FC2ブログ

扇風機を出して欲しいです。。

先週の日曜日、少し涼しく感じた。
次男と妙見山にハイキングに行くので、薄手の上着が必要だと次男に話したら、あっと言う間に衣替えをやってのけた。
次男の動きの早いこと。。
いつも感心するわ。。目的、段取が決まっていると迷いなく動く。。
気持ちが良いくらいだ。
衣替えだけでなく、カーペットを秋冬用に取り替えて、扇風機をクローゼットに仕舞い込んでしまった。
まだ暑い日が来るだろうと予想が立つので、「扇風機は、まだ仕舞わないで。」と説得したけれど、却下された。
で、次男が火曜日に出勤した後、私用に扇風機を一台、クローゼットから運び出した。
やれやれ。
その扇風機を、今朝、また、片付けられてしまった。。
次男も、「暑いなあ。」と感じているはずなのに、なんでかな。
暑くて汗が出るので扇風機がほしい。。と思うことよりも、次男には、「次男のルール」が大事なのだ。。
「秋になったら扇風機をかたずける。。カーペットを秋冬仕様に替える」という次男のルール。。
次男は、自分で、扇風機のコンセントを🔌壁から引き抜いたのに、「コンセントが抜けてる。」言って来た。。
(コンセントは勝手に抜けないよ。君が抜いたんだろ。)と言いたいところだけど、要するに、次男は、扇風機かたずける口実を探しているのだ。。
「こだわり」のひとつかな。
次男は、なかなか面倒なこともある。。

面倒だけど、良いところもたくさんあるので、文句言ったらバチが当たるかな。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

真っ赤なクロックスとネコのクッション

次男が金曜日に帰ってくるときは、次男が服を選んでいるようです。
私に、服や靴を見せてくれるつもりでいるのかもしれない。

赤いクロックスは、「S川さん!!」と言って見せてくれた。
S川さんと一緒にお出かけして買ったと言っているのだ。

2019-08-25_09-04-15_401.jpeg

かっこいいね。
次男はとっても気にいっている様子。
うれしいね。
イマドキの青年のようだ。


土曜日の「もっとどようくらぶ」は、クロックスを履いて行った。
先生に電話をして尋ねたら、「アスレティック運動場に行くわけではないので、クロックスでもOK です。」ということだった。

次男くん、意気揚々と出かけた。

家に、次男の予備のスニーカーを置いてあるので、もしも、「クロックスではだめだよ。」言われたら、スニーカーを履かせるつもりでいた。
集合場所に、私がスニカーを持って言って、リーダーさんや先生方に「今日は、スニーカーでないと危ないよ。」と言ってもらったら、次男は納得してスニーカーに履き替えることできるだろうと思った。


日曜日は、もともと、「お家にいる日」を予定していた。
次男は、ネットサーフィン。
私は、100円ショップでかわいい模様のランチョンマットを見つけたので、クッションを作ることにした。

2019-08-25_10-09-09_287.jpeg

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

5:00なのに

5:00に目が覚めたので、キッチンに行ったら、ご飯が炊きあがっていて、4時間が経過していた。

なんで?

次男はいまだに「予約炊飯」が理解できない。信用できないのだ。


--------------

猛暑なので、早朝であっても、ウォーキングにいきません。
家でラジオ体操をします。

ラジオ体操だけでも、タップリの汗が吹き出てきて、シャワーして、また汗をかいて。。。の繰り返しです。
ヤレヤレ。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

天の知らせか

私のスマホが鳴った。
着信音で次男の携帯電話からだとわかったから、なにもかも放り出して応答する。

私: 次男くん?何? どうしたの?
(次男に、どうしたのかを説明する言語能力はないけれど、そう訊かないではいられない。)


次男:♪♪♪♪♬❤  ♪♪♪♪♬❤


次男は、機嫌よく歌っている。
困ったことは、何事も、起こっていないようだ。
携帯電話が勝手に私宛に発信したようだ。
せっかくだから、しばらく聞いていると、地下鉄の駅にいるようだ。


次男くん、ちょっと上機嫌過ぎて、歌声が大きいようだ。
楽しいことがあったのかな。
それは、とても良いことだけど、ちょっと、「変な人」過ぎるよ。

私:次男くん、次男くん、聞いて~~~!!聞いて~~~!!


と、呼びかけてみるが、次男はまったく気づかない。(T_T)

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

毎年、「世界自閉症啓発デー」の4月2日から8日が「発達障害啓発週間」

いつも、余裕がなくて、自分達のことだけでセイイッパイです。

今ごろになって気がつきましたが、毎年、「世界自閉症啓発デー」の4月2日から8日が「発達障害啓発週間」だったんですね。

カナータイプの自閉症は、自分自身が自閉症であることについて発信することができません。
次男を見る私(親)の目は、いつも一方的で過剰に高評価になりがちですが、なにかの助けにならないだろうか。。。と思います。

とりあえず、記録だけでも。。と思って続けています。
----


本人の発信としては、Queen のベーシスト(1997年に音楽業界から引退)のジョン・ディーコン氏の5男さんのキャメロンが発信しています。(キャメロン自身がジョンディーコンの息子だと公表しているので)

Happy Autism Awareness Day

彼は、自閉症を自分自身の一部としてそれを受け入れていて、自閉症啓発の一助になりたいそうです。
ありがたいことです。

よその国のよそのお子さんですが、彼のことが気になってしかたがないです。
がんばり過ぎないでね。
気をつけてね。

何に気をつけたらいいのか、おばさんにもわからないけど。

-----


地球温暖化対策を訴えて起こした「スクールストライキ」が、世界なムーブメントを起こしているグレタ・トゥンベリさん。
アスペルガー症候群であることを公表している彼女は、「アスペルガーであることは才能です」と言っています。

そうであるとも言えます。


よその国のよそのお子さんですが、彼女のことが気になってしかたがないです。
ご家族も、”だいじょうぶ!!”という表情をグレタさんに見せながら、内心はヒヤヒヤしておられると思うのです。
違うだろうか。。



どんなに知能が高くても、自閉症特有の危うさがあるので心配なのです。

それ以前に、自閉症であっても、なくても、公の場に自身を晒すということは、大きなリスクがあります。


いやぁ。。私が心配してもどうしようもないことですが。
わかってますよ。
わかってますけどね。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR