捨てられない物

マンションの大規模修繕工事が進んでいる。
ベランだの不要品を投げ入れて良いコンテナが構内に設置してある。
コンテナの中に、各戸のベランダに置いてあった物がドンドン積み上がっていく。
これを良い機械に断捨離をしているのだろう。


私も断捨離しなくては。。。。。と思う。
思うのだが、できない。
捨てられない物がたくさんある。



2017-10-19-1


これは、次男が高校の陶芸の授業で作らせていただいた壺。

私は、陶芸が好きで、時間とおこずかいがあった時代に習っていた。
たった2年くらいだけど。
好きな土を、1kg:1000円とか800円で買って、”こんなのを作りたいです。” と講師の先生にお願いするスタイルだった。

土の価格は見当がつくし、次男を指導してくださった先生のシンドさも想像できるので、もったいなくて捨てられない。
大事にしている。

壺だけど、水が漏れるので、花瓶としては使えない。
ミズゴケを詰めて植木鉢にした。

半年間、物がゴチャゴチャある部屋で暮らします。

スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

用事があってこそ。

長男と業務連絡。

昨夜、長男から電話があった。
長男のマンションのエアコンとPCに不具合はあって、連絡先を訊いてきたのだ。
こちらで把握している電話番号を知らせた。

長男、健康そうです。
よかったです。(^o^)


今朝、メール連絡したら、PCは復調。
エアコンはまだ未解決。



続きを読む

テーマ : 障害児、障害者の兄弟、姉妹
ジャンル : 育児

たまたまだけど

たまたま、一羽の鳥もいないお堀です。
珍しいことです。

2017-7-15-2

次男が無事に帰ってきて、嬉しいです。
長男に業務連絡のメールしたら、「はいはい。」とか「了解。」と返事が来ます。

生きているだけで、ラッキーです。
そして、楽しいと思って生活できていたら、なおのこと嬉しいです。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

緑濃し

次男は無事に戻っています。
息子たちがそれぞれに健康でいてくれるだけでありがたいです。

緑が濃い公園を歩くことができる幸運。
健康であってこそ。

「仕事した?」 と訊けば、「した!」 と答える次男。
その程度の会話だけど、一語文のやり取りができるようになったことが、どんなに幸運であるのか、私たちはよくわかっている。

2017-7-8-1

こんな次男が職場を与えてもらえて、キチンと生活できる幸運。
この国に、この時代に生まれてこそ。


だから、やたらミサイルを発射する国が心配。
あからさまに領土拡張欲をたぎらせる国が心配。
どうにかならんのかいな。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

かわいいTシャツ

掃除機をかける次男。
Tシャツのデザインがかわいいです。

2017-6-26-1


2017-6-26-2

次男も気に入っているらしく、「ンフフッ!」ですって。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR