンル : 音楽

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR