無事である幸運

次男が無事に帰っています。

私が帰宅して、なにか ”あれ?!”  という感じ。。。

次男が部屋の模様替えを済ませていました。

カーペットを夏用に取り替えて、扇風機を出して有りました。
おお、次男くん、さんきゅです。

次男の衣替えも完了していました。
半袖のシャツがラックに並んで掛けてあります。
パジャマも半袖、半ズボンに替わっていました。

次男は、毎日が地味ながら健康で幸福です。
ありがたいです。

長男に、”生きてるか? 死んでなかったら、返信せよ。” とメールすると、”はい、はい” と返ってきます。
( ̄^ ̄)ゞ

次の一瞬に何がおこるのか、わかっている人はいないです。
無事であることは、それだけで、幸運で、幸福なのだと思います。

時々、忘れてしまうけど。




スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

ずっと、考えている

月曜日に読んだ、鈴木航さんの記事がずっと頭の中にある。(すでに実名を出しておられるので)

障害者枠で就職したのに、ジョブコーチがいなかったのだろうか。

裁判中なので、社名も明らかにになっている。
東証1部、海外拠点もある。
従業員数は、連結:4,247名 単体:1,235名
大企業だ。

就職が決まるまでに、実習期間は何週間あったのだろうか。
実習はなかったのだろうか。

なんとか、使えそうだ。。。と判断したから、雇用したのだろう。。。と思うのだが。
雇用を決定した人と、入社後に作業を指導した人は、別人なのだろうか。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

森へ

視界を狭めると、公園が”森”に見えないこともない。
ラジオを聴きながら自分のペースで歩く贅沢な時間。

2017-5-10-1

2017-5-10-2

昨日、盟友のお母様が亡くなった。
穏やかにみまかられたようだ。

ご家族は、お寂しいと思われるだろうけれど、ご本人もご家族も本当にお幸せだと思う。
うらやましいな。


テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

筋肉痛

今日は、ノンビリの日です。
朝のウォーキングを済ませた後は、ノンビリ、ゴロゴロしましょう。

と、言うか、お母さんは、つかいものになりません。
体中が、筋肉痛です。

でも、大丈夫。
次男がご飯を炊いてくれるし。
冷凍庫の中に、サワラの西京漬があるし。
枝豆もあるし。
比叡山で買った胡麻豆腐もあるし。
他の保存食もあるから、大丈夫。

今日は、休憩の日です。
おやつに柏餅を食べましょう。


2017-5-5-1

2017-5-5-2

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

iphone のバカ! の覚書

以前にau で2年間、iphone 5s を使った。
問題なく使えた。
きれい使えて、下取りにだしたら、結構な値段で引き取ってくれた。

au のまま使うと料金がドンッ!!と高く跳ね上がるので、ymobile にキャリアを換えた。
デバイスは、iphone 5s があったので、また5s を選んだ。

1年間、問題なく使えた。
突然、ブラックアウトするようになったので、バックアップを取ったうえで、初期化した。
搭載すみのアプリ以外はインストールしないで、様子を見ながら使っていたら、やはり、ブラックアウトを繰り返すので、アップルストアーに連絡したら、アップルケアに加入していたので、無償で新品と交換してくれた。

サンキュです。
再設定するのが、面倒だったけど。


ところが、旅行先で、何度も再起動した。
なんでやね~~~~ん!?

ブラックアウトと再起動は別。
ブラックアウトは、かってに真っ暗になったまま。。。。仕方がないから、電源スイッチとホームボタンを1分くらい押し続けると起動する。
再起動は、かってに真っ暗になって、リンゴマークが表示されて、しばらくすると、ホーム画面に戻っている。

iphone が再起動中で写真が撮れないときは、タブレットで代用した。
安価なラブレットだから、画素数がもうひとつ。。。いや、みっつ。。くらいだけど、無いよりずっと良い。
役に立ってくれた。
さんきゅでした。
再起動と再起動の合間で、メール等での連絡もできた。
100歩譲って、必要な仕事をこなしてくれたので、OKの範疇かな。



しか~~し、自宅に帰ってからも、再起動を繰り返していた。
新品と取り替えてもらったのに、なぜだ。
なにか、私が奇っ怪な電波を発生させているのだろうか。

ついに、こうなった。
2017-5-3-1

アップルサポートに電話してみたら、「バックアップを取ってから、初期化してください。」と言う。

え!? 私の気持ちが重くなった。

「初期化したら、バックアップから復元しないで、手動で設定してください。新たなアプリをインストールしないで、搭載されているアプリだけでしばらく使って様子をみてください。」 とのこと。

あじゃぁ。。。。。やっぱりそう言うかぁ。。。しかたがない。指示に従いましょう。

続きを読む

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR