FC2ブログ

新年あけましておめでとうございます。

今年も健康でいさせてください。
健康でさえあれば、あとはボチボチがんばります。
長男も、次男も、私も、健康で居させてください。

と、初日の出に願いました。
初日の出を見るために、ポコポコ歩いて来ることだけでも、健康で居られて幸運である証です。


皆様の健康も祈念しました。
今年もよろしくおねがいいたします。

2020-01-01_07-18-48_957.jpeg

2020-01-01_07-42-17_647.jpeg


続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

防汚シート

何か、仕事を設定しないと、次男が退屈するので、レンジ周りに、新しい防汚シートを貼りました。
よく見ると、端シートを張り合わせたところや、切端がきれいな直線でないところがありますが、私たちは、細かいことを気にしないので、これで充分です。

次男くん、頑張ってくれました。
ありがとうございました。

blog-1_201912301932378c2.jpeg

blog-2_20191230193238844.jpeg

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

森の中へ

次男とウォーキングしていて、フッ! と変な気持ちになる時がある。

このまま歩いていくと、知らない場所に行けるかも。。。と思うときがある。

行ってみたら、帰れなくなるかも。。と思う。

blog-1_20190909211232f4a.jpeg

今、私は淵を歩いているのだと思う。
あぶないなぁ。。私。

行ってみたいけれど、行かない。


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

予備のスニーカー

駅前の大型ショッピングセンターが店じまいセールをしているので、次男の予備のスニーカーを探しに行った。
次男は、いつもヘルパーさんに服も靴も選んでもらっているので、とてもオシャレにしてもらっていて、うれしい。

母はよけいなことをしない方がよいのだけれど、次男が履いて帰ってきたスニーカーが雨で濡れてしまったときのために、予備を一足用意しておかなくちゃね。
今週はお天気がずっと悪いらしいから。
金曜日にグショグショnなってしまって土曜日の朝に乾いてないと、気持ちわるいからね。

靴は本人に履かせて決めるのは一番良いけれど、仕方がない。
次男が履いているスニーカーと同じブランド、同じサイズを手がかりにしよう。

ありました。

2019-08-28_21-40-14_031.jpeg

もっと派手な色がほしかったけれど、探していたサイズでは、この色しかなかった。
残念。
地味な色だと、どこかで脱いたときに、探しにくいから、派手な色のほうが良いと思う。
防水スプレーをしておきましょう。
次男くん、今週も、お気に入りのクロックスを履いて帰ってきても大丈夫だよ。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

掃除の日

昨日、鞍馬に出かけたので、今日は休憩の日。


早朝に、ウォーキングに出かけようか。。。と,5時前に起きたけれど、次男がグッタリ、グッスリ眠っているので、諦めた。
次男が私が起きた気配に気がつかないということは、寝かせておいたほうが良いのだ。

いつものラジオ体操をして、朝食を食べた後は、床を拭き掃除して汗をかくことにした。
フローロングは、掃除機をかけると、ゴミが逃げていくのでイラッとする。
たまに、気合をいれて拭き掃除すると気持ち良いね。

次男くん、健康でありがたいです。
昨日も石段を登り降りしながら、ありがたいと思った。

健康であるならば、健康な人を退屈させず、気持ちよく負荷をかけて、気持ちよく疲れさせなければならない。
それなりに工夫もお金も時間もかかるので、時々は、ネタがきれて頭を抱えることもあるけれど、苦しみながら諦めずいこう。

今夏は、これまでとは比較にならない程エアコンを稼働させている。
本当に電気代が心配だけど、仕方がない。。

長男に、「家にいるならちゃんと冷房入れてね。」とメールしたら、「おう」と返事があった。
ふたりとも、健康でいてくれるだけで、ありがたいことだ。。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR