James Corden sings with Queen in glorious head-to-head battle

たのし~~~。
今、ツアー中なのね。

違った!6月7月8月だね。

Fri, Feb 3 4:01 AM PST



この日、スタジオにいたお客さんて、どんだけラッキーなんだろ。(。>ω<。)ノ

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : Rock
ジャンル : 音楽

困った。。。。。

「これ、良いわよぅ」 と、おしえて下さったものが、私にとっては、”へ!?” の時があって、どう反応したら良いのか、わからなくて困ることがある。

最近の”困った。。。。。”は、こちら。

James Blake - "Limit to Your Love"



私には、ちょっと、無理。
私の毎日は、バタバタ、ヒッシ(必死)、ヨレヨレ。。。の連続です。
タップリ歳をとったのですが、未だに、この手の音楽を楽しむ余裕がありません。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

「50」 リック・アストリー(Rick Astley)

リック・アストリー(Rick Astley)が新アルバム『50』を6月17日発売した。
日本版の発売は、10月。
アルバム・タイトルは現在の年齢から。

2016-9-13-1


スタジオ・アルバムの発表は2005年の『Portrait』以来。
通算7作目。
すべての楽器を自ら演奏し、すべての楽曲を自身で書いた全12曲入り。
全英アルバムチャート1位(初登場1位)を獲得した。
リック・アストリーの「50」が、アデルの「21」みたいに大きなセールスになるといいなぁ。


お顔が、ドリカムの中村さん、アンジャッシュのツッコミ担当に、ちょっと似てませんか?
「タンタンの冒険」のタンタンが50歳の大人になったら、こんな感じかな?


リック・アストリーの80年代のPVがyou tube にたくさんあります。
バブル景気の頃が懐かしいです。

でも、あの時代はおかしすぎましたよね。
ゴルフの会員権が何千万。。。とかになって、投資目的で借金してまで買いあさった人達もいました。
バブルが崩壊して地獄を見たと思います。


私はバブルの波に乗り損ないました。
乗り損なって助かったのだと思います。
塞翁が馬

続きを読む

テーマ : 洋楽
ジャンル : 音楽

歌詞メモ-拝啓いつかの君へ

痛いところを突かれました。

拝啓、いつかの君へ
そんなに愛想笑いが巧くなってどうするんだい?
忘れた訳じゃないだろ いつまでそこで寝てんだよ
「あんたの正義は一体なんだ?」

目に映るすべての景色が変わって 変わって 変わって
淡々と進んでいく毎日にいつしか 流れて 流れて 流れて
AとBの選択肢 突如現れた狭間に
あんたの正義は助けてくれるのかい?

白に黒を塗り足して
今はまだ何も見えなくていいよ 描いて 描いてみせてよ
今ココに在るものすべて僕等が壊してあげるから いつでも
「あんたの正義は一体なんだ?」

何度だって声に出して
夢に向かって立ち上がって
壊れたってまた創って
愛を持って生きてくんだ
いつの日にか叶えるんだ

あんたの正義にどこまで覚悟があるかは知らないけど
黙って 黙って 見てなよ
理解されなくてもいい 今はまだ何も見えなくても

拝啓、いつかの君へ
自分の信じた正義なら選んで進んでみせなよ
拝啓、いつかの君へ
今ココにあるものすべて

「あんたの正義に覚悟はあるのか?」
拝啓、いつかの君へ



若者でなくても、おばちゃんも、毎日、毎日、戦っておるのです。
愛想笑いが上手になったのは、どうしても必要なことなので、ホゾを噛みながら愛想笑いを重ねる苦しさよ。
たまに、ひび割れた胸から血が滲み出るのだよ。

「感覚ピエロ」というバンドだそうです。

BUMP OF CHICKEN の「天体観測」 以来の迫ってくる曲です。


続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

クィーン  アカペラ

”クイーンのアカペラを聴くとヤバいことになる ” という記事があったので、”そりゃぁ~~、そうでしょうよ。” と、あらかじめ予想していたけれど、やっぱり凄かった。


Qeeen a capella で検索すると、たくさんあります。
Under Pressure (A-Capella) - Only Vocals  ではデヴィッド ボウィ も一緒なので、なおのことゾワゾワします。


おばさんになって、良いことはなんにもないけれど、リアルタイムでクィーンやボウィ を知っていたことは、うれしいことだわ。
ま、同じ時期に地球上に存在していたってことだけなんけどさ。
プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR