FC2ブログ

美味しいカレー

朝が暗くなった。
雨が降っているせいもあるけど、涼しい。
気持ち良いなぁ。


8月は、5:00でも暑くて、すでに明るくなっていた。
パジャマの襟が汗ばんで、ああ”~~~~!!! と唸りながら目を冷ましていた。

暑い間は、次男の夕食を前日の夜に作ってあら熱が冷めたら冷蔵庫に入れておいて、金曜日に次男が帰宅してレンジでチンして温めて食べることにしていたけれど、今朝は、お鍋にカレーを入れたままにしてガスレンジ台の上に置いておいても良いだろう。

次男はガスレンジでお鍋のカレーを温めると、いつも少し焦がしてしまう。
今日のカレーは、じゃがいもが美味しいよ。
濃度が濃くなってしまったから、よけいに焦げやすいなぁ。


お鍋が、上等の厚みのあるお鍋だったら、次男は、焦がさないで温められるのかなぁ。

次男が、「小さな火でゆっくり温める」 のが苦手で、待ちきれなくて、火を大きくしてしまうのならば、上等のお鍋にしても、結果は同じで、焦がしてしまうのだろうな。

今さらだけど、次男が台所を使えるように育ってくれて、ありがたいことなんだけど。
今日のカレーは焦がさないいてほしいなぁ。。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

投票に行こう!!

日本に日本人として生まれただけで、成人すれば「投票権」が与えられるって、幸運なことだと思う。

ニュースで知ったのだけど、オーストラリアのアボリジニ族は、1960年代まで選挙権を与えられなかったそうです。

海の向こうから勝手にやってきたイギリス人に攻められて、土地を奪われて、中には不毛の島に押し込まれて餓死させられたり。

親から子どもを奪って、教育と称して白人の家庭でメイドに使ったり、なかには力ずくで妊娠させてミックスの子を産ませたり。

アボリジニの人口を減少させようという施策だったのだ。

人は、生まれてくるときに、どこに生まれるのかを、選べない。

私は、日本に生まれてラッキーだ。

もっと大きなラッキーがほしくて、常にジタバタしているけれど、これからも、ずっとジタバタするけれど、目の前のラッキーも大事にしている。

だから、私は、投票に行きますよ。
棄権しません。

すでに期日前投票を済ませました。

投票場の前で、NHKが出口調査をしていて、声をかけてきたけど、断りました。
選挙のたびに、出口調査は、断ります。応じません。

出口調査をなぜするのか、わからない。
余計なことだと思う。





テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

雨の朝

ウォーキングに行こうと支度したら雨が降り出した。
残念。

週末に、生駒山上から額田園地に歩いて紫陽花を見に行って、宝山寺の石段を登ったら、しんどかった。
日々の運動を心がけないと、次男とでかけられなくなると痛感した。

真面目に取り組まなくては。



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

破壊願望

しだいに、破壊願望が高まってしまって、どうしよう。。。。

なんか、もう、全てをぶっ潰して逃げたい。

実際に、そうしても解決にならない。。。と、理性がささやいてくれるうちに自己調節しないとね。

本当の意味でタフでないと。しぶとくいかないと。

大画面で、ゴジラを見て吼えた!

m-1.jpg

温厚な父親がキレタ様子に共感した。
家に帰ってからクッションを殴った!

m-2.jpg

だけど、まだ、足りない気がしたので、

TVで、デンゼル ワシントン を見ながら、丸めて棒状にしたベッドパッドを締め上げた。

m-3.jpg

m-4.jpg

汗を掻くほど締め上げて、ゼイゼイ息が上がって、なんとか、落ち着いた。

ふんばろう。

投げ出すには、もったいない。

それに、来た道の長さに比べれば、行く道は、短い。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

クッキー

抹茶を入れて、次男のお土産のクッキーを食べる。

ヘルパーさんが、次男に、「お母さんに、お土産を買うよ。」と声をかけて下さったのだろう。。
それでも、うれしい。
ダッフィのクッキー、可愛くて、おいしい。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR