墨龍賦(葉室 麟)

5/21 まで、国立京都博物館で、「海北友松(かいほうゆうしょう) 展」がありました。
建仁寺の襖絵が好きなので、それらを描いた海北友松にも興味が湧きます。

2017-6-12-4

展覧会は大盛況でした。
雲龍図は動きがあって、龍が飛び出て来そうでかっこいいけれど、花卉図屏風もゴージャスで華やかで、大満足でした。
海北友松については、パンフレットで解説されている以上のことは分からないのでしょうが、もっと知りたくなります。

2017-6-12-3


そこで、墨龍賦(葉室 麟) を読みたいなぁ。。。と思っているのですが、まだ単行本(1728円)しかでていません。
そりゃぁ。。2017/1/25  に刊行されたばかりだからね。
もうちょっと、待ちましょう。
古本屋で見つけるまで、待ちましょう。
ケチですんません。
新刊書でないと、著者の収入にならないですよね。
まことに、申し訳ないです。
ごめんなさい。


2017-6-12-1

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

1984年

アマゾン US で大変な売れ行きだとか。

 1月に入り、米国のアマゾン書籍売り上げランクトップに躍り出たのが、英国の小説家ジョージ・オーウェルの反ユートピア小説「一九八四年(1984年)」だ。

ビッグブラザー率いる党が支配する全体主義的な近未来の社会を描き出した小説で、1948年以来、世界で読み継がれてきた20世紀を代表する名作だ。主人公は真理省記録局に勤務し、歴史の改竄が仕事だが、完璧な屈従を強いる体制に以前から不満を抱いていた。美女と恋に落ちたことをきっかけに、反政府の地下活動に惹かれるようになっていく。

   英国の公共放送BBCが取材した米国での版元によると、トランプ氏の就任以来、売り上げはそれまでの95倍に激増した。このため、版元は「1984年」と、同じ著者の「動物農場」の10万部増刷も急遽決定した。

   初版以来の発行部数は3000万部という大変なロングセラーだが、前回、売れ行きが急増したのは米国家安全保障局や中央情報局(CIA)職員だったエドワード・スノーデン氏が政府による個人情報収集の不正な手口をメディアに流し、国家が市民を不当に監視していると世界的問題になった2013年以来のことだという。

   米国のメディアによると「1984年」は米国の主要な書店の一番目立つところに山積みされているという。

この本が注目を浴びたのはトランプ氏や報道官が、大統領就任式に集まった人出が2009年のオバマ前大統領就任時に比べ、少ないと報じたことに、「メディアは真実を報じず、嘘のニュースばかり流している。テレビ中継を含めればずっと多い」と事実に基づかない「もうひとつの真実」を強弁し続けていることが全体主義社会の到来を連想させているようだという。 



核爆弾の発射ボタンを、「自己愛性パーソナリティ障害(人格障害)」かと言われる、見える人に持たせてしまうアメリカ国民の思考回路が理解できない。

1. 自己の重要性に関する誇大な感覚。
2. 限りない成功、権力、才気、美しさ、あるいは理想的な愛の空想にとらわれている。
3. 自分が”特別”であり、独特であり、他の特別なまたは地位の高い人たちにしか理解されない。または関係があるべきだ、と信じている。
4. 過剰な賞賛を求める。
5. 特権意識。つまり特別有利な取り計らい、または自分の期待に自動的に従うことを理由無く期待する。
6. 対人関係で相手を不当に利用する、つまり、自分自身の目的を達成するために他人を利用する。
7. 共感の欠如:他人の気持ちおよび欲求を認識しようとしない。またはそれに気づこうとしない。
8. しばしば他人に嫉妬する、または他人が自分に嫉妬していると思い込む。 
9. 尊大で傲慢な行動、または態度。
DSM-Ⅳ-TR 精神疾患の分類と診断の手引き より





私は、SFもディストピアも嫌いだ。
そういう本も映画も嫌いだ。
気持ちが落ち込んでしまうから。
だから、たぶん読まない。

でも、メモしましょう。
ひょっとしたら、読むかも。
デジタル本でサンプルを読んでみて、ものすごく不快だったら、サンプルだけでやめておこう。

全体主義社会になれば、私達の居場所はない。
全体主義社会は、企画が揃っていることが要求される。
企画外の最たるものである障害者に居場所はない。


「アメリカのことだから、日本に住む私達には関係ないことよ。」。。。なんてことは、絶対にない。

訳:新庄哲夫(1972年)、高橋和久(2009年)


2017-2-1-12

2017-2-1-13

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

君主論 マキアヴェリ 〈新訳〉池田廉

盟友の長男さんが、「お母さん、コレ、読んでみ。お母さんと共通したところあるわ。」と勧めてくれたそうです。
「 君主論 」 マキアヴェリ著

あら!

長男さん、ご自身のお母さんのことをよくわかっているわ。
ビックリだわ。 (°_°)

温和に見せながら、実は。。。。てやつですよ。
人とぶつかることがないのに、誰にも引かない。
強調しないのに、いつの間にか、自分の主張を通している。

こういう人が、一番得をするのです。
長男さん、知っているのね。
賢いわ。




2017-1-25-1

表紙は、マキアヴェリかな?チェーザレ・ボルジアかな?

盟友が、私にも「読んでみ。」と勧めるので、私は、「読み上げ機能」で聴いています。

マキアヴェリは、チェーザレ・ボルジアがイタリア統一を成し遂げてくれることを願っていたので、その早すぎる死を嘆いている。

1503年、父、アレクサンデル6世が病に倒れなければ。
同時期にチェーザレも瀕死の病床にいなければ、迅速な対処ができたのに。
かつて父と教皇の座を激しく争ったジュリアーノ・デッラ・ローヴェレと密約して教皇就任を後押ししなければ。。。。



チェーザレ・ボルジアによって1500年代に統一されていたら、イタリアはどうなっていたのかな。

イタリアは、統一されてからまだ150年ですって。
たったの150年??

日本でいうと、明治から150年ですよ。
明治元年は、1868年。


イタリアの統一がどんなに遅いことだったかがわかります。


テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

メモ-「アタシがマツコ・デラックス!」

アタシがマツコ・デラックス さんが以前に出版された本が高騰しているという記事を読んだ。
すでに絶版本なのだそうだ。
Amazonで検索すると、2冊あって、本当に、「12500円、18113円」という価格だった。

きっと興味深い内容なのだろう。
読んでみたいなぁ。

デジタルにならないかなぁ。


2017-1-2-1

テーマ : 本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

星の王子さま

日本では岩波書店が長らく作品の翻訳権を有していたが、2005年1月に翻訳出版権が消失したので、新訳が多く出版されました。

電子書籍で安価なものがたくさん出ているようで、比較してみたいと思いました。
でも紙の本ならば何冊でも同時に開いて比較できるのに、電子書籍ではそうはいきません。

あら。。。。。やっぱり古本を気長に集めるのが良いのかな。
最寄りの駅の近くに古本屋さんがあります。
帰り道に寄る。。。というか、サァ~~と、108円の棚の前を通り過ぎるのが好きです。
時々、呼ばれた気がして、本棚に近づいてみると、”おおっ!あった!!”と小さく声を上げることがあるのです。
気にかけていると、出会うことがあるのです。
らっき!
さんきゅです。

2016-8-30-3
星の王子さま―オリジナル版
Kindle版 と単行本がある。
著者の生誕100年を記念し作られた復刻版。
挿絵は著者自身が描いた米オリジナル版そのままの絵が載せられている。
内藤 濯 (ないとう あろう、1883年7月7日 - 1977年9月19日)翻訳

まだ、入手できていません。

続きを読む

テーマ : 読書
ジャンル : 小説・文学

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR