「家族ほど笑えるものはない」

家族ほど笑えるものはない
インスタグラムでフォロワー数12万人の人気を誇るカフカヤマモトによる、待望の初イラストエッセイ集。

著者のインスタグラムを覗いてみたら、楽し~~~!!笑える~~~~!!
(ごめんなさい。単行本を購入してないです。)


自分達を振り返ると、長男が3歳半、次男が1歳 を境にして、私は芯からは笑えなくなった。

それまでは、次男は、名前を呼ぶと「は~~い。」と可愛い声で返事をしてくれた。
学校で先生に、「はい!」と手を挙げているように、片手を頭の上まで挙げてくれた。

ある夜、お風呂の後、洗面化粧台の鏡で、自分のニッコリ顔を見ていた次男に「次男く~~ん!」と声を掛けた。
次男は、途中まで挙げた手をピタッ!と静止させた。
「は~~い」と言わないで、ジーッ と鏡の中の次男自身をみていた。

”次男になにかが起きた!”と感じたのだが、なにが起きたのかがわからなかった。
それから何年間も次男は「は~~い」と言わなかった。
他の言葉も言わなかった。


それから先の時間は、私の頭の中の半分くらいが、いつも冷えていた。
私は、笑顔を作って生活していたが、本当は笑っていなかった。

インターネットがまだ普及していなかった時代に、文献を探し、新聞を端から端まで読み、自分を励まし、工夫し、ひょっとしてあるかもしれない奇跡を期待した。
ボランティア協会に療育を手助けしてくれるボランティアさんを要請し、ボランティアさんに支給する交通費を捻出するために四苦八苦した。
笑顔を絶やしてはならない。。。。と言われて、強迫観念のように笑顔を作った。

「家族ほど笑えるものはない」 を読んで、見て、笑って、”ああ、これが世間一般の子ども達が幼いころの生活なのかぁ。。” と今更ながらに知った。

スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

タンタンの冒険旅行

中古本ですが、とてもきれいです。
次男は、気に入るだろうか。

2016-10-6-2

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

芥川龍之介 「桃太郎」

うわっ!

ショックを受けました。

こういう「桃太郎」があるとは、知らなかった。

読んだ後、どす黒いものが気持ちに残ります。


青空文庫-桃太郎-芥川龍之介

こっちの「桃太郎」が本当だと思います。
でも決して幼児には読ませてはいけません。

ああ、未来の天才はまだそれらの実の中に何人とも知らず眠っている

「天才」と書いてある。
「悪人」ではなくて、「天才」と書いてある。
寒気に襲われた。

芥川龍之介もまた天才だから、そう表現したのかな。

天才かもしれない。
人々を熱狂させ大きな波を起こしてしまうから。
波が良い方向に行けばよいけれど、悪い方向に行けば、大量虐殺もあるわけで。

世界三大大量殺戮者
第3位 アドルフ・ヒトラー (ドイツ) 1,700万人
第2位 ヨシフ・スターリン (ソ連) 2,300万人
第1位 毛沢東 (中国) 7,800万人

第1位、第2位 が隣国という位置にあることの恐ろしさ。

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

坊ちゃん  夏目漱石

今日は、以前に作成した書類の整理をした。
iphone の読み上げ機能を使ってkindle の「坊ちゃん」を聞きながら作業した。

最近になって読み上げ機能を知った。
以前のヴォイスオーバー機能を使ったら、すべての操作を読み上げてくれるので、ウンザリした。
これは使えない。。。と却下。

でも、「読み上げ機能」は使えますよ。
音声が聞きやすくなっています。
ずいぶん改良されています。
「釣をしていると」  を”チョウをしていると”  と読んだりしますけどね。

読み上げ機能は、

iPhone・iPadの「設定」
「一般」→「アクセシビリティ」→「スピーチ」をタップ。

「画面の読み上げ」を「オン」に。

「声」をタップし、最上段にある「日本語」を選択。

「デフォルト」と、「高品質」が有るので、「高品質」を選択。

Kindle を起動、テキストが表示されたら、画面上部から二本指で下に向かってスワイプすると、



kindle の画面の上部に、こちらが出てきます。
2016-7-14-1




下部には、こちらが出てきます。
2016-7-14-2

「坊ちゃん」は、読み終えるまで:3時間30分。。。。くらいだったかな。

作業しながら聞き終えました。




続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

2016年のプーさん

2016年のプーさんもかわいいね。




4月21日、イギリスのエリザベス女王が90歳の誕生日を迎えた。エリザベス女王と同じ年に生まれたのが、「くまのプーさん」だ。

この記念すべき年を祝して、ディズニーは「くまのプーさん」の新作、『Winnie-the-Pooh and the Royal Birthday(くまのプーさんと女王の誕生日)』を発表した。

プーさんたちが女王に会いに行く物語

全30ページにわたるプーさんたちの物語は、クリストファー・ロビンが「女王が90歳になったんだ。僕たちもプレゼントを差し上げて、祝おうじゃないか」と、プーさんや仲間たちに持ち掛けるところから始まる。

プーさんが知っていたハミングを女王に送ることに決めたクリストファー・ロビンとプーさん、そしてピグレットとイーヨーは、プレゼントを持って、女王の住むバッキンガム宮殿に向かうことに。

電車に乗り、ロンドンの人混みを抜け、2階建てバスでロンドンの観光名所を巡りながら、やっと女王の元にたどり着く。

そして女王にハミングを送り、後ろを走っていたクリストファー・ロビンよりも小さい男の子に赤い風船を渡すという物語。もちろんその男の子は女王のひ孫、ジョージ王子だ。

無料公開されている

プーさんたちらしいやり取りが各所にちりばめられたこの新作は、PDFでダウンロードも可能だ。

5月25日には、英国人俳優ジム・ブロードベントさんの音読によるバージョンも公開された。



PDF-Winnie the Pooh and the Royal Birthday | A Winnie the Pooh Storybook

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR