FC2ブログ

少しだけ紅葉

お堀近くの桜の木が、すこしだけ紅葉しています。
blog-1_20191027104108bae.jpeg
紅葉がもっと進んでから、どこかにお出かけしよう。
真っ赤な🍁モミジの中をハイキングしよう。。
スポンサーサイト



テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

台風に備えているけれど

たいへんなことになっている地方があると、テレビニュースで言っていて、心が痛む。。

私たちも、台風に備えて植木鉢をベランダの壁ぎわに移動させた。
雨戸や鎧戸がないマンションなので、何かが飛んできたらどうしようもない。。
きっとハイグレードなマンションには、カッコイイ鎧戸があるんだろうな。

養生テープをガラス面を補強すべきだったけれど、考えが及ばなかった。。
気がついた時には、ホームセンターで養生テープは売り切れてしまっていた。。
あじゃぁぁぁ。。
仕方がないから、神に祈るのみ。

それでも、風雨は想像していたほどではなくて、近所で大規模な工場の取り壊し作業の現場があるけれど、今日も作業続けているくらいなのだ。
ドンドン、ガチャガチャ と作業の音が聞こえている。。

だから、次男が、( 美術教室、行けたんとちゃうん。。。) みたいな顔をしていて、ちょっと面倒くさい雰囲気。。
”次男くん、行きは良い良いで、帰りは、電車は止まっている。。。て、ことは有るえるよ。。” と顔で言ってみるのだが、通じるはずもなく。

朝の体操の後、次男が日記帳に今日の予定を書くときに、「今日は台風が来るので、お家にいます。」と書いたらいいよ。。。と提案したら、「い~~~~~や!!!」と拒否されました。

不満があっても、何かに八つ当たりするような次男ではないけれど。。。
次男の不満に気づいてないフリをしよう。。お母さんは、鈍感です。鈍感です。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

トマト缶

昨日はちょっと大変だった。

書類を持って、大阪-神戸間を電車を乗り継ぎ、乗り継ぎしてウロウロ。
ちょっと疲れた。

疲れて頭が回らなくなったので、ちょっと失敗。

献立を考える気力がなくなったので、カレーに決めた。
賞味期間がきれそうなトマト缶があったので、カレーにいれたら、トマト味が予想よりも強くなった。
トマト缶を半分にすればよかったのに、考えないで、一缶全部を入れてしまったから。

ああ、やばい。
次男が嫌いかも。。。

味の修正を試みだけれど、う~~~ん。
もう一つ効果がない。
トマト味が強く残っている。

う~~ん。
次男くん、ごめんなさい。
オヤツにゼリーをつけるから、許して。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

安楽死について

「安楽死」を扱った6月放送のNHKのドキュメンタリー番組が自殺を肯定する内容で、障害者や難病患者の尊厳や命が脅かされたとして、障害者らでつくる日本自立生活センター(京都市)が放送倫理・番組向上機構(BPO)に審議申立書を送付したことが1日、分かった。

 番組はNHKスペシャル「彼女は安楽死を選んだ」。重い神経難病を患った女性が、スイスに行き安楽死に至る姿を追った内容だった。



私は、このドキュメンタリー番組を見た。
とても良いと思った。
安楽死は、認められるべきだと思った。

本人が熟考された様子がよくわかったし、姉妹の愛情も伝わった。
番組によって「障害者や難病患者の尊厳や命が脅かされた」とは思わない。




テーマ : 障害者の自立
ジャンル : 福祉・ボランティア

美味しいカレー

朝が暗くなった。
雨が降っているせいもあるけど、涼しい。
気持ち良いなぁ。


8月は、5:00でも暑くて、すでに明るくなっていた。
パジャマの襟が汗ばんで、ああ”~~~~!!! と唸りながら目を冷ましていた。

暑い間は、次男の夕食を前日の夜に作ってあら熱が冷めたら冷蔵庫に入れておいて、金曜日に次男が帰宅してレンジでチンして温めて食べることにしていたけれど、今朝は、お鍋にカレーを入れたままにしてガスレンジ台の上に置いておいても良いだろう。

次男はガスレンジでお鍋のカレーを温めると、いつも少し焦がしてしまう。
今日のカレーは、じゃがいもが美味しいよ。
濃度が濃くなってしまったから、よけいに焦げやすいなぁ。


お鍋が、上等の厚みのあるお鍋だったら、次男は、焦がさないで温められるのかなぁ。

次男が、「小さな火でゆっくり温める」 のが苦手で、待ちきれなくて、火を大きくしてしまうのならば、上等のお鍋にしても、結果は同じで、焦がしてしまうのだろうな。

今さらだけど、次男が台所を使えるように育ってくれて、ありがたいことなんだけど。
今日のカレーは焦がさないいてほしいなぁ。。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR