鳥羽離宮跡散策

今日も寒いです。
でも、どこかに出かけましょう。
ジーーーーッ としていると、たぶん次男は腐ります。
次男は生ものですから、新鮮な空気を入れてやらねばなりません。

今日は、以前から気になっていた「鳥羽離宮跡」を散策する予定です。
遺構は残っていませんが、歩いてその広大さを測ってみたいです。


鳥羽離宮(とばりきゅう)は、12世紀から14世紀頃まで代々の上皇により使用されていた院御所。
鳥羽殿(とばどの)・城南離宮(じょうなんりきゅう)とも呼ばれる。

鳥羽は、平安京の南約3kmに位置し、鴨川と桂川の合流地点で、山陽道も通る交通の要衝であった。平安京造営時に朱雀大路を延長した鳥羽作道も作られ、鳥羽は平安京の外港としての機能を持った。また、貴族達が狩猟や遊興を行う風光明媚な地としても有名であった。このため古くから、鳥羽には貴族達の別邸が建ち並び、市が立つなど、都市として発達していた。

11世紀、院の近臣である藤原季綱が鳥羽の別邸を白河上皇に献上した。白河上皇は大規模な拡張工事を行った。後の南殿である。さらに東殿を建設し、邸内に自らの墓所として三重の塔を中心とした安楽寿院を造営する。12世紀の鳥羽上皇の代には泉殿をはじめとして増設が繰り返された。鳥羽上皇も安楽寿院に本御塔と新御塔の2つの塔を造営し、本御塔を自らの墓所と定めた。新御塔は美福門院の墓所を予定していたが、近衛天皇が葬られた。これらの造営、作事には各地の受領に任ぜられた院の近臣達が分担してあたっている。このように、院政期には鳥羽は経済、物流の拠点としてだけではなく、政治の中心地ともなった。
また、治承三年の政変の際に平清盛の命令によって後白河法皇が幽閉され、院政を停止されたことでも知られている。南北朝時代の戦火によって、多くの建物が焼失し、その後急速に荒廃していった。



2018-2-11-1

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

江戸の戯画-大阪市立美術館

江戸の戯画-鳥羽絵から北斎・国芳・暁斎まで

平成30年4月17日(火)~6月10日(日)
【前期】4月17日(火)~5月13日(日)
【後期】5月15日(火)~6月10日(日)
※会期中展示替えあり。

歌川国芳の「金魚づくしシリーズ」全9点がそろうのも見どころの一つです





これは、面白そう!!
次男にもウケると思います。
前期も後期も行きたいなぁ。

2018-2-10-1




草間彌生展-建仁寺-霊源院-法観寺八坂の塔-清水寺

今日もよく歩きました。

花見小路はすごいことになっていました。
警備員さんが何人も出ていて人並みを整理していました。
立派なカメラを抱えた人たちが本当に何重にも並んでいて、舞妓さん達の「出待ち」をしていました。
なんとか、人波をくぐり抜けて、祇園甲部歌舞練場を目指しました。

弥栄会館にも「出待ち」の列。

2018-1-7-1

2018-1-7-2

フォーエバー現代美術館 祇園京都
(祇園甲部歌舞練場内八坂倶楽部)
草間彌生My Soul Forever

2018-1-7-3

2018-1-7-4

八坂倶楽部は築100年以上の歴史ある建物です。
靴をロッカーに入れて、スリッパに履き替えます。
畳、板廊下がきもち良いです。
庭を見ながら座禅をするスペースがあります。
座禅しやすいように、普通サイズの座布団と、お尻のしたに当てる小さい座布団がセットで並べてあります。

庭用スリッパに履き替えて、庭を散策出来ます。
ミュージアムショップとカフェもあります。
草間彌生イメージの水玉模様のスィーツがあります。
とても可愛くて、食べてみたいと思いましたが、スィーツでは次男のお腹は膨れませんので、カフェには入りませんでした。
しっかり昼食を食べるのが肝要です。

2018-1-7-5

2018-1-7-6

2018-1-7-7

これは、撮影可の作品です。
舞台に映えます。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

嵐電-渡月橋-モンキーパーク-虚空蔵法輪寺-天龍寺

お出かけ-お出かけ-次男はお出かけしないではいられません。

今日のお目当ては、嵐電に乗ること。
行き先よりも、嵐電に乗ることが重要です。

2018-1-3-2

2018-1-3-3

2018-1-3-1

路面を走る区間、小さい駅舎。。ちんまりした可愛い電車です。

2018-1-3-4

嵐山は、雪でした。
さっぶい!!

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

京都国立博物館-三十三間堂

昨日は、初日の出を見て、初詣をしたあとは、お雑煮食べて、おせち料理を食べて、のんびりぬくぬくしました。

今日は、もう、どこかに行かなくては、次男はもちません。

ありがたいことに、京都国立博物館は今日から開館です。
トラりんも登場してくれるので、会えるかもしれません。

2018-1-4-1

2018-1-4-3

2018-1-4-2





続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR