FC2ブログ

伏見稲荷大社

久しぶりに伏見稲荷大社にお参りしました。

人がちょうどよいくらいに少なくて、気持ちよかった。

blog-1_20200705223015add.jpeg


これは、2018/5/20 の光景

blog-1-2-2018-05-20_11-35-48_474.jpeg

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

赤絵

昼食に、美味しいチキンカレーを食べに行きました。

ここのお店は、辛さの順位があります。

次男と私が食べるのは、辛さが一番低いチキンカレーです。
次男は、2皿と半皿をぺろり! と食べました。
満足そうです。

このために、ふたりで、朝、しっかりウォーキングをしたので、よいのです。
否、カロリー計算をしたら、きっと、ウォーキングだけではたりないかもしれませんが、たまには、良いのです。

いいことに、しよう。

食後はまた、歩いて、大阪城天守閣へ

大阪城天守閣では、来館者への感謝と新型コロナの早い終息を願う取り組みとして現在「赤絵」を配布している。赤い色には、古来災いや魔物をはらう効果があると考えられており、江戸時代の「天然痘」流行の際には魔よけの図柄などを赤一色で刷った版画が祈願に使われていたという。今回は「赤絵」を5万枚準備し入館した希望者に一人1枚ずつ配布している。



2020-06-27_15-38-09_115.jpeg

ふたりで2枚を頂きました。
一枚は、家に、貼ります。

もう一枚は、次男の日記帳に貼りました。
日記帳は、次男といつもいっしょにいますから、お守りになるでしょう。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

大阪市立美術館 フランス絵画の精華

朝のウォーキング。快晴!!

blog-5_20200607201011a92.jpeg


その後、大阪市立美術館に出かけました。

フランス絵画の精華
2020年4月11日(土)~6月14日(日)
2020年5月26日(火)~8月16日(日)

次男は、外出自粛期間中に、協力してお家に居てくれたから、ありがたかった。
もし、ジレられたら、どうしようもなかった。


出かけられるようになったので、迷惑をかけないように気をつけて、様子を見ながら、慎重に出かけましょう。
それでも大阪市内だけにしましょう。

ワクチンができるまでは、慎重にね。



blog-1_20200607195619138.jpg

入館時に体温チェックを受けました。
マスクをしていない人は入館できません。


ベルばらに登場したポリニャック伯夫人の肖像画もありました。

次男は、美術館に行くと、小さな声で解説を読みあげてくれます。
もちろん、メガネなしで読めます。
さんきゅです。

次男に解説を読んでもらいながら、ゆっくり見て回りました。
そんなに混んでいなくて助かりました。
混雑してきたら、入館制限されると思います。




続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

ひさびさにお出かけ

大阪天満宮の近くのカレー屋さんに出かけた。

外出自粛が始まってすぐに電話をかけたら、つながらなかった。
たびたび電話をかけたのだが、つながらなかった。
閉店しているのだと思った。

そのまま事業そのものが終わってしまうのではないか。。
心配していた。

今朝、電話をしたら、つながった。
よかった。

次男と二人ででかけた。
チキンカレーを食べてきた。

たまたま私が電話をかけたときにつながらなかっただけで、ちゃんと時間を短縮しながら営業を続けていたとわかった。
良かった。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

建仁寺-両足院-冬の特別公開-襖絵

両足院のウエブサイトに、「襖絵プロジェクト」のページがあります。
その襖絵を見てきました。

yjimage_202001031931318e0.jpg

「座禅」はまったく無理、不可能です。
「写経」は、文字数が多くて、難しそうで諦めましたが、いつか挑戦できる日がくるのではないかと思います。

特別期間のみの御朱印がありました。
文殊菩薩(1000円)と普賢菩薩(1000円)と鍾馗様(2000円)がありました。
普段の御朱印は300円です。
でも、次男の生まれ干支の守護仏が文殊菩薩なので、文殊菩薩の御朱印を購入しました。

blog-1_20200103165210524.jpeg


合格祈念に購入する人がほとんどらしいです。
次男は受験を控えているわけではないけれど、次男にこそ、仏の智慧を授けてやってほしいです。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR