親のすべきことは

両親は、知的障害のある息子の成人後の生活の仕方の設定が完了するまえに、予想外に早く亡くなってしまったのだろうか。
それとも、姉だけに託して亡くなったのだろうか。

もし、そうならば、酷いことだ。

高齢者介護もそうだけど、広くいろいろな施策や人の手を借りなければ、支えられない。
親は、順番どうりならば、見送ることができる。

兄弟は、兄弟だから年齢が近い。
苦しさは、親の介護を遥かに超えるはずだ。

だから、兄弟に託してはならない。
親が、親亡きあとに残る障害のある子の生活の仕方を、なんとしても、設定したい。
自分の老いと戦いながら。



知的障害がある弟を殺害したとして船橋東署は20日、殺人の疑いで姉(46)を逮捕した。
逮捕容疑は19日夕、自宅の和室で、同居する弟(45)の首を圧迫するなどして殺害した疑い。

 同署によると、姉は夫と弟との3人暮らし。
弟は知的障害があった。仕事から帰宅した夫が意識と呼吸のない弟に気付き、119番通報。
姉は「殺したことに間違いない」と容疑を認めているという。

 姉は「弟が職場に迷惑を掛けていて悩んでいた」という趣旨の供述をしており、同署は、姉が弟の障害に悩んでいた可能性があるとみて詳しい動機を調べている。



スポンサーサイト

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

衣替え

毎朝、5:00に起きます。
屋外はまだ暗いです。
少し明るくなってからウォーキングにいきたいので、次男とふたりで「はちみつ、しょうが、抹茶」をお湯で割って、”ズズ-ッ” とすすって、ゆっくり身体を目覚めさせるのが、日課です。

昨日は、次男が、「はちみつ、しょうが、抹茶」を飲んでコップを洗ってフキンで拭いてから、「秋です。」 と言いました。

「そうねぇ。。少し寒くなったよね。」 と答えると、次男は扇風機をかたずけて、夏用のカーペットを畳んで、暖かいカーペットと置き換えました。

次男の模様替えが始まりました。

次男のベッドのシーツも暖かい冬用に取り替えました。
パジャマも取り替えました。
次男の夏のTシャツやアロハシャツと、長袖シャツを取り替えました。

次男は長い手足を使って高いところに置いてある衣装ケースをラクラクと下ろして、夏用の衣装を詰めて、また、上げました。
テキパキと動いてササッ と衣替えができました。

今朝は、一日しか使っていないシーツやパジャマも洗濯していました。
洗濯物を、ピッ!ピッ! パン!パン!と伸ばしてから、干していました。

自閉症ゆえのコダワリの作用だとは思うけど、キチンと生活しようとすることは大事です。

ヘルパーさんに、”次男くんの担当だと、得だなぁ。。” と思ってもらえるような”障害者”になってほしいです。



テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

お堀の水量

昨夜の雨の勢いは凄かった。
尋常ではない雨音が響いていた。

今朝は晴天。
昨夜の雨でお堀の水量が増えたかな?。。。。。。。。。と思って視線を投げてみると、

2017-9-18-1

そんな様子は全く無い。
石垣にクッキリと線が見えたままだった。
あら!

お堀の水がタップリしているほうが、景色がよいなぁ。

テーマ : 自閉症児の親
ジャンル : 福祉・ボランティア

ダメです!!  困った。


雨が上がって、今日は良いお天気になるのかなあ。。。

と、そこへ電話連絡が入った。

「警報がでたので、「仲間つくり教室」のH組の授業は休講です。」
大阪特別支援教育振興会の先生が丁寧にお電話を下さった。
ありがとうございました。

ああ、残念です。
でも、しかたがないです。
台風の進路は誰も変えられません。

次男にそう伝えたら、 「ダメです!!」(`o´)

アッチャァ。。。。。
次男は納得できません。

「音楽」(*`へ´*)

次男は、「仲間つくり教室」の出席カードをポーチに入れました。
今日は、「音楽」のプログラムだったのです。

さて、午後に出かける予定の時刻になるまで、この調子が続くのでしょうか。

どうしても次男が納得できなくて、出かけるのならば、教室があるはずだった学習センターまでついて行きましょう。
そこに行っても先生達はいないはずで、「ほらね、先生も受講生もいないでしょう。教室は、今日は、お休みになったのよ。」と言って、次男が諦めるまで待ちましょう


続きを読む

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

お買い物メモ

次男がお買い物メモを書いて、私のサイフに貼り付けました。

2017-9-16-1


スプラッシュマリン。。。。て、なんだろう??

これでした。

2017-9-16-2

承りました。
探してきます。

あれ!? 底に白い粉が沈んでいます。
フリフリしてから使うものだったんだね。
新しいものを買ってきたら、”フリフリしてから使う”を練習しましょうね。

テーマ : 自閉症
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

Protea Mama

Author:Protea Mama
7年余、楽天ブログを書いていました。いろいろな機能が終了になるということなので、FC2ブログに移動しました。楽天ブログには「フリーページ」があります。大変ありがたい機能ですので、楽天ブログも大事に置いておこうと思います。良かったらご覧ください。

私が「障害児の親になったのだ。」と気づいた頃は、情報を得ることが難しくて、子の将来の姿も、自分の将来の姿も想像できませんでした。どんな未来が待っているのか、不安で不安で。だれか、知らせて。だれか、見せて。。。と誰かをつかまえて訊きたかったのです。だから、今の次男の様子を書いておこうと思います。それを読んで、ガッカリする人もあるかもしれません。安心する人もあるかもしれません。ともかく、私達は今、生きています。親子無理心中事件は起こしませんでした。これからもないことを願っています。次男は、コロニーや施設ではなくて、街中で生活して、成人して、やがては老いていく初めての世代の障害者だと思います。どんな生活が有り得るのか、親亡き後の次男の生活は幸福なものになるのか。次男に親を独占されて、すね気味に大人になってしまった長男を真に解放してやることができるのか。。手探りの毎日です。

希望は強い勇気であり、新たな意志である。

すべてのことは、願うことから始まる。

どちらの言葉も、マルティン・ルター の言葉です。
私はクリスチャンではありませんが、とても良い言葉だと思います。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR