FC2ブログ

須磨海浜水族館

今回は、須磨海浜水族館 へ出かけました。

次男は機嫌よく帰宅しました。
よかったです。
リ-ダーさん、ありがとうございました。


須磨海浜水族館に、次男は度々行っています。
アクセスがよいので、たくさんの学校が遠足で利用します。
何回行っても楽しい場所だと思います。

次男に、「何を見たの?」 と問いかけると、「イルカ!!」と答えてくれました。
言葉の乏しい次男なので、それだけ答えてくれたら、上出来です。


ずっと昔、次男と「就学前母子通園施設」に通っていました。
大型バスに乗って、須磨海浜水族館に、母子遠足に行きました。

一言も発することのなかった、あのころの次男を思い出せば、今の次男は奇跡のようです。
どうしても行かなければならない理由が発生しないかぎり、私は二度と須磨海浜水族館にいきません。
思い出したくないことがたくさんあります。




スポンサーサイト



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

八尾市立しおんじやま古墳学習館

昨日は夕方からものすごい雨でした。
ちょうど帰宅途中だった私は激しい雨に傘が役立たずになって、タップリ濡れて帰ってきました。
次男はすでに帰宅していて、夕食もシャワーも済ませてスッキリ、ニッコリして「おかえりなさい。」と言ってくれました。

さて、今日の天気はどうかな。。。
幸いにも曇っていますが、雨はふらず、次男は機嫌よく出かけました。



今日のお出かけは、

しおんじやま古墳学習館

ハニワこうていに、会えるかな。

main_s.jpg


テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

エキスポランド

次男くん、朝ごはんからハリキッテいました。

いただきもののイクラの醤油漬けをご飯にかけて、ミニイクラ丼を作りました。
いつもの卵焼き、味噌汁、煮豆。
りっぱな朝ごはんになりました。

「もっとどようくらぶ」にでかけるので、意識してエネルギーチャージしたようです。

2019-06-22_07-59-46_348.jpeg


2019-06-22_14-34-00_434.jpeg


2019-06-22_14-34-11_979.jpeg

タップリ楽しんできたようです。

帰り道に土砂降りに遭遇して、コンビニで傘を買ったそうです。
お金が残っていてよかったです。

「もっとどようくらぶ」に出かける日は、急に雨が降って傘を買う時に備えて、「傘を買う用のサイフ」を、いつも使うサイフとは別に持たせた方が良いかもしれません。


リーダーさん、今日もありがとうございました。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

チンチン電車で行こう!!

「もっとどようくらぶ」でお出かけでした。

「安倍晴明神社」へ行くときいていたので、てっきり行き先は京都だと思っていました。
チンチン電車は、嵐電のことだと思っていました。

でも違いました。
チンチン電車は、阪堺電車でした。

安倍晴明神社は、安倍晴明神社でした。

今日も楽しんできたようです。
そして、無事に帰ってきました。
ありがとうございました。


2019-01-26_17-47-03_273.jpeg



続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

「箕面昆虫館&龍安寺であそぼう」

昨夜は雨が降っていて、”今夜は降ってもいいけれど、明日の朝は止んでほしいなぁ。。。” と念じていました。
晴れてくれて、ありがたいです。

帰宅後に次男に、「昆虫館に行ったの?」と、インタビューすると、

ちょうちょ!!
クワガタムシ!!
 
と答えてくれました。

お昼ご飯は何を食べたのか、訊ねるのが恒例になっていて、

サバ!味噌汁!  と答えたので、サバ定食を食べたようです。


調子に乗って、「それは、焼き魚?煮魚?」と訊いてみましたが、「・・・・・・・・・・・」 無言でした。

質問が難しかったのか、”サバは、サバでいいやんか!” ということか。


ごめん。訊き過ぎたかな。


次男は昆虫は得意じゃないと思うけれど、みんなと出かけると、興奮して委細構わず状態になることができて、楽しめるのでしょう。
今日も無事に帰していただいて、ありがとうございました。

続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

我々にとって深遠なものは、逆の相の下に隠されている。生は死の下に、愛は憎しみの下に、義は罪の下に、力は弱さの下に隠されている。

いずれも、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR