FC2ブログ

妙見山

妙見山にいきました。

シグナス森林鉄道は、荒天のため運休でした。
残念。
3_20190923144450994.jpeg

運行していたら、こんな様子でした。




でも、ケーブルカーに乗ったし、リフトにも乗ったし,気持ちよくハイキングしました。

明日の私は使い物になりません。

map_guide.jpg

次男は、今日のハイキングに満足してくれたようです。

続きを読む

スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

大丸心斎橋店本館

デパートで買い物なんて、もう、何十年もしてないけれど、ヴォーリズ建築が好きだから、買い物するフリをして散策したいなぁ。。

私にとっては、デパートって、充分なお金を持ってないと、気持ちが弱ってしまう空間なんだけど、だから、何十年も足を踏み入れてないのだけど。

9階 は、「エンターテインメント キャラクター / トラベル / ベビー&キッズ / コンビニエンスストア」で、

ポケモンセンターオーサカDX & ポケモンカフェ があるというし。。

190918_daimaru_5.jpg

大丸松坂屋百貨店は18日、建て替えオープンを20日に控える大丸心斎橋店本館を関係者に公開した。長年、御堂筋のランドマークとして親しまれた建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories)による内外装をほぼ復元。

建て替え前のレンガや大理石などをほぼ全て再利用し、86年の歴史が感じられるようにした



190918_daimaru_2.jpg

続きを読む

テーマ : 建築
ジャンル : 学問・文化・芸術

地図を持って、今日の探索

大阪市立美術館

茶臼山(1614年、大阪冬の陣では茶臼山一帯が徳川家康の本陣となり、1615年、大阪夏の陣では真田幸村の本陣になったところ。)
赤い橋を渡ってこんもりとした高台に上ります。

2019-09-16_11-51-58_507.jpeg

続きを読む

テーマ : 歴史
ジャンル : テレビ・ラジオ

京都国際マンガミュージアム

今日のコースは、
レトロな洋館が点在する三条通りを歩いて、京都文化博物館

blog-1_20190909200920bef.jpg

キモカワ×日本美術 “Kawaii” Japan と題するコーナーに、若冲のゾウを展示してあって、キモカワと言ってしまうのは、かわいそうだと思った。

キモくないよ。かわいいゾウですよ。

伊藤若冲《象図》寛政2年(1790)
東京富士美術館所蔵


nippn021.jpg


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

京都の町家-杉本家住宅-吉田家住宅

文化財特別公開-京都の町家-杉本家住宅-吉田家住宅
9/30日までです。

杉本家住宅

吉田家住宅


「蛤御門の変で、京都の町家は灰燼に帰しました。」と説明されたので、

「京都で先の大戦と言えば、応仁の乱。。。。という冗談がありますが、応仁の乱ではなくて、蛤御門の変のことでしょうか。」

と、尋ねたら、

「京都で先の大戦と言えば、応仁の乱です。」

と真面目な顔でお答えいただきました。

続きを読む

テーマ : 歴史
ジャンル : テレビ・ラジオ

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR